スポーツ

阪神タイガースが低迷している“元凶”は誰か

投稿日:

阪神タイガースは大好きです。
しかし、特に今シーズンはワクワク感が感じられません。それは今の順位や勝ち負けが理由ではないのです。なんだかもやもやしたなんともいえない感じ(これが言葉で表現できないのですが)があります。
もしかしたら、その理由はこの記事のようなことなのかもしれません。
監督の選手の起用方法とか戦術とかの作戦面がもやもやの理由ではなく、選手が登場したときのワクワク感やドキドキ感が、自分の中で薄くなっています。
それは阪神タイガースだけではなく、プロ野球全体から感じられるのです。
勝つために細かく選手の役割がきめられ、自分らしいプレーではなく組織の一員としての仕事が優先されている。それがワクワク感が感じられなくなった大きな理由のひとつかもしれません。
なんだか一人ひとりの選手の「自分らしさ」(選手らしさではなく自分らしさ)が死んでいるような感じがします。
私は勝ち負けではなく、選手の自分らしさを求めたいです。
なんというか、1回の打席、1球を投げる前の緊張感というか、勝負の瞬間のドキドキみたいなものを感じるシーンが少くなっています。
それを感じなくなっている理由が選手の管理強化なのかもしれません。
「チームに貢献したい」というコメントより、「ボクはホームランしか狙っていません」とか「まっすぐだけで9打席連続三振しか狙っていなかったのでサードゴロは悔しい」と言ってほしいなあ。
ともあれ、阪神タイガースには「超変革」を期待したいです。
阪神タイガースが低迷している“元凶”は誰か

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:

関連記事

夏の高校野球を「耐えて励む」美談に終わらせてはいけない

日本国ではアマチュア、プロも含めて圧倒的に注目度の高い高校野球。 学校の部活という位置付けからは大きくかけ離れた「感動を生む国民的興行」として定着し、「耐えて励む」姿が讃えられる美談の象徴になっている …

阪神タイガース優勝までGO GO GO! 秒読み開始!

阪神タイガース優勝まで、あと○○日。 数字的には若干有利ですが、広島戦が多く残っているのが気になります。 今年2015年は、間違いなく1985年に次ぐメモリアルイヤーになります。 雨天中止になった予備 …

初めてのナゴヤドームでの阪神戦の応援 秋山君10勝目おめでとう!

初めてのナゴヤドームでの阪神戦の応援に行ってきました。 故障明け再登板の秋山くん、自らの2ランホームランのプレゼント付きで球場は大盛り上がり。 ビールがすすむ、すすむ。 今日は気持ちのいい勝利ありがと …

「仕方ないでは済まされない」阪神4つの敗因と深刻な問題を里崎氏が指摘

ペナントレースの中では完勝、完敗は、よほどの戦力差がない限り、どのチームにも均等にある。順位に差がつくのは、薄氷の勝利と惜敗の数。つまりやりようによって勝てたという試合だ。この試合の上下が重要になる …

甲子園で勝利のビール「みんなで六甲おろし」を歌おう!

こっちもいよいよです。 もうすでに秒読み開始でヒートアップしています。 オープン戦をトップで終えた今シーズンは、ますます期待が高まります。 甲子園で勝利のビールを味わいながら「みんなで六甲おろし」を見 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク