健康

そもそも薬には「副作用」でも「副反応」もない、影響があるだけ

投稿日:


これまでは一般的には薬の「副作用」と言われていたが、今回「新型コロナワクチン」については「副反応」という言葉が使われるようになった。
「副作用」でも「副反応」でもどちらでもいいが、本来薬には「副作用」でも「副反応」もない。いわゆる「副」「裏」の作用などない。
あるのは、薬が人体に及ぼす影響であり、そこには「正」も「副」もない。「表」も「裏」もない。ただ服用した作用、反応、影響があるだけである。
人の身体に都合のいい作用を「効能」といい、都合の悪い結果を「副作用」「副反応」と言っているだけのこと。
「副作用」「副反応」に危険性があるのではなく、薬そのものワクチンそのもの、それを人体の中に入れること自体が危ないことなのだ。
安全な薬などない。
安全なワクチンなどどこにもない。
そして「新型コロナウイルス」についても同じこと。
症状の出方は個人の状態によって異なる。同じウイルスから発生しているので症状は似ているが、その発症のしかたが軽いか重いか、短いか長いかなどさまざまな出方がある。
その症状に対して、「自分はどうするのか」「自分はどのような処置をして治していくのか」または「医療的処置はしないで治癒するのか」決めるのは本人なのです。
マスクを着ける着けない、ワクチンを打つ打たないも自分で決めることです。
それが危ないと考えたら止める!
これが正常な行動です。
私はマスクは生き苦しいから着けない。
ワクチンは意味がない、危ないと考えるから打たない。
それぞれが自己決定すればいいことです。
コロナ対策にしても特別なことをしなくても普段から心がけていればいいことばかり
コロナで自粛などしないで普通に生活を送ればいい
何故コロナだけをこんなに特別扱いしているのか、その科学的根拠が欠如している

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

執筆者:

関連記事

無症状感染者がうつすエビデンスも、新型コロナウイルスの論文も無い

「無症状感染者がウイルスを排出し、うつしているというデータは無い」ことが保健所の答弁で明らかになった。 新型コロナについて、この半年で出てきた10万人当たり死亡率は、インフルエンザよりも極めて低い状況 …

新型コロナウイルスワクチンは、安全性も有効性も何も確認されていない

新型コロナワクチンは、安全性も有効性も何も確認されていない未知のワクチンです。 そんなワクチンを打ちたいと思っている人がこんなにいるなんて、本当に恐ろしいです。 本当のことを報道していないから、こうゆ …

ここ数年の「発達障害ブーム」にはとても違和感と怖さを感じる

内海聡さんの意見にまったく同感です。 なんでもない子が精神科医によって障害児にさせられている。 さらに、それをクスリで治療するなんて? 発達障害なんてこの世に存在しないのに、医者が勝手に作りあげている …

新型コロナ以外の肺炎やインフルエンザの死亡数が大きく減少した理由

「新型コロナ」で大騒ぎした2020年の国内の死亡数は前年より約9千人減少したことが22日分かった。 その理由として「新型コロナウイルス対策で他の感染症が流行せず、コロナ以外の肺炎やインフルエンザの死亡 …

TBSテレビ情熱大陸#1098 ウイルス学者・河岡義裕「年単位の長期戦になる」

情熱大陸#1098「ウイルス学者・河岡義裕」、この番組よかったです。 「これに感染したら死ぬぞってことが分かっていれば、みんなもっと真面目にやるでしょ。」 「これまでより危険な状況になっていることは確 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク