地域情報

コロナは怖くない、日本に蔓延する「奇妙な恐怖心」のほうが心配

投稿日:


新型コロナウイルスはインフルエンザより怖くない。ただの風邪と同じです。
なのに、「専門家」たちの間違ったデータ分析とその解釈によって、どれだけ被害が拡大したことか!
早急に、このようなまちがった解釈と対策を総ざらいしないといけません。
われわれは早急に社会を平時に戻すべき。
「新しい生活様式」も意味はないから必要ない。
政治家、専門家、メディアが犯した罪は大きい。
コロナ禍なのに「死者総数は減少」という驚きのデータ 過度な対策は必要なのか?
コロナは怖くない、インフルよりも軽症で軽い風邪でほとんどの人は症状も出ない。
なのに、なんで2週間近くも隔離されるなんて意味が分かりません。

「コロナに感染するのはあまり怖くないけど、2週間近くも隔離されるのが困る」「もしコロナに感染しても風邪程度で治るだろう。でも自分が会社の同僚や取引先のお客様を濃厚接触者にしてしまうと迷惑をかけてしまって恨まれるのが怖い」「健康だからコロナに感染しても無症状か軽症で終わると思うけど、自分が感染すると子供が学校に行けなくなるし、差別されて仲間外れにされるだろうから絶対に避けたい」
つまり「コロナウィルス感染自体は怖くない」が、「感染したら自分も周りも隔離されることで生じる社会的制裁が怖い」ということを異口同音に訴えるのです。このような恐怖感が広がってきているのは、非常におかしなことだと思いませんか?

コロナ感染より「隔離・制裁」を怖がる人が多い

なぜ多くの人が「コロナ脳」に洗脳されてしまうのか?

日本の学校では自分で調べて自分の主張をすることを教えません。
上から言われたことに疑問を持たないで従うことを教えられます。
自己主張する子は「めんどくさい子」「厄介な子」として扱われます。
そうやって大人になると自分で調べない考えない、何も主張しないことがよしとされる社会を構成します。
みんなに合わせられない、他者と違う考えの人を排除する人間になっていきます。
今回のコロナ騒ぎもそういったことが大きく影響していると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-地域情報

執筆者:

関連記事

倉吉市教育委員会定例会の報告書では、読んでもらえないし意味がわかりません

この 議事録、めちゃくちゃ抽象的、一般的で内容がほとんど分かりません。 これでは、読んでもらえないし、読んでも意味がわかりませんね。 何をするときのどんな「温度差」なのか? 何をどのように「共通認識」 …

Campfire×local とっとり キックオフイベントに小幡和輝くんが参加します

今では起業家として活躍中にも書きました10月28日に不登校から高校生社長になった小幡くんが米子にやってきますよ。 「自分の実体験を本にして、日本中の学校に配りたい!」 イベントの詳しい内容は記事を読ん …

ぷるすあるはさんが作っている「こころをメンテするツール」がいい

ぷるすあるはさんが作っている「こころをメンテするツール」って知っていますか? ちょっと元気になれるリストやこころの状態の気づきにつながるワークなど、子どもも大人も使えるツールがダウンロードできますよ。 …

鳥取県は元気です!倉吉は全然大丈夫ですよ~!

明日から小中学校は通常通り授業がありますが、給食センターは稼働できないため弁当だそうです。 倉吉市内の小中学校は再開というか、土日休みの月曜日がはじまっただけで通常通り授業を行っています。 給食センタ …

田舎には様々な働き方を選べる環境と素材がある

これも1つのアイデアです。 鳥取県内にはこのような仕組みってあるのでしょうか? 農家の生産技術と若い人の体力をマッチングし、情報発信することでビジネスになりそうな気がします。 ビジネス化できれば雇用も …

スポンサーリンク

スポンサーリンク