教育

教員にとっての「いい子」国家にとって「都合のいい子」が評価される道徳教科に?

投稿日:

新指導要領では道徳が「教科」化されて、担任が評価することになります。
どのような評価基準で評価するのかわかりませんが、担任の評価を気にする道徳の学習ではなんの意味もありません。
ちなみに、私たちが中学生のときは道徳の時間は卓球やソフトボールをしてたなあ。
このときに評価があったら、何点だったのでしょうか?
広島県教育委員会は、「『児童生徒の心に響く教材の活用・開発』研究報告集」として、「心の元気」という教材を作っている*1。その中に、「組体操 学校行事と関連付けた取組み」という教材がある*2。小学校5・6年生用の教材で、運動会の組体操での練習のストーリーが題材になっている。
教訓めいた押しつけの道徳の授業よりも、卓球やソフトボールをした方が仲間作り、お互いを思いやる気持ち、協力、創意工夫などが学べたのではないかと思います。
そのとき、担任の先生がいたかどうかすら記憶がありません。^^
今のシステムの中でのテストや評価は、競争意識を煽るだけなので、このまま道徳の評価がされるようになると、「いい評価をしてもらう」ための学習活動になる恐れがあります。
道徳の「答え」はみんな知っていますから、どんな教材が教科書に載せられるのか注目したいです。
なんでもかんでもやればいいというものではありません。
道徳を「教科」にする問題点はたくさんありますが、現在の道徳授業の問題点を放置したままで「教科化」するのは、さらに問題を大きくすることになります。
教員にとっての「いい子」国家にとって「都合のいい子」が評価されるようなことがあってはなりません!
・「何が道徳的に正しいのか」という道徳の内容や評価基準の決め方に問題がある。
・国民からの信頼がない、道徳を語る資格がない政治家主導の「国定教科書」の内容を誰が担当するのか。
・実際には道徳の評価は担任が行うが、国家が評価基準を決めることの危険性を含んでいる。
・「国にとって都合のいい人間」を高評価するようになると、子どもの人間性が損なわれる。裏と表の顔を今以上に持たせることにつながる。
・教員の主観による評価になるため、絶対的な評価は不可能。
・結果的に道徳を教科にすることは「非道徳的」な人間を育てることになる。
・教員の負担が増えることにより、今以上に子どもへ向き合う時間が少なくなる。
これは何かの冗談ですか? 小学校「道徳教育」の驚きの実態
ビートたけしが安倍政権の道徳教育を真っ向批判!
「道徳を守れないお前らが道徳を語るな」「日本の道徳観は単なる郷愁だ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

「不登校児」がいるのではなく本人に合った環境がないだけ

不登校対策として、県も公的な相談機関を設けてはいます。 しかし、それらがどれだけ機能しているかは疑問です。 「本当の解決」のためになっているかといえば、現状ではそうではありません。 学校や相談室などの …

不登校を選んだことに是も非もない 選ぶ権利は子ども本人にある

子どもが親に「学校に行きたくない」といい始めたときは、それは子どもなりに悩み、葛藤し、苦しみ抜いた後のことです。決してふと思って話したのではありません。親はまずその認識をすること、その理解から始める必 …

前川講師問題「道徳教育が行われる学校の場では文科省のいう通りにしろ」っていうこと!?

これって検閲じゃないか! 国が一般国民に圧力をかけて不当な支配をしている構図がここにもあります。 これって、きっと上からの命令ですよ。 文科省の外部からの圧力であることは間違いないです。 聞きたければ …

教育機会確保法が成立したが本気で支援策などを実現できるかどうか見届けたい

教育機会確保法が成立しました。 「休養の必要性」を認めたことは評価できます。 今後「不登校特例校」や、公立の「教育支援センター」の中身がどうなるのか? 教職員数の充実や、授業料が原則自己負担のフリース …

レゴは子どもの無限の可能性を拓きます 圧巻です!

レゴははいいです。 レゴはカッコいい! レゴは子どもの無限の可能性を拓きます。 ある少年がレゴと出会ったのは1歳のころ、成長とともに作り上げたレゴ作品に賞賛の声が!レゴと子供の無限の可能性をご覧くださ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク