教育

鳥取県教員採用試験で英語の能力だけに加点するというのはいかがなものか?

投稿日:

今日の日本海新聞に出ていましたが、やってくれますねえ、鳥取県教委。
来年度の教員採用試験において英語資格者に対する加点制度を拡大することを決めました。
2017年度は英検などの資格をもっている受験者に10点を加点していましたが、2018年度は基準を満たせば20点を加点することに決めました。
確かに英語の能力の高いことはいいことですが「なんで英語だけなの?」とつっこまずにはいられません。
道徳も教科化されます。
いじめや不登校などの課題も多いです。
障害のある児童生徒への対応も不十分です。
学校教育の目的は、英語能力を高めることだけではありません。
そもそも、その前に英語科は小学生のニーズから出たものではありません。
なぜ、それを強行するのか「誰にも分りやすい納得できる」説明が欲しいです。
それをいったら、道徳や他の教科だってそうなんですが・・・
今学校でさまざまな課題がある中で、英語の能力だけに加点するというのはいかがなものか?
なぜ、英語だけに特化した採用基準を設けるのか?
道徳性の高い(って、誰が何を見て判断するのか?は置いといて)者にも、子ども時代にいじめや不登校、ひきこもり経験のある者にも、障害者にも、他の職業からの転職者にも、時間管理やリスクマネジメントに優れた者にも加点をすべきだと思いますが、どうでしょう。
教員採用にあたって最も重視すべきことは英語の能力ではなく、主体性、コミュニケーション能力、多様な対応力、柔軟性だと私は思います。
それを測定する方法もいろいろありますので、採用試験の点数で合否を決めるやりかたを見直していく必要もあるのではないでしょうか。
それと同時に、採用する側の資質も問われると思います。
私もこの「県教委」の教採を受けて教員になりましたが、試験で問われることなんかホンの一部です。
私が採用側になったらもっとバラエティー豊かな人を集めますよ。
そうすれば、もっと楽しい学校が作れます。
こちらに、鳥取県内の小学校で平成30年度から強行実施の問題点についても書いています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

不登校の児童生徒は「心の不安感」だけでなく「制度上の不利益」を被っています

鳥取県では公立高校の入試が終わりました。 この時期は生涯の中でも最も心の動きが大きいときだと思います。 中学校に行っていなかった子や親御さんは特にそうだと思います。 文科省は「不登校は問題行動ではない …

「混沌とした時代をたくましく生きる子を社会で育てる」 工藤勇一 X 中邑賢龍に参加しました

「混沌とした時代をたくましく生きる子を社会で育てる」 工藤 勇一 X 中邑 賢龍に参加しました。 このマッチング、すごい!すごすぎる! この2人の話を自宅にいながら聞くことができるんです。 わざわざお …

鳥取県教委のいじめ通報アプリ導入は疑問だらけです

鳥取県教委は新年度、生徒や保護者がスマホや携帯電話を使っていじめの情報を学校に通報できるアプリシステムを、県内「3中学校で試験導入」するらしいです。 身近なツールをいじめの早期発見につなげるのがねらい …

子どもに発達障害がある場合に学校との話し合いをスムーズに進めていくために

そろそろ来年度の進学・進級に向けて決める時期が近づいてきました。 「子どもはどんどん成長するからねぇ、刺激を与えないとこのままではだめだね。 お母ちゃん、1人で考えてない?市の教育サポートセンター行っ …

本田秀夫教授 学習障害は他の様々な手段を使って補完できます

「学習障害の方の将来は学校の勉強の出来では決まらない」 「学習障害だから仕事ができないということはない」 という本田秀夫先生の話はとても納得ができます。 私の考えている結論は ・好きなことからはじめる …

スポンサーリンク

スポンサーリンク