暮らし

「これがやりたいなあ」と思ったら、今すぐにやってみたらいい

投稿日:2018年12月23日 更新日:


誰かがやってくれるのを待っていても実現できるかわからない。
でも、自分でやり始めたら今すぐ実現できる。
やり始めたらなんとかなるものだ。
やると決めること、決めたらやり始めること。
そうしたら思いが形になる。
気づいたら実現しているものだ。
やらなければ何も始まらない、何も実現しない。
思い立ったが吉日。
レッツトライ!
レッツゴー!
コロナだから、自粛しなければで、動くのをやめたら何もできない。
待っていても何も変わらない。
そんなこと関係なしに、動いたらいい。
自分が動いたら周りも変えられる。
他者の判断ではなく、大事なことは自分で判断して動くことだから。

思いは実現するから今すぐやったらいい!

あったらいいなでは、手に入れられない。
できたらいいなでは、いつまでたってもできない。
他者依存では何も実現できない。
自分で決めて自分が動くことで実現できる。
「これがやりたいなあ」と思ったら、やってみたらいい。
「あそこに行きたいなあ」と思ったら、行ったらいい。
「誰かに会いたいなあ」と思ったら、会いに行ったらいい。
「こうなったらいいなあ」と思ったら、してみたらいい。
やってない、行ってない、していないのは、本気でそう思っていないから。だから何もしないでいるのです。
行かない、やらない言い訳を探しているだけだ。
「思ったことが実現できる」のは、それをやった人だけにしかできないんだよ。
「思いは実現する」ってそういうことなんだよ。
生きていくということは日々瞬間瞬間が選択の連続です。
「やる、やらない」のどちらかの二者選択の連続ですから「やらない」と決めることも行動のひとつです。
そして、「やりたい!」という思いがすべての出発点です。
そう思ったらまずやってみることです。
「やらない」という決定は「やらなくてもいいこと」だからです。
そのためには準備や計画も必要ですが、それをやることで「やりたい!」ことが実現できます。
親がやりたいことをしていたら、子どももやりたいことが増えていきます。
やりたいことがあると明日が来るのが楽しみになります。
生きることが楽しくなります。やりたいことができたら自信が持てます。
それが自己肯定感を高めます。
だから、「あれがやりたい!」「あれが欲しい!」って言える子はスゴイ才能の持ち主なんですよ。

これは「親」だけに言えることではなく、「教員」にも言えることですよね。
子どもは家より学校で過ごす時間が多いので、子どもの世界は学校の占める割合が多いです。いい意味でも悪い意味でも、子どもの世界は学校なのです。だから、教員の影響力も大きいです。
教員が楽しく学校生活を送ることができたら子どもも楽しく過ごすことができます。
教員が楽しくない学校なら子どもが楽しく過ごせるはずがありません。
子どもは親や教員の「言う」ようには育ちません。親や教員の「していること」を見て育ちます。
だから、親も教員も「自分がやりたい!」と思ったことを楽しんでやったらいいです。
学校が楽しかったら「明日もまた学校に行きたい!」「明日も先生に会いたい!」「明日も子どもたちに会いたい!」ってなりますよね。

「やらない」と決めることも必要です

教員を退職するときに、自分で好きなことをやっていくと決めました。それは私は学校という世界で気力も体力も使い果たしたからです。自分の命と健康を守るためです。
「○○はやらない!」と決めました。
後悔しない生き方をしたい。
だから、やりたいことをやって、言いたいことを言いたい。
自分の感じたままを伝えていきたい。
だから、やりたいことは今すぐにやりたいし、言いたいことは今すぐ言いたいのです。
これからも「何かをやりたい!」という人は全力で応援したいし、いっしょにやっていきたいです。
なんといっても好きなことを思いっきり楽しむのが一番。
この土日は県内をあちこち動き回り、ワクワク感で終日とても充実しまくっていました。
楽しみなことで埋まっているスケジュール表は見ているだけでウキウキしますね。
日の出が早くなったこともありますが、朝になるのが楽しみで自然に早起きしてしまいます。
やりたいこと、行きたいところがある、会いたい人がいる。これが大事なんですよね。
みんな好きなこと、ワクワクすることをして楽しく生きたほうがいいでしょ
「やらない」と決めることもとっても大事。イヤなことを我慢してやることはない。
だから、「あれはイヤだ!」「これはやりたくない!」「あそこへは行きたくない!」って言える子はスゴイ才能の持ち主なんだ。
何かを選択することは別の何かを捨てることです。
何かをやるって決めることは何かをやらないって決めることです。
一度にはひとつのことしかできません。
当たり前のことだけど、あれもこれも全部やりたいって思ってませんか?
それは絶対に不可能です。
なんといっても好きなことを思いっきり楽しむのが一番。
楽しみなことで埋まっているスケジュール表は見ているだけでウキウキするよね。
みなさんにとって今週もポジティブに明るく楽しい週になるといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

ただぼーっとして時間だけが過ぎていく「なんにもしない」ことにも意味がある

今、コロナ騒ぎで日本全国が過干渉をし過ぎていないでしょうか? 「おうちなんちゃら」 「オンラインなんちゃら」 「なんちゃらリレー」 そして、そこら中に監視の目。よそもんを排除。 日本の悪しき同調圧力が …

TVタックル『ひきこもり特集』のヤンキー業者礼賛 斎藤環氏に賛同します

私も、斎藤環さんに同感です。 TV報道は一部の映像だけを切り取って流されるので、全体像までは見えませんが、やり過ぎ、行き過ぎの感は否めません。 成功事例もありますが、すべてが上手くいっていることはない …

2015年は新しい出会いがたくさんあったことが一番の収穫

人生を楽しく生きるには3つの方法がある。 「金持ちに生まれる」 「有名人の子どもに生まれる」 「教養を身に付けて一流の人間になる」 やりたいことをやる、会いたい人に会いに行く、読みたい本を時間を忘れて …

マイナンバー制の本当の目的は?

安保法案で騒いでいますが、こんな恐ろしい制度がはじまっています。 行政からは利便性だけが強調され、一方的に国民番号がつけられています。 そもそも行政としても不安を抱えたままの見切り発車なのです。 中小 …

いわた書店一万円選書 答えは自分の中にある

昨日テレビで一万円選書のことを取り上げていました。 「一万円選書」というのは、北海道砂川にある小さな書店「いわた書店」が行っている面白いサービスです。 最近読んだ本や職業・好みのジャンルはもちろん、家 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク