教育

クラスジャパンの不登校の子どもを差別するミッションに批判殺到!

投稿日:

今日のつながろう会でも話題になりましたが、やはりこのプロジェクトには賛同できません。
不登校は問題ではなく、選択肢のひとつです。これまでも何度もいいましたが、「不登校は問題である」という認識が問題なのです。
「学校に行かないとダメな人間になる」のですか?
「学校に行かないと将来がない」のですか?
「学校に行っている子はいい子、行っていない子は悪い子」なのですか?
子どもたちにそう思い込ませるのですか?
だから、「学校復帰」させるのですか?
そんなことは、絶対にありません。そんなことは絶対に間違いです!
学校に行かないで自分の価値をたくさんの人たちに提供している人はたくさんいます。生き生きと生きている人はたくさんいます。学校に行かなくても、子どもの将来はちゃんとあります!確実に未来につながっていきます。その事実を知っていますか。
慌ててクラスジャパンのミッション「学校復帰」という言葉の真意について「釈明文」を出しましたが、このプロジェクトは何度読んでも子どもや保護者の不安感を煽って「食い物」にしているとしか思えません。「私たちは不登校の子どもたちのために『いいこと』をしている」としか、私には見えません。
クラスジャパン・プロジェクトは「学校復帰させる」ためというのが気になるにも書きましたが、本当にやるべきことは、子どもたちが安心して通える、楽しく過ごせる学校環境を作ることです。学校に行きたいのに行けないのは子ども本人に原因があるのではなく、その要因は学校側にあるという強い認識が必要です。学校側の要因に手を入れないで、学校環境を放置したままで子どもたちを適応させるような対応は間違いです。
そのような認識があれば、このプロジェクトのようなミッションがいかに不登校の子どもたちのニーズとかけ離れているかわかります。不登校の子どもたちのニーズや願いが全く分かっていません。「学校復帰させることがいいことだ」というミッションは不登校の認識が大きくずれているのです。間違った認識をしているのです。だから私はこのプロジェクトに反対です。
だから、このプロジェクトは不登校の子どもたちの願いを実現することにはつながりません。
現在不登校中の子どもたちの不安や罪悪感をますます拡大させることになります。
学校に行くとか行かないとかは関係ない。不登校宣言をしている子どもたちは、自分の意志をはっきり伝えているのです。懸命になって自己主張しているのです。
だから、学校や社会の制約から子どもたちを解放して、自分の目標を自由に決めてやりたいことを思いっきりできる場を作ることが不登校の解決です。「自分のやりたいことがわからない。見つからない」というのは、制約があるために自分では無意識で「こんなことは言ってはいけない」「こんなことはやってはいけない」と思い込んでいるだけです。
「学校」という名の型にはめるのではなく、子どもたちが自分の意志を表し自分の道を自分で決められる自由を保障する。そうしたら、子どもたちは自分でやりたいことを言えます。やりたいことができます。それが認められる社会を作っていくことが私たち大人の役割であり責任です。
「不登校の生徒を元の学校に戻す」 教育支援団体に批判殺到「ふざけるな。戻すな」
「不登校」とは本人の思いを無視して「強制させられる」ことに拒否反応を示している状態だという認識がないままでこのような取り組みをやってもなんの効果もないどころか、ますます拒否反応を大きくするだけです。
「不登校宣言」とは防衛手段のひとつなのです。
「させられること」に慣れてしまうことがどんなに恐いことか、不登校の子どもたちは、黙っていては何も変わらないことを主張しているのです。
大切なことは、本人を全肯定することから始めること、そして、本人の「したい!」を実現するためにできることを全部やることです。
「させる」のではなく、「したい!」を100%応援することです。
クラスジャパンプロジェクト、多様な教育機会、灰色……

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

一斉授業・授業統制技法としてICT活用をするのは困難。

ああ、我々が注目していたのは、授業統制技法ばかりだったんだなと。 じゃあ「授業統制技法でない、目の前で展開されている学びの枠組みって何だ?」これが一斉授業の呪縛を解くカギになります。45分でねじ伏せる …

三重県松阪市立三雲中学校 全生徒にiPad 公立中の授業力

公立中で全生徒にiPadというのはすごいと思います。 しかし、大事なことは「はじめにiPadありき」で授業をするのではなく、学習の理解のために有効なツールの一つがiPadであるという取り扱いです。 黒 …

むしろ「不登校」とは子どもにとってその親にとって肯定的な選択

「不登校」を否定的に受け止めるのではなく、むしろ、子どもにとって、その親にとって、肯定的な選択だといっていい。 いわゆる「ふつうの学校」に通っていない生徒たちの皆が、それぞれに個性的に、しかし主体的に …

桜宮高校体罰事件 組織的な隠蔽は絶対にさせない!

体罰による指導死事件の判決が下されました。 元顧問の暴言と暴力によって、生徒が自殺に追い込まれたという因果関係が認められましたが、男子生徒は帰ってくることはありません。 このような事件が起こるたびに、 …

「リフレクション」で最も大切なのが「常識を疑う」こと

近年、リフレクション力、つまり内省力が非常に重要視されています。なぜなら、これからの社会では用意された答えを見つけるのではなく、自分なりの答えを導き出す必要があるから。 失敗も成功も自分やチームの糧に …

スポンサーリンク

スポンサーリンク