教育

学校はデメリットの方が大きいから学校に行く行かないはどっちでもいい

投稿日:


私も個人的に保護者の方や現場の教員とも話をしていろいろとアプローチしていますが、子ども・保護者と学校教員との意識の差はかなり大きいです。

学校との意識差を縮めようとすることは必要で多くの保護者の願いでもあると思いますが、現実として現在(ずーと昔々からですが)の学校システムに無理に合わせる必要はないと思います。
私自身、それに合わなくて早期退職しました。
なので、学校を変えようとすることも必要ではあると思いますが、子どもたちが自由に生き生きと安心して過ごせる場を増やしていくのが早いと思います。
それを「居場所」と呼ぶ人が多いですが、私は嫌いです。そこには制限や所属感がなく自由度があることが重要だからです。

その前提として、子どもにとって保護者にとって「学校とは何なのか?」「学校(というもの)に何を期待し求めるのか?」を考えていく必要があります。
学校はなんのため誰のためにあるのか?

・勉強をしたいの?
・資格を取りたいの?
・卒業認定をしてもらいたいの?
・友だちと交流したいの?
・部活をやりたいの?
・親が行けというから行くの?
などなど、これって学校に行かなくてもできますよね。
学校に行かなくても実現可能な方法はいくらでもあります。

それを考えたら学校の存在はどうでもいいのです。
私は学校に行く行かないはどっちでもいいという考えです。
今の学校はデメリットの方が大きいから。

学校へ行く行かないを評価基準にしていることが間違い

学校に行く行かないは選択肢、どっちが正しくて正しくないかではありません

それでも、そんなところでも「学校に行きたい」という子にどう対応するか?です。
無理に我慢してまで行かせる必要はありません。
その場合はもう個別対応しかないと思います。「学校に何を期待し求めるのか?」を相談します。
そんな学校でも親身になってくれる教員個人はいます。組織の中では私がかつてそうであったようにかなり居ずらいですが。

要は、「自分自身はどうしたいのか」「自分はどうありたいのか」そのために、「今何をしたらいいのか、何をしなくてもいいのか」を決めたらいいです。
親は子ども自身の思いをしっかりと聴いてあげること、親としてそのどの道を選択しても全力で応援することです。
「不登校」、学校教育についてはいろいろな考え方がありますので、自分の中で納得のいく方法が一番大切なことだと思います。

このまま学校に行かないで、勉強しないで中学校を卒業したらその後はどうなるのか?

ちなみに私は「不登校」という言い方は反対です。
みんな平気で使用していますが、子どもを差別する用語です。

9月1日の「不登校特集番組」には毎回違和感・不快感しか感じない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

「不登校」児童生徒への対応について新学習指導要領ではどのように扱われているか

新年度がスタートする今、「不登校についての対応」と「学校教育が目指していること」について改めてみんなで勉強しておきましょう。 いよいよこの4月から新しい学習指導要領に基づく「新しい学校教育」がスタート …

なんで土曜日も無理やり学校にいかなきゃいけないの?

平成25年倉吉市内全児童生徒の「土曜授業」に関するアンケート結果です。 平成26年、平成27年の結果は公開されていません。 https://www.city.kurayoshi.lg.jp/p/gyo …

プログラミング教育の小学校必修化を前に、その本質とは?

教え方が分からない? 学ぶ目的が明確になれば、教え方も明確になります。というか、教えなくても子どもたちは学びます。楽しさを感じたら、子どもたちは勝手に考え出します。 まずは、教員がやってみたらいいです …

就職でも進学でもない、高校卒業時の進路決定を認めた東京都立秋留台高校

多様な生徒のニーズに応えるため、進路決定もまた多様性が保障されているのであれば、生徒にかかわる先生や関係者は、時間的制約から一定程度解放され、中長期の視点で生徒の進路を考え、向き合うことができるのでは …

明日の始業式に担任がいないクラスがあるのですが

全国の公立学校で2558人の「教員不足」が明らかとなった。 今回が文部科学省の初の実態調査だというのも情けないことだ鳥取県では全国初の30人学級の導入と自慢げにしているが、学校現場ではまったく人手が足 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク