教育

菊池桃子さん「将来に夢を抱く子どもたちに義務教育も担保できないのか」

投稿日:

桃子さん、がんばってますね。
”将来に夢を抱く子どもたちに義務教育も担保できないのか。
それで本当に義務教育と呼べるのか。”
桃子さんは家の近くの特別支援学校から
「教科書相当の知識が身につくか約束できない」
「家庭教師をつけては」
と言われたそうです。
鳥取の親の会でも、発達障害のある年長の子どもさんのお母さんから、こんな話を聞きました。
校区内の小学校に相談に行ったが、「校長の理解が得られなくて4月に入学するのはとても不安がある」ということで、親の会でも相談されていました。
そこで、市内の小学校を一校一校訪問して、直接校長、教頭と子どもさんのことを相談されたそうです。
しかし、その対応は安心するどころかますます不安が膨らむ一方だったようでした。
「わが子を安心して通学させられる小学校は市内にあるのでしょうか?」
という心境だったのです。
昨年11月の段階で、市内の小学校の中から一校だけ理解が得られた学校にたどり着かれました。
このように、時間をかけて実際に学校訪問を繰り返し、ようやく安心して子どもさんを入学させられる学校を見つけられました。
しかし、お母さんは
「今は理解があるかもしれませんが、学校長の移動があると、その後学校の対応がどう変わるのか不安があります。」
とおっしゃっています。
現在も、鳥取県内の学校も発達障害など困り感のある子どもさんに対する理解も対応の仕方も大きな差があります。
今回のケースも当事者の保護者が自ら動いてようやく安心できそうな学校を見つけることができたということです。
しかし本来なら、市教委が窓口となって個々の子どもの実態に合った学校を紹介すべきことです。
というか、すべての学校で個の実態に応じた支援ができるようになっていなければなりません。
残念ながら、これが鳥取県での「公教育」の今の実態です。
県教委主催で「子どもの明日を語る会」が毎年行われていますが、そこでも保護者からの切実な訴えが毎回出されています。
しかし、実情はほとんど進展していないといってもいいです。
4月からは「障害者差別解消法」が施行され、社会参加を妨げている「社会的障壁」を除去するための「合理的配慮」に取組んでいくことが決まっています。
新入学を目の前にしたこの時期に、教育行政および学校現場でどのような準備が整えられているのか、多くの保護者は不安を抱えておられます。
桃子さんのように、当事者が声を上げていかない限り「合理的配慮」がされることはありません。
学校環境を変えていくためには、行政に任せるだけでなく、当事者や私たち保護者の行動いかんにかかっています。
すべての子どもたちに平等な教育環境を整え、安心して通うことのできる学校を作っていくのは私たち一人ひとりなのです。
桃子さん、これからも応援していきます。
菊池桃子さん、1億総活躍で注目 「多様性への理解を」
http://www.asahi.com/articles/ASHDV038HHDTUTIL06R.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

発達検査で適切な対応によって子どものよさを伸ばすことができる

私は3才までは自由に遊び自由に暮らしていましたが、4才で保育園に入園した瞬間、異様な雰囲気を感じていました。 それまでは自由になんでもできたのに、入園と同時に「なんでみんなと同じことをしなければならな …

環境や対応の仕方を変えれば「障害」は障害でなくなる

学校現場でも全く人の数が足りていません。 制度として法律が成立してはいますが、実際の現場対応はまったくできていないといってもいいです。 発達障害の子どもたちへの支援は、障害のある子どもたちだけでなくす …

どうして学校に行って勉強しないといけないの?

あなたが子どもからこんな質問をされたらどう答えますか? どうして学校に行って勉強しないといけないの? 学校の勉強をして何の役に立つの? 勉強することに何の意味があるの? テストでいい点数をとるため? …

発達障害は親や本人のせいで起きるものではない まずはこの理解が第一です

発達障害の原因を探ることもとても大切なことですが、現段階ではわからないことが多いです。 分かっていることは、「発達障害は親や本人のせいで起きるものではない」ということです。 親の育て方が悪かったり本人 …

公立小学校に花まる方式導入で朝の時間が変わる?!

「花まる学習会」が公立小学校と一緒に取り組みを始めるということで、話題になっています。 4月にスタートする「官民一体校」ではどんなことをするのかというと・・・ 公立小学校のカリキュラムの中に、花まる学 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク