教育

文科省が“置き勉”認める?なんでこんなことまで文科省の許可や通知がいるのか?

投稿日:

なんでこんなことまで文科省の許可や通知がいるのか?
まったく日本って国は変な国だなあ。
こんなことまでいちいち文科省の許可を取らないといけないわけ?
そもそもいちいち家に持って帰らなくていいんだよ。
学校に置いとけ置いとけ!
学校には手ぶらで行って、手ぶらで帰ってきたらいい。
そうしたら思いっきり道草が食えるぞ。
文科省がどうの、教委がどうの、学校がどうのって、関係ないでしょ。
PTA単位で置き勉を決めようという動きもあるようですが、こんなこと個人の自由でしょう。
だいたいなんで全部持ち帰る必要があるの?
別に学校に置いといても何の問題もない。
なんでもかんでも「みんなといっしょ?」「みんなに揃える?」
そもそもランドセルでなくてもいいし。
そういうと「うちの子だけ違うカバンだといじめられる」っていう人が絶対ある。
いじめられたくないからみんなに揃えるわけ?
そうじゃないでしょ。
カバンなんてなんでもいいです。
学校の教員も自分で決められないんですよ。
どんなに疑問を持っても上からの命令には従うしかないのです。
教員も意思決定ができない。親もみんなと同じで安心する。
これで「主体的な子ども」が育つわけないですよ。
もっと自己主張したらいいですよ。
そういう考えだから上からの許可なしでは何もできない大人ばかりになるんだよ。
別にそんなこと無視して自由にしたらいいです。
こんなこと、文科省の通知なんか要りませんよ。
担任裁量でしょ。子ども個々の自由でしょ。
子ども個々が決めたらいいです。
ものを持って行ったり帰ったりするから「忘れ物」をします。
全部置いとけば忘れ物をすることはありません。
そもそも何ために学校があるのか?
なんのために宿題があるのか?
何が目的で持ち帰らなければいけないのか?
です。
しかも、それは文科省や教委が決めることではなく、子ども本人が決めたらいいことです。
私は宿題も持ち帰りも自由にしていましたので、どうするかは子ども個々に決めさせていました。
もちろん、やってもやらなくてもペナルティーなど一切ありません。
こういうことは担任裁量で十分できますよ。
私は宿題を出さなかったので、教科書やノートも置きっぱなしを認めていました。
体操服と給食袋は帰りながら足でぽんぽん蹴るのが楽しみでしたけど。(笑)
この国はどうにかなっちゃったね。
日本の学校が教えていないベスト3とは?
1.自己決定
2.自己表現
3.自己責任
これって子どもだけでなく、教員もできない。
だから、おかしな国になるんだよ。
重いランドセル 文科省が“置き勉”認めるよう全国に通知へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

ホームエデュケーションは子どもの権利

義務教育の「義務」は、子どもをむりやり学校へ行かせる義務ではありません。 義務教育の「義務」は、子どもの学ぶ権利を保障するおとなの側の義務の意味であって、子どもが学校へ行く義務ではありません。 親の就 …

「助けて」って子どもに「教える」んじゃなくて、大人がやったらいい

知らないことは「知りません」「知らないので教えて」 わからないことは「わかりません」「やり方を教えて」「わからないから勉強します」 できないことは「できません」「できる人は代わりにやって」「できるよう …

発達障害の子が「社会で通用するスキル」を身につけるLITALICOアプリ

LITALICOがスマートフォンアプリ第7弾「お金の使い方」をゲームで学べるアプリを配信しました。 発達障害の子どもの課題に特化してサポートするアプリは世界的に見てもまだまだ少ないです。 LITALI …

鳥取県内の親の会は私自身もとても居心地のいい居場所

昨日は、米子で不登校の親の会「つながろう会」に参加しました。 会に参加するたびに毎回、私の方が元気と勇気をいただいて帰っています。 このような場を作っておられることは本当にありがたいです。 話を聴いて …

不登校対策やひここもり支援にしても本質の理解が欠けている

世間から「学校を休んだり、逃げたり、撤退するということへの否定的なまなざし」が強いのは確かです。 学校に行く行かないの自由は認められたとしても、現在不登校をしている子どもたちが「学校に行かなくても、何 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク