教育

このまま学校に行かないで、勉強しないで中学校を卒業したらその後はどうなるのか?

投稿日:2021年4月18日 更新日:


先日、中学生の保護者の方と話をしました。
一番の悩みは進路のことでした。
「このまま学校に行かないで、勉強しないで中学校を卒業したらその後はどうなるのか?」
「卒業しても高校には行けるのか?」
「学校に行かないとこの先どうなるのか?」

たくさん不安があるので、何をしたらいいのか相談をしに来られたのです。

保護者の方としては、今学校に行くことよりもその先のことの方を心配しておられる感じを受けました。
そこで、今の状況を聞いて、今個別にできること、進路の考え方、将来についてなど、いろいろ話をしました。
・中学校卒業後の進路の選択肢はたくさんある。
・学校に行かなくても将来に不安をもつ必要はない。
・最も大事なことは子ども本人が決めること。

いろいろと話をして少しはほっとした表情に変わられたようでした。

自分一人で考え出すと不安ばかりが増えていきます。
また、たくさんの選択肢があることを知らないために、とにかく学校に行かせなくては!という考えに埋め尽くされてしまいます。そのために、親子共々追い詰められてしまうのではないかと思います。
学校からは幅広い考え方や選択肢が伝えられていないことも一因ではないかなと思います。

それっ本当に子ども本人が希望していることなのか?

子どもは行きたいと思ってないのに、親の都合で習い事や塾などに行かせていませんか?「子どもの将来のため」だと思って嫌なことを強制してはいませんか?
それは、子どもの自由を奪っていることと同じです。
親が自分のやらせたいことを優先して、子どもの自由を奪っています。
子どもが本当にやりたいことをやらせていないのは子どもの生きる力を奪うこと、子どもの夢を否定すること、本人の存在を無視することになります。
学校に行かないで活躍している人はたくさんいる「事実」にもっと目を向けよう

自由な学びをしたら社会参加はできなくなるのか?

どこかに行かなくたって、引きこもって生きることだってできる

親の多くも高校進学を第一に考えています。
多くの親子、家庭では限られた情報、選択肢の中で周りに流されて進路を考えるから不安になるのだと思います。
本来は「本人のやりたいこと」を第一に考えて進んでいくことが一番いいと思います。
「学校には行かない」という選択も自己決定のひとつです。
悩んだら自分のやりたい方向に歩む。親は子どもの決めたことを応援すること。
学校に行くだけが進路決定ではなく、いろいろな方法がありますから。

実際に、今ではいろんなスタイルの高校や専門学校があり、中学校に1日も行かなくても進学できます。
なので、中学校でも幅広い進路情報を提供してもらいたいものです。
自分のやりたいことを好きな場所でやるのが一番です。本人が楽しく過ごしているのなら全然OKですよ。
また、必ずしも「引きこもり=悪いこと」ではありません。
大切なことは本人が困っているのかどうかです。
引きこもりを楽しむことだってできるし、引きこもって生きることだってできるので。

要は、本人がどうなのかなのです。
自分で決めて自分で動いていることが大事なんです。それがどんなことであったとしても自分自身で決めたということに意味があります。価値があります。
自己決定の力こそ生きる力があるってことだし、頼れる人はどんどん頼ったらいいです。

学校に行く行かないは選択肢、どっちが正しくて正しくないかではありません

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

学校復帰の「約束」が子どもが自分で自分を追いつめる

子どもの自殺が1年でもっとも多い時期が2学期の初めです。 「学校に戻ってみようか」という働きかけの背景には、学校を休むことを許さず、不登校を罪悪視する世間の風潮がある。 保護者や教員も口では「ありのま …

摩訶不思議な「学校現場のホンネの話」を聞きたくないですか?

最近どういうわけか教員時代の夢を見ることがある。 それも毎回出てくるのは教室の風景ばかり。 自分では、ごくごく普通の平凡な教員だと思っていた。 まわり(管理職や教育委員会)がどう見ているかは別として、 …

2018年2月の不登校・ひきこもりの親の会「倉吉トトロの会」定例会に参加

今日14時から行われた不登校・ひきこもりの親の会「倉吉トトロの会」に参加してきました。 今回は、現在開催中の県議会で「不登校・ひきこもりも取り上げられる」ことについても話をしました。 今日は鳥取市から …

特性を理解するには、まずは正しく学習すること

このようなメディアの取り上げ方は社会の偏見を助長することになります。 メディアの無理解と無責任さには、本当に腹が立ちます。 発達障害につきものの特性は本人にとっての「強み」であり「宝もの」。 自己理解 …

東京都の公立高校は内申点が不利にならないよう配慮されている

私立の学校が多い東京や大阪などと私立の学校が少ない地方では異なると思いますが、将来どのような生き方をするかを見つけられる場所が学校以外にあるのであれば、学校にこだわる必要はないのです。 進路についても …

スポンサーリンク

スポンサーリンク