教育

倉吉で「不登校についての教育行政との意見交換会」を行いました

投稿日:

不登校についての教育行政との意見交換会のご案内をしていましたが、今日は「不登校についての教育行政との意見交換会」でした。
平日開催ということもあり、仕事を休んで来ていただいた保護者の方もありました。
県教委からも4人の担当者の方に来ていただき、直接意見交換ができたことはよかったと思います。
鳥取市や米子市からも参加者があり、教育行政に対する意見や要望を出すことができました。
行政の担当者に直接意見や要望を伝えることができて良かったと思います。
このような会は年に1回しか行われませんが、来年度以降は日程や回数を増やすなどの要望も伝えました。
また、参加者の方から不登校についての取り組みに対して参考になる提案も出されましたので、今日の話し合ったことの実現に向けて少しでも進んでいくことを期待しています。
みなさんの想いは受け止めてもらえたと思いますので、県教委全体としての今後の取り組みを注目していきましょう。
不登校の解決は学校だけでできることではありません。
学校任せにしないでいろいろな人たちが子どもたちと関わっていく関係作りが必要です。
子どもたちの安心と学びの保障は私たち大人の責任です。
「普通教育」の環境作りは私たち大人の役目です。
また、12月1日には「鳥取県民のつどい」で多くの方たちと情報交換をしたいと思いますので、たくさんの方の参加をお待ちしています。
今日参加されたみなさん、ありがとうございました。

鳥取県の高等学校・専修学校の一覧

この会で「中学校の進路相談では、すべての高等学校・専修学校を紹介してほしい」という要望もありました。
鳥取県にも県立・私立・高等専修学校などさまざまな学校があり、全日制、定時制、通信制とさまざまな高校を選ぶことができます。
こちらに鳥取県の高等学校・専修学校の一覧を載せています。
・鳥取県の高等学校・専修学校
・鳥取県の私立高等学校
・鳥取県の私立専修学校
・鳥取県のフリースクール

「不登校についての教育行政との意見交換会」で使用した資料一覧

昨日行われた「不登校についての教育行政との意見交換会」では資料を基にして話し合いを行いました。
そのときに提示して使った県教委作成の資料をこちらにもあげておきます。
・鳥取県いじめ・不登校総合対策センター
「平成28年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸課題に関する調査」結果と今後の取組について」(PDF)
「平成30年度第1回いじめ・不登校対策本部会議の概要について」(PDF)
・鳥取県教委 情報・資料提供(PDF)
「不登校児童生徒の『出席扱い』等についてのチェックリスト」
「不登校児童生徒を指導する民間施設のガイドライン」
「不登校のサインを見逃さないためのチェックリスト」ほか
・不登校の理解と支援のための教職員研修資料『あした、また学校で Ⅲ』(PDF)
・文科省
「不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について」
各資料はそれぞれこちらのページからリンクを貼っていますので、ご活用ください。
文科省の考える「不登校児童生徒を支援する上での基本的な姿勢」
不登校の理解と支援のための『あした、また学校で Ⅲ』の実行力を問う
不登校の子どもが自宅でIT等で学習活動を行った場合の出席扱いについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

全国の自治体で教員の 奪い合いによってますます教育格差が拡大か

これも公教育の制度疲労が現実となって表れたことのひとつです。 学校の仕事は増え続ける一方で、正規教員の数は減り続け、正式な教員免許を持たない非常勤教員を確保しています。 働き方改革で長時間勤務を減らす …

植松努さんの「そんな僕だから、見えたもの」が素晴らしい

植松努さん、そんな僕だから、見えたものが素晴らしいです。 「みんながやってるから」「力を合わせてがんばった感」って、そんなことどうだっていいんですよね。 というか、そんなことに振り回されてるから、世の …

僕の学校はスタバ 13歳の教育革命”ハックスクーリング”とは?

“個”を尊重する教育、学校では教えてくれない「幸せ」と「健康」とは? 私は普通の学校に通っておらず、そして使うカリキュラムは決まっていません。 誰かの作った特定の学習法だけに集中することもありません。 …

「みんながやっているから」「みんなと同じだから」って、結構説得力がある理由かもしれない

わかる、わかる。 「くだらない校則」で辛い思いをした「私なりの反抗」をしたのも、すごくよくわかる。 「ルールなんだから」って意味がわかりませんね。 一方的に「規則だから」っていわれると、余計に守りたく …

これからの社会に望まれる合理的配慮

ある子に他の子とちがうことをすると、日本の学校では「ずるい」という声があがります。 日本の学校では、一人に違うことをしようとすると、「えこひいき」と言われます。 アメリカの小学校でのインクルーシブ教育 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク