教育

1月の保護者のピアサポートの会のご案内

投稿日:

中学生の親御さんは卒業後の進路はとても気になることですよね。
今は公立高校以外の通級・通信高校、個性を大切にした学校、私立の適応指導教室、フリースクールなどさまざまな選択肢があります。
最終的には本人が決めることですが、親としていろいろな進路の選択肢を用意しておくことは安心感にもつながると思います。
また、ピアサポートの会は勉強会だけでなく、その後の個別相談でいろいろな話ができるのがいいです。
共通の悩みを持った保護者同士で、なかなか他人には言いにくいことまで気軽に話し合える場となっています。
私も、とてもほんわかして温かい雰囲気が気に入っています。
すぐに解決できることではないかもしれませんが、その中で自分の子どもにもできることを見つけていくことができれば、親子でよりよい接し方もできるようになります。
自分の悩みを人に話すだけでも子どもへの接し方も変わってきます。
どうぞお気軽に参加してみてください。
わが子はもう高校は卒業していますが、公立か私立かしか考えていませんでした。
今は高校の選択肢も多くなっています。
最終的には進路は子ども本人が決めることなのですが、親としてどんな道があるのか準備していくことも大切だと思いました。
この会でもいろいろな人と話をする中で新たな発見があって挑戦してみたいことが増えました。
保護者のピアサポートの会
日時  平成28年1月21日(木)18:30~21:00
 情報交換 18:30~19:00
 勉強会 19:00~20:00
 質問・相談タイム 20:00~21:00
場所  倉吉市山根585-1 笑顔の共生ホーム寿々
※ マイカップ持参にご協力ください。
※ お茶代、コピー代等としてお一人100円お願いします。
http://heartland.geocities.jp/peersapo_family/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

「子どもを学校に行かせる」ことが義務教育ではない!

「義務教育」の義務とは、「子ども自身が学校に行くことではなく、大人が学びの環境を用意する」ことの義務です。 これまでに何度もいってきましたが、「親が自分の子どもを学校に行かせる」義務があるのではありま …

小中学校の支援級の先生がド素人というシステム

資格も必要ですが、肩書が重要なのではありません。大切なのは、「中身」です。 支援学級にしても通常学級にしても、担任一人では大変です。 支援学級担任は、1から学んでいく必要がありますが、校内の支援体制が …

学校がしんどいのは子どもだけではない 学校はますます窮屈になっている

今日から学校が始まったところが多いと思います。 「みんなといっしょに楽しく学校生活を送ってほしい」と思う親御さん、「休まず元気に学校に来てほしい」と思う学校の先生。新年度になって心機一転子どもに期待し …

精神障害や発達障害の人数が増えた本当の理由

国家や統制する側からすれば、枠にはめ込んで一律に指導、命令したほうが面倒はありません。 そのためには、「上の者」に対して「下の者」が何も言わずに従う体制を作るのが手っ取り速いのです。 「違い」に気づい …

第三者委いじめ有無調査にも問題あり

「上の都合」による報道ほど恐ろしいものはありません。 大人の都合や世間体を背景とする不幸な事件事故と、学校・教委の隠ぺい体質を今すぐ変えなければ、子どもたちの未来はありません。 子どもたちを守るには、 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク