地域情報

福岡旅行で「わざわざ手間暇かけてあえてめんどうなことをする」ことの大切さを感じた

投稿日:2017年3月20日 更新日:

この連休中は福岡まで行ってきましたが、JRで都会に出るときいつも感じることがあります。
駅の多くは自動改札で早く進めと言わんばかりの勢いで人がどんどん追い出されます。
まるでベルトコンベアーに乗せられた荷物のようです。
そこで、今回はあえて駅員がいる改札を使ってみましたが、駅員は無言で切符の受け渡し。
これなら機械でできるじゃん。。。
しかし、倉吉の改札は駅員さんが手で確かめて切符を受け取ってくれます。
切符を手で渡して手で受け取ってくれて、行くときは「まつかぜは3番ホームです。お気をつけて」帰ってきたときは「お疲れさまでした。」と声をかけてくれます。
このとき、「くらよしっていいなあ!」といつも思います。

便利さや時間の効率化を優先してきた結果、「人として」大切なものを失っているのではないでしょうか。
倉吉の町は、不便なこともたくさんあるし、いちいち手間のかかることもあるのですが、「人として」大切なものをつなげていきたいです。
というか、不便で手間がかかることこそ価値があるのではないでしょうか。不便で手間がかかるということは、「人の手」が必要だということですから、その間には自然と人と人とのふれあいが生じます。
「わざわざその場まで行く」「わざわざ直接会いに行く」「わざわざ手間暇かける」「あえてめんどうなことをする」自分の行動で価値に気づいてほしいと思っています。

時間や手間をかけると他者との関係をもつ喜びを感じることができる

さらに、駅の乗り場案内掲示板や構内放送など、一時的にでもなくしてみたらどうでしょう。
それらがなくなったら、人はどんな行動をするか?
多くの人が混乱したり、長い長い行列ができて時間がかかったりするでしょう。
単に昔のようにするというのではなく、時間をかけることや目や耳など人の持つ感覚や機能を使ってコミュニケーションすることの楽しさや他者との関係をもつ喜びを感じることができるのではないでしょうか。
そんな実験、倉吉でやってみたら面白いと思いませんか?
もちろん、駅員さんだけで対応することは大変なので「一日駅員さん」ボランティアを募集したら結構な人が集まるんじゃないかなって思うんですが。

分からなかったら、そばにいる人に聞くのが一番

福岡からの帰りに博多駅構内にある博多らーめんShin Shinに行こうと思ったのですが、場所が分からないので息子たちはスマホ検索。
その間に通りかけのおばちゃんに聞いたら、詳しい道順を教えてくれてすぐに分かりました。
分からなかったら、そばにいる人に聞くのが一番です。
11時過ぎでしたがすでに長蛇の列。
長男が美味しいとすすめてくれたのですが、三男は美味しかったらしく替え玉を注文。
確かに美味しかったのですが、自分的にはやっぱり倉吉のラーメンの方が好きなだなあ。

すぐそばに人がいるのに息子たちがスマホで検索している姿を見て、これってどうなんだろうって考えちゃいましたね。
新幹線の車内でもほとんどの人ががスマホ画面とにらめっこしていて、スポーツ新聞をくしゃくしゃしながら読んでいるおじさんにとても親近感を感じました。
車内では文庫本と決めているのですが、その光景も珍しくなっています。
お互いに声をかけあうことを恐れている日本人、常に人の目に気を使いながら過ごしている私たち。
宿泊ホテルのテレビを見て、「ああ今日は日曜日なんだ」と日常を感じる安心感ってなんなんでしょうね、
私は電子メディアの利用については肯定派なのですが、学校で「メディア制限週間」を設けるのも悪くないなと思った連休でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥大の学生企画のちょこっとだっぴに参加して刺激いっぱいでした

昨日は「ちょこっとだっぴvol.2」という鳥大の学生たちが主体となって企画している会に参加してきました。 前回はゲストとして招待されたのですが、学生が対象にも関わらず今回も図々しく参加しちゃいました。 …

鳥取中部地震 もっとローカルな情報が欲しい。個人メディアの方がタイムリーな情報がキャッチできる

出典:福島原発事故の真実と放射能健康被害 鳥取県中部地震→震源地の場所と地図+震度分布地図や被害状況まとめ 昨日の地震から一夜明け、少しは落ち着きました。 ですが、なんとか居場所は確保できましたが、寝 …

学校は「空間的密」以上に「時間的密」を作り出していることが問題

今年度はすでに「例年通り」ではなくなっています。だからこれからは「前例」を作っていくしかありません。 それなのに、どうして文科省や教委は授業時間数にこだわるのか? 形にこだわるのか? 時間も教員の数も …

withコロナ withマスクの時代にマスクはしんどい、「自粛警察」は殺人行為

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、私たちの暮らしに一気に浸透したマスク。マスク不足が深刻になったなかで最近は多様なデザインや素材のマスクも続々と登場しています。一方、マスクを着けることが“常識” …

「過疎の町のパン屋」が実践する、利潤を追わない経営哲学

私がめざしているのもこの方向です。 「自分の価値」に自分で気づき、他者からその価値を認められる。そしてその価値に見合った「対価」をいただく、めざしているのは利潤の追及ではなく「価値そのもの」で報酬をい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク