健康

そもそも薬には「副作用」でも「副反応」もない、影響があるだけ

投稿日:


これまでは一般的には薬の「副作用」と言われていたが、今回「新型コロナワクチン」については「副反応」という言葉が使われるようになった。
「副作用」でも「副反応」でもどちらでもいいが、本来薬には「副作用」でも「副反応」もない。いわゆる「副」「裏」の作用などない。
あるのは、薬が人体に及ぼす影響であり、そこには「正」も「副」もない。「表」も「裏」もない。ただ服用した作用、反応、影響があるだけである。
人の身体に都合のいい作用を「効能」といい、都合の悪い結果を「副作用」「副反応」と言っているだけのこと。
「副作用」「副反応」に危険性があるのではなく、薬そのものワクチンそのもの、それを人体の中に入れること自体が危ないことなのだ。
安全な薬などない。
安全なワクチンなどどこにもない。
そして「新型コロナウイルス」についても同じこと。
症状の出方は個人の状態によって異なる。同じウイルスから発生しているので症状は似ているが、その発症のしかたが軽いか重いか、短いか長いかなどさまざまな出方がある。
その症状に対して、「自分はどうするのか」「自分はどのような処置をして治していくのか」または「医療的処置はしないで治癒するのか」決めるのは本人なのです。
マスクを着ける着けない、ワクチンを打つ打たないも自分で決めることです。
それが危ないと考えたら止める!
これが正常な行動です。
私はマスクは生き苦しいから着けない。
ワクチンは意味がない、危ないと考えるから打たない。
それぞれが自己決定すればいいことです。
コロナ対策にしても特別なことをしなくても普段から心がけていればいいことばかり
コロナで自粛などしないで普通に生活を送ればいい
何故コロナだけをこんなに特別扱いしているのか、その科学的根拠が欠如している

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

執筆者:

関連記事

新型コロナ対策も最終的には結局、免疫力を高めるしかない

感染拡大を抑えるには基本的な3つの対策を実行するしかない。 「なるべく不要の外出はしない」 「外出時にはマスクを着用する」 「帰宅時などこまめに薬用せっけんで手洗いをし除菌をする」 これって、決して特 …

福岡県の「思いやりワクチン」放映、これは酷すぎる!

福岡県の「思いやりワクチン」、これは酷すぎる! その効果も安全性も確かではな い、これが「大切な人を守る」方法なのか? 「よくわかっていない」のが事実。 ワクチン未接種者は「おもいやりがない」のか? …

宮城、山形で新コロ感染者急増、花粉症との関連はどうなのか?

宮城、山形で新コロ感染者急増。 相も変わらず”感染者”という表現を使って恐怖を異常に煽っている専門家とメディア。 その理由がまたまた「コロナ疲れ」「気のゆるみ」と「夜の飲食店」、さらに「カラオケ店」も …

うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由

実体験をもとに「うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由」を考察した漫画に共感する人が続出しています。イラストレーターの汐街コナさんが、自身がうつっぽい状態に陥った経験から描いたものです。 むかー …

医学不要論

「医学不要論」内海 聡 現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク