社会問題

倉吉市も「弾道ミサイル落下時の行動について」掲載

投稿日:

こんな情報が倉吉市のFacebookやホームページにも載るとは!?
北朝鮮が本気で弾道ミサイルを発射すると考えているのでしょうか?
まあ、内閣官房の情報をそのまま載せただけですが。
それにしても、「近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。」って、相手は弾道ミサイルですよ??
また、「行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください」とありますが、その伝達方法や具体的な指示行動のシミュレーションはどれだけのパターンを想定しているのでしょうか。
その具体例を示してもらいたいものです。
今の状況下では、何事も起きるはずがない、できるはずがない。
完全に「ポーズ」に振り回されているだけ。
報道も自治体も大騒ぎしている「ふり」をしているだけ。
国は国民の命を守ろうなんて本気で思ってはいない。
どれだけ振り回されて、バカにされる国なんだと思う。
それよりも、内閣官房や倉吉市がこのような情報を載せる「真の目的」の方が知りたいです。
倉吉市 弾道ミサイル落下時の行動について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-社会問題

執筆者:

関連記事

はじめっから小保方さんの処分で済ませるつもりだったのか?

小保方さんが不正(間違い)を「認めさせられた」裏の事情が出ていないのがおかしいです。 (出せるはずはないでしょうが、マスコミはここをつつけよ。) マスコミにとっては小保方さんを取り上げることのメリット …

「とっとり若者自立応援プラン」を機能させるためにできること(提案)

子どもの貧困、不登校、ニート、ひきこもりの対策として行政も様々な取り組みはしているのだと思いますが、発信が足りていません。 時々新聞紙上で会議や報告内容の一部を読むことはありますが、ほとんどの県民はそ …

ニートは、若者の「働く意欲」の問題ではない!

そもそも、一律的な社会のレールの上だけで生きていくことに無理があるのです。 「ニート」を社会的不適合だとか社会悪だと決めつける見方の方が間違っています。 「ニート」は自己責任でできたのではなく「社会の …

北栄町であった笹森理恵さんの発達支援講演会に行きました

昨日は、北栄町であった発達支援講演会に行ってきました。 その冒頭でシャープを創設した早川徳次さんの言葉が紹介されました。 「障がい者には適材適所さえ配慮すれば決して普通の人の能力と変わりがないのである …

ひきこもり女子会で共感し合えるだけで変化を起こす

今、全国の引きこもり状態の女性たちから開催を熱望されているのが、「ひきこもり女子会」だ。 引きこもっているのは、男性だけではない。男性恐怖症のため、これまでの男性参加者の多い自助会や居場所などには怖く …

スポンサーリンク

スポンサーリンク