教育

広島の中学校で自殺した生徒「どうせ言っても先生は聞いてくれない」

投稿日:

自殺した生徒は、「どうせ言っても先生は聞いてくれない」と保護者に話していたそうです。
この生徒は、長い間どんなに苦しんでいたかと思うと、ほんとうに心が痛みます。
生徒が専願での高校進学を望んでいたのに、担任が間違った記録に基づく万引きを理由に複数校を一般受験するよう勧めていたとのこと。
緑ケ丘中の生徒は学校の中で教職員の誰にも相談することはできなかった。
緑ケ丘中では、生徒が「先生は話を聞いてくれない」という思いを抱かせる不十分な教育相談体制になっていたことが報告されています。
報告書は生徒の自殺に関し「学校としての責任がある」と結論づけています。
今後も「学校としての責任」の取り方を注視していきたいと思っています。
もちろん、「学校」の中には町教委や県教委や文科省も含みます。
学校現場での教員の酷い対応や指導によって児童・生徒の自殺は全国で頻出しています。
その背景には、今回のように教育相談体制が全くはたらいていないことがあります。
私はこの他の多くの学校でも「何でも言える学校」には程遠いと感じています。
生徒と教員の間に信頼関係ができていなければ、「何でも言える学校」は作れません。
保護者と学校との関係においてもそうです。
教職員間の関係においてでもそうです。
「どうせ学校に言ったってなにも聞いてくれない。分かってくれない」という関係の中ではお互いに本音で話ができるはずがありません。
学校も教育委員会もこのようなことが起こるたびに「再発防止に努める」といいますが、それはアンケートをとったり聞き取り調査をすることなんかじゃありません!
教育委員会へ調査報告を出すことが対策なんかじゃありません!
これまで長年の間、「形だけ」の再発防止対策にとどまっていることが問題なのです。
なによりも優先して、学校が子どもと保護者との信頼関係を構築していかなければなりません。
信頼関係を構築していくには、何を大切にして具体的にどんなことを実行していくのか、学校に関わる全ての人が考えて行動を起こしていかなければなりません。
また、地域が学校に無関心であることも問題ですから、それも変えていく必要があります。
・学校をもっと地域に開放すること
・生徒対応は密室で行うのではなく、徹底して透明性を高めること
・保護者も地域の者も率先して積極的に学校と関わっていくこと
・イベントや会だけの集まりではなく、日常的に継続的に関わっていくこと
・学校に関わる誰もが遠慮しないで、誰に対してもズバリものを言っていくこと
・子どもの教育を教職員に任せるのではなく、地域の専門家といっしょに子どもを育てていくこと
・子どもの教育にとって意味のない仕事はバッサリ切ること
年に1~2回ほど開かれる「なんちゃら連絡協議会」などという「形」での組織は作られていますが、そこでの話は建て前論ばかりで、まったく機能していません。
そんな無駄な会議なんかしなくていいです!
それらをみんなが本音を言い合える場にしていき、これらのことを継続的に実行していく必要があります。
広島・中3自殺「どうせ言っても先生は聞いてくれない」(産経WEST)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

鳥取県「子どもたちの明日を語る会」で保護者の声は届いているのか?

鳥取県では、平成25年度より「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」を、各地区で年1回開催しています。 子どもに関係するいろいろな立場の人が一堂に集まって意見を述べ合う場は、年にこの1回しか …

教育委員会にも相談して何一つ改善されません

こんな事例、自分も思い当たるという保護者の方もあるのではないでしょうか。 「担任から親子の前で暴言を言われて来ました。 学校は、皆だって頑張っているんだからと比較する言動が数多くありました。 本人は参 …

「学校でいじめがあっても仕方がない」という意識が危険!あってはならない!

「いじめはどこでも起こりうる」のではありません! いじめを生んでいる構造があるから必然的に起こっているのです。 いじめはどこでも起こりうるという、他人事に考えていることが大間違いです。 学校教育という …

いじめ問題は学校側の対応に大きな問題があります

学校側の対応に大きな問題があります ウソで固めた学校の対応にお父さんがひとりで闘っています。 当事者だけで頑張っても限界があります。 このような事態になったのは、私たちの問題としてみんなが一緒に向き合 …

なぜ学校で体罰や指導死が起こるのか?社会に蔓延する“ダークペダゴジー(闇の教授法)

このような視点はとても重要です。 学校環境そのものに体罰や指導死を引き起こす要因が潜んでいる。 教員はそれに気付いていないか、気付いていてもそれ以外の対応方法を知らないか。 さらに、その改善策はもっと …

スポンサーリンク

スポンサーリンク