テクノロジー

ドラマ「下町ロケット」を支えた日本企業の開発現場がスゴイ!

投稿日:

ホンモノの評価は社名や認知度、企業の大きさや社会的な権力によって決められるものではありません。
日本の開発現場で働く人たちの「情熱」とものづくりの「技術力」で評価されるべきです。
表面的な見た目や人気に振り回されるのではなく、本当に大切なものは何か、本質を見極める「力」を身につけるために精進したいものです。
リアル「下町ロケット」の企業の匠の技や最先端技術、それを支える開発現場がスゴイです。
“匠”が作ったホンモノ ドラマ「下町ロケット」を支えた日本企業の開発現場
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1512/28/news033.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テクノロジー

執筆者:

関連記事

「OriHime」(オリヒメ)米子市立就将小学校では昨年2学期から活用

昨日の鳥取らくだカンファレンス実行委員会でも話題になったのですが、「OriHime」(オリヒメ)って知っていますか? オリヒメは、高さ約20センチのロボットで、ボタンひとつで腕や首を動かし意思を伝える …

17歳の社長が一家に1台の木製ロボット「HACO」を開発中!

ここにもスゴイ人がいます。 17才の若者が「人間同士のように情報をやり取りできる端末を創る」と株式会社Yokiを設立してロボを開発。 話を聞くだけでもワクワクしてきます。 もっと知りたくなります。 も …

子どもの方がタブレットの使い方を知っているから教員が知らなくてもいい

学校でのタブレット端末の使用は少しずつ増えていますが、学校への持ち込みは簡単ではありません。 「学校備品としての導入」ではなく「個人の端末の持ち込み」です。 ノートと鉛筆が使いやすいのであればそれを使 …

小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された?

「STAP現象」が存在した事が報告され、小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明されたらしいです。 「STAP細胞と全く同じ物ではないが、STAP現象とされる細胞の初期化は実在した」というもので、ST …

ディスレクシア音読指導に使えるアプリを紹介します

昨日の保護者の会でディスレクシア音読指導アプリを教えてもらいました。 「ディスレクシア」は学習障害のひとつのタイプで、文字の読み書きに困難があり、学業不振や二次的な学校不適応などが生じます。 この単音 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク