教育

子どもたちの教育や働き方や日本の国づくりを見つめ直しませんか?

投稿日:

下村さんも小学校の教員を退職して今の活動をされています。
さくらんぼ学園という子どもたちのための学びの場を作り、日々実践されています。
同じ思い、同じ目標、同じ価値観を共有できる人がいると知るだけで、とても勇気をもらえます。
「人生で大切なものは何か?」
「それを守るためにすべきことは何か?」
「人はどこを目指して歩んでいくのか?」
それぞれ感じ方や価値観は異なると思いますが、私は下村さんの考え方や生き方に全く同感です。
自分の信念や考え、意見を発信し、自ら開拓して創りだしていく、私もそんな人生を続けていきたいです。
フィンランドやオランダにも一度行ってみたいです。
日本中で素晴らしい実践をしている方たちとも直接会って話がしてみたいです。

上質な教育を僕たちは作り出して行きたい

2年前、仲間とともに
フィンランドを訪ねました。
小学校や特別支援学校。
図書館、プレイパーク
ユースセンター
さらには雄大な国立公園な森の中を歩き
現地の人の家に招かれ
サウナを満喫しました。
そこには人生を楽しむ人たちがいました。
フィンランドのスケジュール帳には
17時以降を書く欄がありません。
どうしてかというと17時以降は
家族や仲間と楽しむ時間だからです。
そんなふうに
フィンランドが大切にしていたものを
日本でも広めて行きたい、
そう思いさくらんぼ学園をスタートしました。
今から2年前のことです。
この映像を見て当時のことを思い出しました。
教育なんて変わりっこないよ
フィンランドが良くて
日本では無理。
そんなことは絶対に言いたくないと思ったことを改めて思い出しました。
僕には公立小学校を
変えることはできなかったけれど
身近なところからだったら変えていけるのです。
さくらんぼ学園の子どもたちは
なぜ勉強するのか?
自ら問い続けています。
たくさんの宿題を子どもに与えることが
当たり前だなんて思っているから
大人の残業も当たり前になってしまうのです。
子どもたちがゲラゲラ笑って
のびのびと好きなことに打ち込んでいる姿。
これじゃあダメだという人は、
本当は自分が一番頑張っているからこそ
そう思うのです。
頑張ることは大切だけど、
頑張ることをみんなで少しだけ手放して
もっと人生を楽しむ世の中になれば
素敵ですよね。
ワクワクする教育。ワクワクする人生。
宿題漬けにして、残業漬けにする。
そんな教育や会社経営には、
人間を大切にする美学がありません。
そんな小さなところから
もう一度、子どもたちの教育や働き方
日本の国づくりを
見つめ直しませんか?
あっ、さくらんぼ学園には
もちろん宿題なんてありませんよー。
僕たちが育てている子どもには
自分を育てていく力があると信じています。
人間は暇な時間があれば
怠けるのではなく
暇な時間があるからこそ
素晴らしいパフォーマンスを生み出すのです。
どちらが正しいかは、
時間の洗礼が必要ですね。
何も保証されてない世界に飛び出していく
学校に通わないことを選択した子どもたちの
素晴らしい勇気に応えられるような
上質な教育を
僕たちは作り出して行きたいです。
2年前、仲間とともにフィンランドを訪ねました
下村健士さんのFacebookはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

僕の学校はスタバ 13歳の教育革命”ハックスクーリング”とは?

“個”を尊重する教育、学校では教えてくれない「幸せ」と「健康」とは? 私は普通の学校に通っておらず、そして使うカリキュラムは決まっていません。 誰かの作った特定の学習法だけに集中することもありません。 …

算数嫌いになるのは、嫌いになるような指導をしているから

算数嫌いになるのは、嫌いになるような指導をしているからです。 一番ダメな指導が無理やり問題を解かせて算数を嫌いになってしまうことです。 その一番障害になっているのが学年別の一律のカリキュラムと評価制度 …

授業はしない、教えない、自由な学びの場を作りたい

「不登校」ではなく「脱学校」で主体的な学び方を作るでも書きましたが、授業はしない、教えない、自由な塾(フリースクール)作ろうかなあ? 夢を実現する、なりたい自分になる方法とか仕事の作り方、起業の方法と …

前川喜平さんの講演会「 子どもたちの未来のために今私たちにできること」

街のみんなの学校プロジェクトが「自由人」前川喜平さんの講演会の動画をアップされました。 「自由に学べ、自由のために学べ」 「自分で未来を切り開く力」 そのためには何が必要で何が必要ないのか? 何を捨て …

本田秀夫教授 学習障害は他の様々な手段を使って補完できます

「学習障害の方の将来は学校の勉強の出来では決まらない」 「学習障害だから仕事ができないということはない」 という本田秀夫先生の話はとても納得ができます。 私の考えている結論は ・好きなことからはじめる …

スポンサーリンク

スポンサーリンク