仕事

ワタミの過労自死事件も競争社会による企業体制の犠牲者の一人

投稿日:

2008年に起きたワタミの過労自死事件の損害賠償請求訴訟が終結し、裁判所で当事者両親が和解に合意しました。
この両親はこの7年間、どんな思いでおられたかと思うと本当に心が痛みます。
ワタミの渡辺美樹氏に対しては怒りしかありません。
この女性も競争社会による企業体制の犠牲者の一人です。
トップブラック企業ワタミで働いていなければ、彼女は自殺することはなかったです。
渡辺美樹氏は、ワタミ正社員の156倍の時給14万5千円もの報酬を得ているとのこと。
渡辺美樹氏によると、
「ブラックって言われたら一人前、過労死なくしたい遺族等の願いを「不当な要求」、ブラック企業「なめんなよ」
「365日24時間、死ぬまで働け、10年後も20年後もこの言葉が飛び交う「ワタミ」でありたい。

「下流にいれば飯が食えなくなって野垂れ死にするしかない」
こんな経営理念を持っている会社、決して渡辺ワタミだけではないです。
多くの労働者が不当な労働差別、賃金差別を受けているのが今の日本の実態です。
しかし、意見をいえば即首にされるので言いたくても言えない状態に置かれています。
今回の和解では、事件外のワタミの労働者全体に対する「過重労働防止策」を渡辺美樹氏に誓わせたことは一歩前進だといえます。
ただし、これからが始まりです。
「過重労働防止策」をどこまで真剣に履行するか、被告らの態度と今後の実効性が問われます。
そのためには、ワタミをはじめとするブラック企業に対して世論全体で厳しく監視していく必要があります。
戦いはまだ始まったばかりです。
ワタミの過労自死事件の和解の凄さに付きとりあえずの解説
http://bylines.news.yahoo.co.jp/watanabeteruhito/20151209-00052271/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-仕事

執筆者:

関連記事

鳥取市でモチベーションアップセミナーに参加しました

昨日は、学生人材バンクのセミナーに参加してきました。 モチベーションアップセミナーという表題ですが、参加者のみなさんと和気あいあいの中で研修と演習をすることができました。 日ごろは若い人たちと交流する …

公務員ほど価値観や世界観の狭い職種はない、公務員こそ2枚目の名刺を持とう

公務員ほど価値観や世界観の狭い職種はないと思います。 異年齢、異性、異業種の自分の仕事と関係ない人とつながることで、仕事の幅が広がり、自分にも職場にもメリットが多いです。 また、名刺は自分を「売る」ツ …

“障がいは武器になる”佐藤仙務さんTBS「夢の扉+」で放送

“障がいは武器になる” 生後10カ月で「脊髄性筋萎縮症」だと診断された佐藤仙務さんのことです。 彼の書いた文庫本が本屋さんでも売っていますよ。 カッコいい生き方をしています。 「十九歳で社長になった重 …

起業家のセミナーなるものに参加してつながり拡大

昨日は、なんと、「起業家のセミナー」なるものに参加してきました。 私が参加してもいいのかなという思いで申し込みましたが、期待以上の内容で満足度150%、多くの方とつながりができたのが最大のメリットでし …

上場企業の8割が回答、初任給の平均は20万7450円

どんな企業でどれぐらいの初任給が払われているのでしょうか? 東洋経済オンラインは、『会社四季報』(東洋経済新報社)編集部と協力して、「初任給が高い」企業を調べ、その上位500社をランキングで発表しまし …

スポンサーリンク

スポンサーリンク