暮らし

2021年のテーマは過去をリセットし自分中心の「わがままな年」に

投稿日:


2021年のテーマは過去をリセットし自分中心の「わがままな年」としました。
毎年、年の初めには一年のテーマを決めています。
2016年は超変革の年
2017年は行動の年
2018年は創造の年
2019年は実現の年
そして2020年は「実行の年」でした。
2020年は「イヤなこと、やりたくないことはやらない!」「やりたいことだけやる!」と決めたことを実行した一年となりました。
そして、裏テーマの「適当」、これもバッチリOK!
2016年は「超変革」の一年にしたい!
2017年「行動の年」が始まりました
2018年は「創造の年」自分で好きなことをやっていく年に
2019年は「実現の年」、オレがやる!
2020年は「実行の年」裏テーマは「適当」
今年2021年はさらに自分らしいテーマに決めました。
2020年は公私ともにいろいろな経験をした年となりました。
新しい年を前にして、半年前からいろいろなものを整理するため、仕事でも私的なことでもいろいろなものを捨てました。
「断捨離」というのではなく、自分にとって本当に必要なものは何かを考えて整理したということになります。
また、昨年はいかに情報によって管理、監視されているか、いかに社会が有害情報に埋もれているか、いかに不必要な情報を受け取って時間を浪費しているかをを感じた一年となったので、今年は情報を遮断することも具体的な行動のひとつです。情報に振り回され無益な時間を浪費することは止めます。必要に応じて自分から取りに行く主体的、主観的な情報収集をすることにします。
そして迎えた2021年、まず年末年始に考えたことは過去をリセットすることでした。
これまでの歩みは歩みとして残りますが、それに拘らない、それに依存しない、過去の実績に積み上げることをしない、と決めました。
つまり、2021年は全く新しい自分のゼロスタートにします。
過去は過去のモノとして、これまでのモノ、コト、ヒトをリセットして、再スタート、再チャレンジしていきます。
いろいろなことを「ゼロ」から構築していきます。更から新スタートする、今から始める年としました。

全力は出さない、適当な自分であることを最重要に考えて動く

ありのまま、あるがまま
今ここ、目の前のことに集中し、ひとつひとつ、一歩一歩進む。
イヤなことはやらない!
我慢しない
がんばらない
やりたいことだけ、興味のあることだけやる
自分の気持ちに素直に生きる、意のままに動き止まる
自由、適当、思いつきで動く。
やる気のないことは止める
空気は読まない
がまんしない
無理しない
がんばらない
いいかげんがいい
ゆっくりでいい
気にしなくていい
他人に合わせなくていい
もっと自分中心でいい
そのままでいい
それがいい。
アリとキリギリスのキリギリスのように、うさぎとかめのうさぎのように、三匹の子ブタの長男ブタのように、自分の思うままに生きる。
過去のモノは過去のモノとしてリセット、今まで以上に「自分中心」で「わがまま」な年にします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

どうしてひきこもりになったの?こうして僕はひきこもりから抜け出した

当事者の声を聴くことがすべての始まりです。 どうしてひきこもりになったの。 まあ、ようするに、学校と地域社会だね。 ぼくはこの新しい環境で、「自分をゆずってまで彼らに適応するなんて、誰がしてやるもんか …

人は自然の中で暮らすのが一番なのです

人間よ田舎に還ろう! 里山には、代々の先祖が営々と育んできた、自然と共生するシステムがある。 自然と共生すれば、水と食料と燃料、現金収入がちゃんと手に入る。 新鮮な野菜に魚、おいしい水、火を囲む楽しい …

年収は上がらないのに ちょっといいものを買ってしまう心理

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』 著者が明かす高年収層の実像 ――伊藤邦生・ゴールドスワンキャピタル社長 http://diamond.jp/articles/-/52301

参院選投票率50%を割った理由は日本の学校教育の目的にある

参院選投票率50%を割る! これは国民が政治に無関心でもなく政治家のせいでもメディアのせいでもなく広報が足りないわけでもなく、それよりももっと根深い問題があると思う。 日本人は幼稚園段階から学校では何 …

「障害者の○○さん」ではなく「○○さんの一部に障害がある」

「障害者の○○さん」ではなく「○○さんの一部に障害がある」という見方が正しいです。 その「障害」も○○さんが持っているのではなく、社会の側の「障壁」が障害にしているのです。 発達障害や学習障害、知的障 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク