暮らし

78歳のボランティア尾畠春夫さんが「情熱大陸」に出演

投稿日:

「金銭的な対価をもらったら自分の信念が揺らぐのが怖い。」
「スーパーボランティアだと言われていることなんかどうでもいい。わしには関係ない。」
「自分ができると思えばボランティアを続けたい。やらせてもらいたい。」
「おふくろに、背骨やあばら骨が折れるくらい抱きしめてもらいたい。」
すべて納得の言葉です。

番組では被災地での活動に加えて、大分県の自宅も取材。束の間の休息日、バイクで30分走り、無料の露天風呂で疲れを癒やす。そんな尾畠のもとには来客が絶えず、なかには人生相談をしに訪れる人も。身長161センチ、小柄な体からは絶えず前向きなエネルギーを発し続ける尾畠は、一体なぜここまでボランティアに打ち込めるのか? 原動力は何なのか? 密着を続けるなかで、「これまでの取材では話したことがない」という長年、秘めたある思いを告げた。

78歳のボランティアが「情熱大陸」に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

学校行きたくない!不登校・いじめの掲示板『ティーンズプレイス』

7月7日に行った倉吉トトロの会主催の「発達障がいと不登校」講演会には大人だけでなく、不登校を経験した若者も来ていました。 このような会を開いても数年前までは保護者や関係者が中心で、本人や経験者が来るこ …

年収1000万円の人が給料が増えても生活が楽にならない原因

家計も仕事も絶体絶命 実は不幸な“年収1000万円” いつかは突破したい大台であり、ステータスも高い年収1000万円。 しかし、達成した後に広がる世界は、バラ色ではなかった。 一度はまると抜け出せない …

仕事も育児も嫌なことはやらない!それが一番いい

イヤなことはやらない。 ものすごく共感! 「親が常にいつも好きなことをして、生き生きと「楽しいね」「次はこんなことにチャレンジしよう」と前向きであれば、子どももそうなるんです。 自己肯定感が高く、自分 …

コロナ対策は一律の現金給付し国債発行で賄った財源を課税で償還する

新型コロナ禍によって戦後最大の経済危機といわれています。 そして、「休業要請するなら補償もセットで」という人も多いです。 日本がこのようにギリギリの暮らしをしているということに改めて驚いています。 国 …

競い合いから助け合い、敵視から共感の社会を目指して

「変わった人」「普通じゃない人」を避けたり排除しようとするのは一人ひとりの心の動き。 優劣や損得で人を決めるという潜在意識がそんな心を作っている。 その心の動きが社会性を構築している。 それが国のルー …

スポンサーリンク

スポンサーリンク