健康

鳥取県の平井知事、「ワクチンは礼儀」「ワクチンはマナー」なんて言わないで!

投稿日:

鳥取県の平井知事は「ワクチン接種は、我が国全体に集団免疫をつける大事な大事な仕事。対象者全員に行き渡らなければ意味がない。」という。
しかし、自分が「対象者」になっても絶対に打たない!
「ワクチンは礼儀」「ワクチンはマナー」なんてことは絶対に言わないでもらいたい。
接種ありきの前提ではなく、新型コロナウイルス対策およびワクチン接種の必要性について、すべての県民が理解できるように説明してもらいたい。そのうえで、マスクの着用もワクチンの接種も個人の判断することです。

全国知事会としてもワクチンの特別対策チームを編成させていただきたい。
15日に発足した特別対策チーム。Web形式で初会合を開いた。チームは全国知事会の対策本部内に設置され、トップのチームリーダーには鳥取県の平井知事が就任した。全国民が対象のワクチン接種という前例のない課題。地域の実情に応じた接種体制が求められている。
それぞれの地域で「何とか方式」を作って工夫をしていかなければならない。
特別対策チームは、国との情報共有や各都道府県との連携を通じ接種体制を構築し、住民へのスムーズな接種につなげたい。
ワクチン接種は、我が国全体に集団免疫をつける大事な大事な仕事。対象者全員に行き渡らなければ意味がない。円滑に進めるため、この特別対策チームを生かしていきたい。

新型コロナワクチン接種への動き加速 鳥取・平井知事が特別チームのトップ務める(鳥取・島根)

女性看護師は「上司に『怖くて打ちたくないのは理由にならない』と圧をかけられた

一般に先行して行われる医療従事者向けのワクチン接種に、医療現場からは副反応などへの不安や、院内で圧力が生じることへの懸念の声が上がっている。
 コロナ患者に対応する阪神地域の病院に勤める女性看護師は「院内では『全員接種』の通達があった。上司に『怖くて打ちたくないのは理由にならない』と圧をかけられた」と明かす。
 接種を希望せず、退職を検討する職員もいるという。近い将来妊娠も視野に入れる女性は「自分の意見も言えず、接種を受けない人が悪者扱いされるのはおかしい。人権が無視されている」と涙ながらに訴えた。
県ワクチン対策課の担当者は「接種が望まれる」としながら「最終的には個人の判断。接種の有無で業務の担当などに影響してはならない」としている。
ワクチン特例承認 副反応不安、病院内の圧力…現場懸念

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

執筆者:

関連記事

新型コロナ対策も最終的には結局、免疫力を高めるしかない

感染拡大を抑えるには基本的な3つの対策を実行するしかない。 「なるべく不要の外出はしない」 「外出時にはマスクを着用する」 「帰宅時などこまめに薬用せっけんで手洗いをし除菌をする」 これって、決して特 …

日本では報道されないファイザー製のワクチンの問題点

この件は、海外では公開されていますが日本のメディアでは一切報道されません。 そもそもSARS-CoV-2にPCRを用いることが問題である。 中止理由、問題点 ①ワクチン研究用の動物(猫)がすべて死亡 …

子どもを犠牲にしてまで運動会をする必要はない!

こんなことしてまで運動会をする必要はない! 運動会だけじゃないで、普段の授業も音楽会、発表会、研究会、どれだけカッコだけの「形」のために無理してやってんの! 羽合小学校の飛び込み事故も、子どもの命より …

斎藤環さん、外出自粛に「健やかにひきこもる」ために

斎藤環さんがコロナの感染拡大予防対策で外出自粛になった今、「健やかにひきこもる」ためのアドバイスをしています。 外出自粛で家にこもらざるをえず、気持ちがウツウツ、家族の関係もギスギスしそうななか、ひき …

そもそも薬には「副作用」でも「副反応」もない、影響があるだけ

これまでは一般的には薬の「副作用」と言われていたが、今回「新型コロナワクチン」については「副反応」という言葉が使われるようになった。 「副作用」でも「副反応」でもどちらでもいいが、本来薬には「副作用」 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク