地域情報

鳥取らくだカンファレンス1stで松谷知直くんの提言があります

投稿日:

9月23日(土)に倉吉未来中心2階で、「鳥取らくだカンファレンス1st」が開催されます。
「障害は本人にあるのではなく社会の側にある」をテーマに、さまざまな場を作っています。
・自分の強みを活かす
・特性を活かす
・社会的ハンデを武器にして困りを強みに変える
・自分のできることで社会に貢献していく

立場や肩書きに関係なく、みんながフラットなゆ~るい関係で集まって創り上げていくイベントです。
私も実行委員会のメンバーとして多くの方とつながりができたことが嬉しいです。
そしてこのイベントを機に、また新たなつながりができるのを楽しみにしています。
多くの方の参加をお待ちしています。
参加費は無料ですが、会場の関係で事前申し込みが必要です。
分科会も先着順で締め切りますので、お早目にお願いします。
交流会にも参加すると、きっといいことがありますよ。^^
鳥取らくだカンファレンスのFacebookはこちら
鳥取らくだカンファレンスの申し込みはこちらから
チラシはこちらからダウンロードできます。

高校生が語る学校における合理的配慮と大人への提言

らくだカンファレンスの全体会で奈良県の高校生、松谷知直くんの提言があります。
「高校生が語る学校における合理的配慮と大人への提言」
彼が一番困っているのは、学習障害があり字を書くこと、読むことが苦手です。
「なんでできないの?ではなく、どうやったら一緒にできるようになるか、一緒に考えよう!って、僕も言ってほしかったです。」
「iPadは僕にとって教科書であり、ノートであり、鉛筆であり、消しゴムです。」
といっています。
鳥取県内でも、まだまだ学校へのIT機器の持ち込みが難しいという現状があります。
そんな彼が「DO-IT Japan」との出会い、そして「iPad」との出会いによって、自分にあった学び方が分かり、このように多くの人に彼の体験や思いを発信しています。
彼の提言がきっかけとなって多くの学校でIT機器が導入されることを期待しています。
こちらで彼が中学生のときの7分間の動画を見られますが、当日に彼と会えるのが今から楽しみです。


「自分らしく学べる学校へ」松谷知直

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥取県にはスタバやセブンも要らないけど「地方創生戦略」も不要

「全国で最速」をそんなに自慢したいのでしょうか? 中身がない作るだけが目的の「宿題」なんか全く意味はありません。 スタバやセブンのように「全国最遅」にしたほうが宣伝効果はあると思いますよ。 鳥取県には …

昭和30年~40年代の倉吉銀座商店街の街並みと倉吉駅のSL

上井駅から魚町までバスで10円だった時代。 クラウン模型店の展示プラモデルを眺め、タイヨーのエスカレーターで食堂に上がってオムライスとクリームソーダを食べたなあ。 帰りは倉吉駅から上井駅までSLに乗っ …

鳥取県日野町でeスポーツイベントを開催!

令和元年11月17日(日)13時〜17時、鳥取県日野町「金持テラス」にて、『eスポーツを楽しもう!〜高校生と考えるeスポーツ×まちづくり〜』が開催されます。 このイベントは、日野町地元改革(JK)課の …

小学3年でアスペルガー症候群と診断された15歳の岩野響くんが珈琲豆販売

「発達障害の子が珈琲豆販売店を開いた」ということで有名になった岩野響くんですが、「ボクはここにいるよ。ボクができることをしてるよ。」というだけでいいんじゃないでしょうか。 「頼れる人には頼っていこうよ …

学校に行くか行かないかで、子どもの人生が決まるわけでは決してありません!

学校に行くか行かないかで子どもを評価していることが子どもの自己肯定感を失わせています。 親がどんなことがあっても「あなたはあなたのままでいい。今のあなたでいい。」と心底思うことができたら、子どもも「自 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク