地域情報

「真庭なりわい塾」の現地見学・説明会に参加

投稿日:

今日は「真庭なりわい塾」の現地見学・説明会に参加してきました。
参加者の多くは関西方面からでしたが、その関心の高さに驚きました。
真庭といえば、里山資本主義の舞台といえる地域です。
真庭市中和地区は倉吉駅から40分ほどなのですが、こんなに素晴らしい環境があります。
そこには、人間が人間として生きられるとても贅沢な暮らし方があります。
今回は、現地の見学と里山資本主義を実践している移住者の方の話を聞きました。
中和神社のすぐ隣にある中和小学校の子どもたちの地域の取り組みの発表も聞きましたが、本当に地域のことが好きなんだと伝わってきました。
倉吉市でも移住の促進や空き家の活用など地方創生を進めていますが、発信力が弱いと感じています。
倉吉も真庭と同様に素晴らしい財産があり、地域そのものがお宝なのです。
しかし残念ながら、地元の人たちがそのことに気づいていない、気づいていても発信できていないのです。
さまざまな施策は講じられているのですが、「住みやすいまち」であることが最も価値があると思います。
その価値を感じることができれば、人は自然と向こうからやって来ます。
その価値を見つけた県外の人たちはどんどん倉吉に移り住んで、自分らしく人間らしい暮らしを始めています。
「くらよしが好き」っていえる地元の子どもたちを育てていくこと、それには大人も「くらよしに住んでよかった」と思える暮らしをしていくことが重要です。
「地域そのものがお宝だ」という価値を発信することができれば、人は勝手にやってくるのです。
「真庭なりわい塾」もとても興味ある取り組みだと思いました。
真庭なりわい塾
真庭なりわい塾Facebook

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-地域情報

執筆者:

関連記事

じゆう劇場の「ロミオとジュリエットから生まれたもの-2017」倉吉でプレ上演

障害のある人とない人が共に創る劇団「じゆう劇場」。 10月にフランス行われる障害者の文化芸術国際交流事業「2017ジャパン×ナントプロジェクト」での公演の前に倉吉でプレ上演が行われます。 倉吉在住の2 …

鳥取県中部地震は報道などで伝えられていることと倉吉の実際の状況は違う

新聞やテレビ報道などで伝えられていることは、倉吉の実際の状況の「一部の被害状況を切り取ったもの」です。なので、それを「倉吉の全体像」ととらえることは違います。 新聞の写真やテレビの映像を見ると、確かに …

大山町民と一体となって世界に通用する感動価値を共創

大山町の総合戦略は独自性が明確に出ていて素晴らしいと思います。 問題はそれを実行できるかなんですが、このように若者を中心とした一般町民がプラン作りから参画でき、「計画」で終わらない実践というのがいいで …

「市民から意見を聞いた形にしよう」というのが狙い?

何もしないよりはマシかもしれませんが・・・難ありですね。 私のグループも私以外は各地区の公民館長5人でしたが、それぞれの意見を聞くことができたという意味では参加してよかったです。 しかし、時間も発言も …

WTTのキックオフイベントは期待以上に楽しかった

WTTのキックオフイベントはFacebookの告知を見て面白そうだと思って参加しました。 参加動機は、面白そう、どんな学生がやってくるのか興味があったからです。 WTT(Wake up Teenage …

スポンサーリンク

スポンサーリンク