教育

鳥取県の小学校で「飛び込み指導をしている」と答えたのは全129校中128校

投稿日:

放課後の水泳指導でプールの底に頭を打つなどして病院を受診したケースは6件あったというが、それをこの件が出る前は県教委は把握していなかったということか。
さらに、病院を受診しなかったけがはもっと多くあったと考えられる。
「飛び込み指導をしている」と答えた小学校は全129校中128校。
飛び込み指導が必要な理由として、「水泳大会に出場するため」「記録向上を目指す」ため、必要ないとした13校は「危険」「泳力と関係ない」と回答しているが、必要ないとした13校も実際には飛び込み指導をしている。
体育の授業では禁じられている飛び込み指導が、放課後の水泳指導では行われていること自体がおかしいと言わざるを得ない。
今回の件で、鳥取県の小学校では、子どもの人命よりも水泳大会や記録向上の方を重視しているということが明らかになった。
教員の中には危険性を感じている者もあったと考えられるが、その声は消されている格好だ。
飛び込み指導が必要であるならば、学校のプール環境の整備と指導者の資質向上が前提でなければいけない。
それができないのであれば、水泳大会のルールを学校の実態に合ったものに変える必要がある。
県教委が5月下旬に出す方針を待ちたいところだが、そのころには早い学校では水泳大会練習が始まる。
さらに、今回の件はケガをした児童の保護者が訴えたことによってはじめて表面化したということも重要なポイントである。
保護者の訴えがなければ、このような形で明るみにでることはなく、今まで通り「危険な指導」が続けられていたであろう。
子どもを守るべき学校での安全が脅かされている事例のひとつであるという見方が必要だ。
県教委は放課後の飛び込み指導も禁止すると、今日の日本海新聞に出ていました。
これまでも多くの子どもたちが全国の小学校でのプールの飛び込み指導で大ケガをしているのですが、このような通達を県教委が出すのは異例だとのこと。
子どもの命がかかっていることなのに、鳥取県で異例だということはどういうことなのか意味が分かりません。
また、今後水泳大会での飛び込みがどのように扱われるのかも注視していきたいです。
いじめなどの学校で起こった問題で子どもたちが自殺しているのですが、それに対しても何の責任も感じていない事例が多い。
この件も責任をとるとはどういうことか全く分かっていない対応だといえます。
自分の命と子どもの命は自分で守るしかない、「自己責任」だということなのでしょうか。
プールの環境と児童の実態に合わせた安全に配慮したきちんとした指導法であれば問題はありません。
目的に合ったきちんとした指導をすれば、児童のやる気もアップし記録も伸びますよね。
私も飛び込み指導は必要だと思っていますが、それには環境整備と指導法の向上が不可欠です。
しかし、県内の多くの学校では浅いプールで適切な指導が行われていないことが問題です。
私の言いたいのはそこです。
水泳飛び込み ほぼ全小学校で指導 病院受診6件

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

学校を休むことは何の問題もありません

教育行政は学校を休むことを問題にしています。 その考え方自体が間違っています。 「不登校=悪いこと」 「不登校の子ども=悪い子ども」 という考え方こそが問題なのです。 子どもたちは学校を休めないことに …

橿原市立中学校生徒自殺に関する調査報告書は無責任だ

奈良県橿原市畝傍中学校で2013年3月に中学1年の女子生徒が自殺した件。 学校側は「自殺は家庭内の問題」と主張、市教育長は、いじめと自殺との因果関係は「低い」と否定していました。 そこで、自殺した女子 …

「できないこと」を頑張らなくても自分の「好きなこと」を楽しんだらいい

「親と教師が才能の芽を摘む。 それで平均的な人間になるよう受験勉強させる。 いい大学に入ることには何の意味もない。 子供の教育に関しては、やりたいことを邪魔しないで放っておくのが一番。」 堀江貴文氏と …

小学校でうんちをガマンしてトイレに行けない

小学校でうんちをガマンしてトイレに行かなかった経験ってありますよね。 友だちにうんこしていると知られるのが恥ずかしいということもありますが、その理由のひとつに和式トイレがあるそうです。 小学校ではいま …

「見えないからこそ大変なんだよね」の考え方で救われる発達障害の人たち

障害者差別解消法は、障害者のためだけの法律ではありません。 すべての人が暮らしやすい社会を作っていくことがねらいです。 ・どんなことが障害者差別になるのか ・不当な障害者差別の具体例 ・合理的配慮の具 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク