健康

鳥取県の平井知事、「ワクチンは礼儀」「ワクチンはマナー」なんて言わないで!

投稿日:

鳥取県の平井知事は「ワクチン接種は、我が国全体に集団免疫をつける大事な大事な仕事。対象者全員に行き渡らなければ意味がない。」という。
しかし、自分が「対象者」になっても絶対に打たない!
「ワクチンは礼儀」「ワクチンはマナー」なんてことは絶対に言わないでもらいたい。
接種ありきの前提ではなく、新型コロナウイルス対策およびワクチン接種の必要性について、すべての県民が理解できるように説明してもらいたい。そのうえで、マスクの着用もワクチンの接種も個人の判断することです。

全国知事会としてもワクチンの特別対策チームを編成させていただきたい。
15日に発足した特別対策チーム。Web形式で初会合を開いた。チームは全国知事会の対策本部内に設置され、トップのチームリーダーには鳥取県の平井知事が就任した。全国民が対象のワクチン接種という前例のない課題。地域の実情に応じた接種体制が求められている。
それぞれの地域で「何とか方式」を作って工夫をしていかなければならない。
特別対策チームは、国との情報共有や各都道府県との連携を通じ接種体制を構築し、住民へのスムーズな接種につなげたい。
ワクチン接種は、我が国全体に集団免疫をつける大事な大事な仕事。対象者全員に行き渡らなければ意味がない。円滑に進めるため、この特別対策チームを生かしていきたい。

新型コロナワクチン接種への動き加速 鳥取・平井知事が特別チームのトップ務める(鳥取・島根)

女性看護師は「上司に『怖くて打ちたくないのは理由にならない』と圧をかけられた

一般に先行して行われる医療従事者向けのワクチン接種に、医療現場からは副反応などへの不安や、院内で圧力が生じることへの懸念の声が上がっている。
 コロナ患者に対応する阪神地域の病院に勤める女性看護師は「院内では『全員接種』の通達があった。上司に『怖くて打ちたくないのは理由にならない』と圧をかけられた」と明かす。
 接種を希望せず、退職を検討する職員もいるという。近い将来妊娠も視野に入れる女性は「自分の意見も言えず、接種を受けない人が悪者扱いされるのはおかしい。人権が無視されている」と涙ながらに訴えた。
県ワクチン対策課の担当者は「接種が望まれる」としながら「最終的には個人の判断。接種の有無で業務の担当などに影響してはならない」としている。
ワクチン特例承認 副反応不安、病院内の圧力…現場懸念

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

執筆者:

関連記事

退屈で窮屈な教室に閉じ込めるために子どもにクスリを服用させるのですか?

発達障害は治せないし、治す必要もありません。この記事の「治療」とか「治療薬」「用法用量」といった言葉がすごく気になった。 医者は、科学的根拠に基ずいた処方ができるのか? 自分の「勘」だけで適量を決めて …

新型コロナウイルスワクチンは、安全性も有効性も何も確認されていない

新型コロナワクチンは、安全性も有効性も何も確認されていない未知のワクチンです。 そんなワクチンを打ちたいと思っている人がこんなにいるなんて、本当に恐ろしいです。 本当のことを報道していないから、こうゆ …

我慢して、無理やり教室で授業を受けさせるために薬を飲ませるんですか?

発達障害の根本治療はできない、薬は百害あって一利なしでもシェアしたのですが、良記事です。 ・授業中に歩き回る、教室に入るのは嫌、テストはやりたくない。 ・薬をのみ始めると落ち着いて授業を受けられる? …

学校になじめない“異才”瑛士くんの『黒板に描けなかった夢』

2017年「行動の年」が始まりました。 今年やりたいことはたくさんありますが、こんな学びの場や機会を作ることが最大のミッションです。 これまでに出会った人や場をつなげて、それをなんらかの形にしていくこ …

鳥取県が発表している新型コロナ検査陽性者、なぜ症状についての記載がないのか?

鳥取県が発表している新型コロナ検査陽性者の詳細 なぜ、症状についての記載がないのか? 分かっているのは、鳥取県ではコロナ関連の重症者6人、死亡者2人。 人口57万人の県でわずかこれだけです。 島根県で …

スポンサーリンク

スポンサーリンク