教育

学校で学べることは学校の外で全て学べる

投稿日:

ゆっくり彼の話を聞いてみると「学校に行く理由がわからない。学校で学べることは学校の外で全て学べる。」と、学校に行く意味が見出せないことを話してくれました。
「学校は勉強についていけない子に合わせて授業をする。だからつまらない。」とも言っていて、どんどん勉強したいことがあっても、先に進むことが許されないことが、彼にはとてもつまらないことに感じたそうです。

自分に合った学びの場がないのなら、自分で作っちゃえばいいんですよね。
ハコだけあれば、中身はいくらでも変えられます。
ハコがなければ、外でやってもいいです。
小さな学校、ゆっくり学校という考え方こそ大事だと思います。
今、その小さな学校が合理化、効率化という行政の都合だけで次々統合されています。
学校では個性がつぶされ、同じような人間を無理して大量生産しています。
その中で、個性を主張する子、目立った子どもは排除されていきます。
違いを認めようという教員もどんどんつぶされていきます。
「あなた、他人と違うんだからダメでしょ!」
「みんながやっているんだから、あなたもやらなきゃダメでしょ!」
その一言で、人格まで全否定されてしまいます。
それに黙って従うか、反発するかしか対処法はありません。
それに耐えられる人間だけがなんとか生き延びていますが、実力はないので役には立ちません。
一方的な押し付け教育、テストの点数至上主義がまかり通っています。
ごくごく狭い評価基準だけで、人間の価値が決められています。
世間も「世の中そんなもんだ。」という風潮が主流を占めています。
皆、本心でものを言っていないのです。
自分に自信がないので、そうせざるを得ないのでしょうが、本当に情けないことです。
「大人は口だけでいいことをいって、何にもやってないじゃないか!」
子どもはそんな大人を見て育っています。
そういう意味では、この2年生の子は素晴らしいですね。
「ぼくはぼくのやり方でやる!」
って、そういい切れる人は大人でもいません。
「漢字」の先生も、一生懸命で真面目な方なんだと思います。
でも、子どもを一律で見るのではなく、一人ひとりの実態に合った教え方も必要だと思います。
漢字を正確に書くことも大事なことなのですが、発達段階に応じた学習方法を身につけることができれば、子どもは自ら学習して正しい漢字も書けるようになっていきます。
自分でやりたいこと、楽しいと思うことを、やりたくなったら、やればいい。
その通りです。
私自身も、自分でやりたいこと、楽しいこと、正しいと思うことをやっていきます。
・・・、というのも「私」の考え方であり、異論のある方もあると思います。
ときには、良い意味での妥協や諦めも必要かなとも思ったりします。
それぞれが、それぞれの思いで、それぞれのやり方でやっていくしかないのだと思います。
考え方に共感していただける人があるのはとても嬉しいです。
「聞いてもらっている」と感じるだけで、とても励みになります。
自分ではこれが普通だと思っているのですが、なかなか受け止めてもらいないことも少なくありません。
「あんた、それは正論。そうはいうけど現実は違うから」
「理想をいうのはいいけど、世の中甘くないから」と。
確かに言われることは分かるのですが、私はそれって正直じゃないって思っちゃいます。
でも、これって妥協で生きることなんじゃないの、自分はそんなの嫌だって思うんですよね。
他人と同じことが嫌なので、あえて違う生き方を欲しているという面もありますが。
なので、組織の中から飛び出してフリーの仕事を作りました。
といっても、自分一人でできるはずはないですから、いろいろな人に頼りながら仕事をしています。
日々、悩みも少なからずありますしね。
基本的な人間関係作りのマニュアルも必要だと思いますが、大事なのは「自分がどう思って、どう動くか」だと思います。
私の場合は、自分勝手に自分の都合のいいようにものを言ったり動いたりしているだけなんです。
でも、自分ではそれでいいと思っています。
「学校には行かない」小2長男の“積極的不登校”という選択

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

勉強しないと世界滅亡って、かなり無理してないですか?

あの手この手で勉強させよう、させようとしていますが、その前提が教科書というのがどうも・・・ うんこドリルだってそう、そもそもなんで学年別に漢字を覚えなきゃならないの? なんだか、思考の順序が反対だと思 …

「第1回子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい」第4回実行委員会のご案内

私たちは大人の責任を果たしているでしょうか。 鳥取県民のつどいでは「子どもの居場所」「普通教育の保障」についても語り合います。参加者が本気、本音で語り合います。 学校に行っている子も行っていない子も、 …

「学校に行かないことが特別なことではない」という社会作りを

不登校の社会の認識が変わりつつあるけれど・・・ 「学校に行かないことが特別なことではない」という社会作りをめざしていきたいです。 現実には多くの課題があることは確かですが、「認知症」の人もそうでない人 …

自ら学び考える力を育てるためにも「学びの自由化改革」が必要です

この度のコロナの影響がさまざまな形で現れていますが、だから私も、今こそ教員の働き方も含めて教育制度の見直しをするチャンスだと思います。 チャンスにしなければなりません。 一斉授業をオンライン配信する競 …

このたびのコロナ休校は学校改革の元年にする大きなチャンス!

今、改めて考えています。 学校はなんのためにあるのか? 子どもはなぜ学校に行くのか?行かされているのか?にも書きましたが、何故学校に行かなければ行けないのか?を問うことが大事だと思います。多くの人は「 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク