教育

『不登校』を『不幸』にしない異才発掘プロジェクト「ROCKET」が素晴らしい!

投稿日:

引き篭もり、不登校、窓際族。実は、こういう人こそ「変わっているけどすごいポテンシャルのある人」だったりする。
この問題をどうにかしたいなあ・・・と考えていたら日本財団の沢渡一登さんと出会った。「そういう人たちがつぶされない社会を作ろう」と意気投合したところから始まったのが異才発掘プロジェクト
僕たちは彼らがいきいきと生きられる場所を作る。そのための場所もテクノロジーもあり、自信もある。発達障害のような認知や人格の変異は、すばらしい個性であって、治療の対象とするべきではない。
「彼らが彼ららしく、つぶされずに堂々と生きられる、そんな社会を構築していく」こと。これがROCKETの目的

素晴らしい!
希望は本人が決めること。
子どもたちには、自分の好きなことをして生きていてほしい。
・「普通の子」と少し変わっているけど、すごいポテンシャルがあるために学校での学習に馴染めないで不登校になるケース。
・発達障害のような認知や人格の変異は、すばらしい個性であって、治療の対象とするべきではない。
・「親とも学校ともうまくいかない。このままでいいんだろうか」と不安。
・「彼らが彼ららしく、つぶされずに堂々と生きられる、そんな社会を構築していく」ことがROCKETの目的。
「不登校はマイナス」「障害はハンデ」だという考え方自体が間違っています。
不登校の子は天才の卵です。障害は強みです。
それを生かすのは周囲の大人の対応とその子の強みを発揮できる環境です。
不登校を生んでいるのも、発達障害の二次症状を発生させているのも周囲の対応の仕方と環境に問題があるためです。
これが理解できれば、私たちのすべきことは明らかです。
「障害をマイナス」と考える社会の在り方も変えていく必要があると思います。
「障害のあるなし」で見るのではなく「その人らしくある」ことを尊重すべきです。
「障害」に対する家族の理解と本人の受容もなかなか大変ですが、私はそれをどのように受け止めていくか、「障害は強みである」という意味づけが大事なんだと思っています。
そのためにも、周囲の環境改善(これが、周囲の理解を含めた合理的配慮のひとつです)をしていく必要があります。
一人ひとりが学習を進めていくことによって「自分には何ができるか」考え、行動することができると思っています。
まずは自分が「知る、理解する、行動する、つながる」ことで社会も変えられます。
できる人ができることを少しでもやっていき、多くの人たちとつながりを作っていくことで、そのような社会を作っていくことができると信じて活動を続けていきます。
お互いの違いを認めてそれぞれの強みを活かすことができれば、みんなが幸せな毎日を送ることができます。
鳥取県でも実践と交流を進めていきたいと思い、すでにその実行に向けてスタートをきっています。
そんな社会をいっしょに作っていきましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

育てにくい子は、挑発して伸ばす [ 中邑 賢龍 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/27時点)

『不登校』を『不幸』にしない】東京大学先端研×日本財団 異才発掘プロジェクト
「ROCKET」中邑教授インタビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

「不登校を許さない社会」が子どもたちを追い詰めた

フリースクールへ通っているのは、学校へ行っていない子どものうちのごく少数。 1つ目は、フリースクールの数が足りない。 2つ目のハードルは経済的な理由。 3つ目は、心理面のハードル。 学校へ行くのはハー …

「教員の長時間労働」を改善する方法はこれしかありません

2017年8月18日、教員の長時間労働を考えるフォーラム「保護者の立場から考える!教員の長時間労働」が開催されました。 日本の学校教育は教師の長時間労働の上に成り立っているが学校だけではもう限界にも書 …

日本ってこれが道徳の教科書になるなんて!教科化には反対します

学校での道徳の授業スタイルも進め方もいろいろな形があっていいとは思います。 授業の仕方によっては意味のある学習もできます。 しかし、国がその内容や価値観を定めたり、価値観の押しつけや担任による狭い評価 …

日本の学校は、一斉授業、一律評価によって子どもを序列化している

そもそも一斉授業を行うことは無理。 分かっている子は授業がつまらなくて退屈し、分からない子は授業を聞いているフリをして苦痛でしかない。 これは、日本の授業スタイルが持っている本質的な問題点なのですが、 …

学校復帰のみにこだわらない社会的自立を目指す栃木県高根沢町の適応指導教室

「学校復帰のみにこだわらない社会的自立を目指す」 ・学校に行けない子どもたちの権利を守るのは町の義務 ・不登校の子どもを主人公として考えた時、学校復帰という選択しかないのはおかしい ・ここにいればだい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク