社会問題

学校や会社が嫌ならとっとと辞めて、自分のすきなことをやったらいい

投稿日:

「教育委員会や警察にまで相談しているのに、どこも動いてくれない。」
これが、今の現状です。
いじめは犯罪だ!
被害者が声を出さない限り、なにも変えることはできません。
なのに加害者も被害者も犯罪だという認識ができていません。
今は「いじめは得」という状態にあります。
いじめてもなんの咎も受けない、いじめを許しても何の罪も問われないのであれば、いじめがなくなるはずがないのです。
いじめる側、加害者を罰することができなければ、被害者が逃げることが「損」になってしまいます。
司法に訴えても警察に言っても、加害者が負ける構造を変えていかなければ、加害者に「損」を与えることは不可能です。
いじめは学校や職場での人間関係が要因になっているケースがほとんどです。
学校に行くか行かないかで、その子の人生が決まるわけではありません。
世間には、学校に行くか行かないかでその子の人格まで評価されるような風潮がありますが、これは間違いです。
学校に行くか行かないかなんて、どうってことないんですよ。
さらに、どんな学校に行ったかによって、人の価値が決まるなんてことは絶対にありえません。
いつまで学歴信仰にしがみつくつもりなんでしょうか?
学校なんて嫌なら行かなくていいんです。
自分が学校が必要だと思ったら行けばいいだけのことなんです。

自分の好きなことで生きていくには

好きなことを仕事にするのに必要なのは勇気じゃなくて「やり方を知る」こと、情報です
これは学校だけでなく、会社でも同じこと。
会社が合わなかったら合う仕事を見つけるか、見つからなかったら自分で仕事を作っちゃえばいいんです。
自分で仕事を作ってどんどん稼いじゃいましょう。
就学時期になったら学校へ行って、就活時期がきたら嫌な会社にへこへこして、就職後もやりたくもない仕事(これは仕事ではなく作業)を嫌々やらされて、ほとんどの人はこうやって生きている。
どっかに「所属」していないと怖いんです。
職種によって人が評価される、仕事の内容によって人の価値が決まるなんてことはありません。
どれだけ他者の目が気になっているのでしょうか。
組織に縛られて生きることしか道がないわけではないんです。
これって、ほんとにそう思い込んでいるだけ。
子どものころから一生、そうすり込まれてるだけ。
道から外れるのが怖いんです。
「ここにいれば楽」とか「どこかに所属していたら安心」とか、自分を納得させたいからそうしてるだけ。
生まれてから周りの環境に影響されて、そう思わされているだけなんですが、気づかないんですよね。
気づいていても、他の方法、逃げ道を知らないからただただ我慢しているだけ。
これって、つまらない人生だと思いませんか?
この先の道はたった一本ではなくて、選択肢はいっぱいあるのに自分で行く道を決めつけているだけのことなんです。
もっとひどいのは、親や教員が進路を勝手に決めて、そのレールの上をただただ進んでいるだけ。
そこに、自分の意志はありません。
自己の決定権は自分自身にあるのです。
学校や会社が嫌ならとっとと辞めて、自分のすきなことをやったらいいんですよ。
みんな好きなこと、ワクワクすることをして楽しく生きたほうがいいでしょ
やりたいことが見つからないのは、好きなことをやらせてもらってないから
親日のマレーシアが子どもの教育に向いているこれだけの理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-社会問題

執筆者:

関連記事

「ひきこもりは犯罪率が低い集団」精神科医・斎藤環氏が過剰な報道に苦言

「家族内だけで何とかしようとせず、専門の相談機関を頼ってほしい」というが、安心して相談できるところがどこにあるのか? ちょっと探してみたけど、相談しようとは思わない。 「気軽に相談を」というが、それが …

誰かとつながることによって、自殺は防ぐことができます

自殺に至る背景には、1人に対してたくさんの要因が複雑に絡み合っています。 その多くは、社会のあらゆるところにある壁、高い高いハードルです。 そして、それを超えられない人を、みんなで自己責任に追いやって …

「ひきこもりは連帯すれば一発逆転できる」斎藤環さんインタビューより

斎藤環さんの考え方には全面的に賛同します。 ひきこもりの「着地点」を見つけるためのアプローチの方法も具体的で納得できます。 ひきこもっている人たちは、「世間に合わない自分がが悪い」みたいに思いがちな傾 …

60代のひきこもりが増えているのは自己責任ではなく、社会の責任である

ひきこもりの解決は、就労して賃金をもらうというスタイルを思い浮かべる人が多いと思います。 だから、様々な方法でジョブトレーニング、職業訓練が行われています。 しかし、それだけではないプランも用意する必 …

貧困はは本人に理由があるのではなく学校や社会の環境の問題

職種を選ぶとかどうとかの理由だけではありません。 仕事に就けないのは本人の努力と忍耐が足りないだけではないのです。 その解決のために、私たちの税金をいくら投入したっていいです。 本当に必要な人に支援の …

スポンサーリンク

スポンサーリンク