平和

零戦を何とか日本に里帰りさせよう

投稿日:

日本人所有の零戦が日本に「帰還」できない理由
現存する飛行可能な零戦を日本の財産として帰国させる動きがある。
しかもそれは日本人が所有しているというのだ。
だが、なかなか前進しないのはなぜなのか?
現在、実際に飛行できる零戦は、レプリカは除き世界にたったの4機しか存在しない。
現存する飛行可能な零戦のほとんどを米国人の所有しているというのも悲しい話ではないか。
日本人で唯一石塚氏が所有する1機も米国で登録・保管され、日本への「帰還」は果たせないでいる。
だが石塚氏はその零戦を、何とか日本に里帰りさせようと奔走している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-平和

執筆者:

関連記事

9.11 テロの真実 あまりにも不可解な点が多い

9.11 テロの真実 FBIはビン・ラディンを9.11の容疑者と見ていない! 自爆テロリストのうち少なくとも6人は生きている! 世界貿易センターには巨大な爆発物が仕掛けられていた! ハイジャック機の乗 …

「天皇陛下が助けてくれる」? 教育とは恐ろしいものだ!

今になってから祖父母に戦争中のことを聞いておけばよかったと思う。 祖父母の方から話をすることもなかったし、自分から聞こうとすることもまったくなかった。 覚えていることは、母のこんな言葉。 自分がそのと …

「国土」と「国民の命」を守るとはどういうことか?

国民の危機は、今ここにある! 「国を守るとは、どういうことか」 法政大学教授の田中優子氏が、日本海新聞の論説(2013.9.1)で、「何から」「何を」「どのようにして」守るのかということを述べている。 …

斎藤和義 ずっとウソだった【LIVE福島 会津若松】

この国を歩けば原発が54基 教科書もCMも言ってたよ安全です 俺たちを騙して言い訳は「想定外」 懐かしいあの空くすぐったい黒い雨 ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな ほんとウソだったんだぜ …

「永遠の0」(百田尚樹 著)を一気に読んだ

司法試験に4回失敗し、たまにアルバイトをするだけの怠惰な生活を送っている26歳の健太郎と4歳年上の姉でフリーライターの慶子が、実の祖父のことを知りたいということからストーリーがはじまる。 「祖父」の名 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク