教育

ガッコーものがたりNo.2『学校って、なんだか臭う?』って思わない?

投稿日:

摩訶不思議な「学校現場のホンネの話」を聞きたくないですか?に続く「ガッコーものがたりNo.2」です。
シリーズ化というほどではないのですが、2本目を書いてみました。
ついこの前に夏休みが終わったと思っていたが、9月もあっというままに終わろうとしている。
子どものガッコーの運動会があったところも多かったと思う。
この運動会というのもいろいろやっかいなもので、前の月からやけに体育の時間が多くなる。
音楽会や学習発表会なども同じだが、教科の勉強以外に「ハッピョーカイ」のためのレンシューがやけに増える。日によっては体育や音楽が4時間とか5時間とかの日まである。さらに放課後までレンシューって、どんだけやるの?
日ごろの学習の発表の場でしかないのに、誰のためにするのか分からないが、それはそれは特別な場になっている。
体育や音楽が好きな子にとってはいいことだが、毎日毎日同じことの繰り返しで、一人でも揃ってないとまた繰り返し。運動や音楽が嫌いな子にとっては苦痛でしかない。
まあ、これがガッコーというところなのだ。
最近は、ギョージのセイセンとかで、春に運動会を「やってしまおう」という「やっつけしごと」的な行事のガッコーが増えてきている。
9月のバタバタが過ぎて、落ち着くはじめたかなと思いきや、2学期というのは次々と迫り来るギョージの嵐が台風のように吹きまくる。
特別時間割の連続、そのまた連続で落ち着かない日々を送っている。
これがガッコーという空間である。

今回のテーマは、『学校って、なんだか臭う?』って思わない?

なにが臭うのって、なにが?
ガッコーとういうところは、いろんな臭いがする。
ジブンの子どもの頃のガッコーには、「きゅうしょくしつ」なるそれはそれは素晴らしい場所があって、2時間目を過ぎたあたりから、そこからとってもいい臭いがしてきていた。
もちろん、きょうの給食の準備の臭いである。
「まずくて食べられない」「給食に異物混入」などというニュースが流れているが、ちょうど、長休憩といって、2時間目と3時間目の休憩の終わりにには、給食室の前を通のが子どものころの日課であった。
ときどき、給食のおばちゃんがなんかくれたりする、いい時代だったなあ。ボクは給食が楽しみでガッコーに行っていたようなものだったから、おばちゃんとはとても仲良しだった。
当時は本当に情緒豊かなガッコー空間であった。
このごろのガッコーで臭うものには、いくつかある。
まずは、参観日の日の臭い。
参観日の日の臭い?
そう、参観日の日の臭いにはこれまた特別なんだ。
朝、ガッコーへ着くやいなや、「きょーは、サンカンビだ!」って、すぐ臭う。
玄関から職員室まで、化粧の臭いが昨日までと違うのである。
もちろん、女のセンセーの気合いの入れ方が違うのだ。
そして、参観が始まってからも、その臭いが増してくる。
そう、今度は、お母様達の化粧の気合いの入りかたが加わってくるのである。
かくして、キョーシツは、化粧の臭いでいっぱいになる。
子どもたちは、とくに気づいてはいないのか口には出すことはないが、はっきり言って、「私は化粧の臭いは嫌いだ!」
人工的に作りだした臭いをかぐと頭がいたくなる。
そして、ガッコーには特別な空間が存在する。
特別な「臭い」のする空間である。
それは、ろうかから臭ってくる。
みなさんは、気づかれたことがあるだろうか?
1年生のキョーシツから漂ってくる臭いである。
ショーガッコーは、1年生から6年生までが同居生活をしているが、1年生には1年生特有の臭いがあるのだ。
例えることは難しいが、「こどものニオイ」を中心にして、牛乳の臭い、食べ終わったときの食卓の臭い、裸足で靴をはいてそれを脱いだときの臭い、自分の鼻をなめたときの臭い、粘土の油たぎった臭い、まだ拭きかけの雑巾の臭いなどなど、こんなニオイが混合されている感じである。
これが、2年生の空間になると、すこし弱まってくる。
まさに、1年生に独特の臭いが存在するのは確かなのだ。
これが、こどもも独特の臭いなのだろう。
幼稚園や保育園では、もっとキューレツな臭いの存在があることもつけ加えておくことにする。分かる人は分かると思うのであえて書かないでおくことにする。
このように、臭いによって、人間の成長過程を知ることもできる。
そして、人間の認知・理解の程度も、臭いによって分かるようになる
カモ?
・・・つづく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

人と違うことをするって面白い 自分は他人と違うからすごい

日本では、学校でも友人関係でも「空気を読むこと」が最優先され、自己主張することができない環境で育っています。 これは随分前からいわれてきたことなんですが、「みんなと同じにしなければならない」という学校 …

米子で不登校・ひきこもり青年の家族を支援する「つながろう会」の月例会

鳥取県西部地区にある不登校児童生徒、ひきこもり青年の家族を支援する「つながろう会」の月例会があります。 日時:2月13日(土)13:30~16:00 場所:米子市福生西公民館 1F学習室 内容:不登校 …

「学校に行けないなら行かなくていいよ」の一言が言えたら子どもは変わる

予約していた本『「不登校」は天才の卵』が届き、早速読みました。 著者の阿部伸一さんは、『行かせるよりも、生きさせる』をモットーにして、20代後半より不登校生・保護者の相談や学習・進路指導をしながら各地 …

一斉休校と学校再開で分かる教員を軽視し続ける日本の教育

学校や教員は、ありとあらゆることを引き受けている。 子どもたちが学校にいたからこそ、家事や仕事ができていた。 子どもたちの勉強から生活までを引き受けていることで、親たちは仕事に専念することができる。 …

臨時休校中も児童生徒が学習をするために教員が授業の動画配信を始めています

公立小学校の取り組みが素晴らしい! これこそ「みんなで作る学び」です。 学校独自のYoutubeを開設して授業を配信、もちろん個別対応も。Youtubeならどこでもいつでも何回でも授業を見られます。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク