教育

中学校の進路相談では、すべての高等学校・専修学校を紹介してほしい

投稿日:


学校だけがすべてではないのですが、高校進学は大きなウェートを占めているのが現実です。
中学3年生、そして保護者の方の中には落ち着かない日々を送っておられる方もあると思います。
特に不登校だった場合はなおさらだと思います。
そこで、鳥取県内の高校について県教委から出されている資料も含めて一覧にまとめました。
学校によっては12月から出願が始まるところもあります。
中学校で不登校だった生徒を積極的に受け入れている学校も載せていますので参考にしてみてください。
この時期になると私学の受験も目前となり、焦り始めている子どもも親御さんも多いと思います。
高校選びは全日制高校を考える場合が多いですが、通信制高校は選択肢としておおいにアリです。
・ここだったら娘も安心して学べる
・制服もなく好きなときに来て自分のペースで学習できる
・いろいろ言われなくて済む
・自分のペースで自分のやりたいようにできる
中学を卒業したらすぐに高校に行かなくてはいけないわけではない。
義務教育が終わって高校進学後にも様々な道がある。
自分の意志で立ち上がった子どもは、何年遅れても最後までやり遂げる。
これからも自分に納得できるよう、生きていってほしい。
このように、小中学校に行かなかったからといってその後の道が切れることはありません。
その反対に、いろんな道を探すチャンスの期間だと考えたら、より「自分らしく」学び生きる方法を見つけることができるのです。
中学校で不登校だったとしても、すべての子どもに高校受験の資格はあります。
そして、鳥取県内にも不登校だった生徒を受け入れている高校もあり、受験や入学に当たっては事前に個別相談をすることもできます。
すべての都道府県に公立・私立の通信制高校があります。
そこから先の未来の選択肢もたくさんあります。
どこに進んでいくか決めるのは親ではなく、子ども本人です。
全日制の高校だけが進路ではないことも知っておくといいです。
鳥取県にも県立・私立・高等専修学校などがあります。
そして、全日制、定時制、通信制とさまざまな高校を選ぶことができます。
しかし、中学校の進路相談では、すべての高校を紹介しているわけではなく、「輝け! 夢」には専修学校などは掲載されていないため、現状では保護者の方が個別に問い合わせたり訪問したりしています。
特に、中学校で不登校だった場合は学校からの情報が受け取りにくいということもあり、それが不安になる場合もあります。
親の会などでも情報交換をしていますが、「ええ!そんな学校があるんですか?」という保護者の方も少なくありません。
なので、中学校卒業後の進路についての情報はすべて網羅してほしいです。
そこで、可能な限り、鳥取県での高校についての一覧を作りました。
この他にもありましたら、情報をお知らせいただけるとありがたいです。

中学校進路指導資料「輝け! 夢」

この「輝け!夢」(平成30年度版)は、平成32年(2020年)3月に中学校卒業の生徒対象に、鳥取県の高等学校や特別支援学校高等部、高等専門学校などについて各学校の協力を得て作成されたものです。
「輝け!夢」には、県立・私立の高等学校全日制課程だけでなく、定時制課程や通信制課程、特別支援学校高等部、専修学校の紹介もあります。
ここにはすべての進学先が掲載されていませんが、「平成31年度高校ガイド」や夏休みに実施される高校での学校参観や体験入学などの機会をとらえて、高校選択の資料としてください。

鳥取県立高等学校教育課程の概要・学校紹介「輝け!夢」(平成30年度版)

鳥取県の高等学校・専修学校

鳥取県教育委員会 高等学校課学校紹介
鳥取県私立高等学校
鳥取県私立専修学校
鳥取県私立専修学校の一覧の中にも載っていますが、中学校で不登校だった生徒を積極的に受け入れている学校がこちらです。
オープンキャンパスといって、学校公開や入学相談などを行っていますので、学校の雰囲気や先生方のことを知るいい機会になりますので、気軽に参加してみたらいいです。
中央高等学園専修学校(北栄町由良)
クラーク記念国際高等学校 鳥取キャンパス(鳥取市湖山町西)
クラーク記念国際高校米子キャンパス(米子市錦町)
学校法人益田永島学園 明誠高等学校 鳥取SHIP(米子市富士見町)
さくら国際高等学校(米子フリースクール)(米子市皆生温泉)
吉備高原学園高等学校(岡山県吉備中央町)
※専修学校の受験・入学手続きは他の学校よりも早く行われますので、早めの準備をおすすめします。

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)

フリースクールで通信教育で単位を取得して高校卒業の資格を得たり、高卒認定(高等学校卒業程度認定試験)を受けて大学・短大・専門学校の受験資格を得ることができます。

高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。
(大学入学資格検定(大検)は、平成17年度より高等学校卒業程度認定試験にかわりました。)

ドリームラーナーズ

鳥取県のフリースクール

今は学校の他にもいろんなところがあります。
新田サドベリースクール(智頭町)
適応指導教室 すてっぷ(鳥取市湖山町南)
ちゃれすくーる(鳥取市田島)
ちゃれすくーるのブログ
阪本進学教室 フリースクール・S(北栄町由良宿)
フリースクール・Sのブログ
志塾フリースクールとっとり教室(米子市冨士見町)
米子フリースクール (米子市皆生温泉)

広域通信制高校

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校
学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部
ルネサンス高等学校
鳥取の高校で通信制課程のあるのは、私立高等学校は8校、県立高等学校は2校あります。
鳥取で通信制課程のある高等学校

中学校に行っていなくても高校にも大学にも行けます

子どもが不登校になったときに親のできることは、子どもを信じて本人が決めるのを待つことですが、このような情報を集めることも重要です。
このようにいろんな選択肢を増やしていくことで、自分に合った場所が見つかります。中学校に行っていなくても高校に行けます。決して諦めることはありません。高校を中退してもその先に転学などさまざまな方法で高校生として学ぶことも可能です。
どこで何を学ぶのかというのは本人の決めることですが、家族の方がこのような情報を集めておくことがとても重要です。今の学校に在学しながら他の学校に相談することでこれまでの単位を引き継げることもあります。これまでに取得した単位を使って高等学校卒業程度認定試験を受けて大学に進学することもできます。これまでに学んだことを無駄にすることなく有効に活かす方法もありますので、お早めに相談されることをおすすめします。
中学校に行かないと進学できない、将来がないなんてことは絶対にありません。
目の前にある道はたった一本ではなくたくさんの道があり、その中から自分に合ったところを選んでいったらいいのです。
そこでの新しい出会いによって「自分らしさ」に気づき、自分らしさを発揮できる方法はたくさんあります。
高校進学に当たって受験手続きなど具体的なことは志望先の高校や中学校の担任、進路相談担当教員に確認してください。
こちらにも進路について書いていますので参考にしてください。
不登校の児童生徒が自宅学習で指導要録上の「出席扱い」になるための条件とメリット
学校に行かないで活躍している人はたくさんいる「事実」にもっと目を向けよう
不登校の時間に旅をする選択 学校・教委も受け入れたある親子の教育法
不登校のまま中学を卒業した後はどうする?中2の娘と考えてみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

学校を変えようとする教員は「厄介者」なのか?

日本の学校は自己主張しないことがよしとされています。自己主張する者、目立つ者は叩かれる風土があります。 だから自己主張する者は「厄介者」として孤立し、黙って言われたことをこなす者が評価されます。 だか …

学校卒業後の就労まで見据えた特別支援が重要

一人ひとりを大切にする教育のためには、就学前の子どもから学校以外の学びの場は絶対に必要です。 社会参加の形も一人ひとり違います。 それを実現できる社会を作っていきたいです。 明蓬館高等学校は、障害者雇 …

「小1プロブレム」も「中二病」も子どもの問題ではなく大人の問題です

「小1プロブレム」とか「中二病」とか、子どもの問題ではなく大人の問題です。学校の都合で子どもを縛りつけようとするからダメなんです。 学校が子どもがワクワクするような場になればそんな問題など起きません。 …

鳥取らくだカンファレンス2nd 今年はもっとすごいのやるぞ!

いよいよ「らくだカンファレンス2nd」が1か月後となりました。 前も書いたけど、誰もやっとらん、どこもやっとらんけ価値があるだで。 他でやっとることと同じことしてもつまらんけえ。 だけえ、いっぺん来て …

発達障害と不登校体験のお父さんの物語

発達障害の理解のなさから、「問題行動」「怠けてる」とレッテルを貼られ、「努力が足りない」と努力しても成果が出ない絶望の中で苦しむ子どもたちに、今私たち大人ができることはなにか? そんな問いかけや気づき …

スポンサーリンク

スポンサーリンク