教育

親の会には、環境を変えるだけの「力」があります

投稿日:

鳥取県内の不登校やひきこもりの親の会の情報に新たにできた会を追加しました。
県内には20年以上続いている親の会のほか、地域の保護者の方が中心となって新しく作られた会もあります。
その多くが、親の会に参加して、自分も地域に親の会を作りたいという思いで自主的に立ち上げられています。
みなさんが「独りで抱え込まないで誰かに相談することが大事」「はじめてのときは誰でも不安があるもの。だけど気軽に来てほしい。」という思いで、自分の子どもさんだけでなく、親の居場所作りにも頑張っておられます。
どこよりも身近で一番熱心に話を聴いてもらえ、我ことのように一生懸命に考えておられます。
親の安心感が子どもの安心感につながります。
親の考え方や接し方が変われば、子どもも変わります。「変わる」というか、「自分らしさ」を発揮できるようになります。
親の受け止め方や接し方が変われば、学校の見方も変わり、子ども中心の学校環境に変わっていきます。
今ではさまざまな親の会に参加していますが、そのような事例をたくさん見てきました。
社会を変えることは難しいですが、自分の考え方や行動を変えることによって環境までも変えられることを実感しています。
親の会には、それだけの「力」があります。
親御さんだけでなく、学校関係者、教育に携わっている人の参加もできますので、ぜひ来ていただき、子どもたちの思いや親の願いを直接聞いてほしいと思います。
人を動かすのは立場や肩書きではなく、熱い思いです。
熱い思いがあれば、行動につながります。
親だけが動いてもなかなか現状は変えられませんが、多くの理解者がつながることによって誰もが生きやすい社会を作っていくことができます。
大切なことは、「誰のために」「何のために」です。
それが共通理解できたら、みんなが同じ行動ができます。
これまでも何度かお伝えしてきましたが、私は、これらの親の会を中心とした全県的なイベントを行いたいと考えています。
「不登校」や「ひきこもり」についての社会的な無理解や偏見はまだまだ根強いものがありますので、理解の輪を広くつなげていきたいです。
そして、学校へ行っている子も行っていない子もみんなが安心して学習したり笑顔で過ごせる、自分らしく生きられる社会作りをしていきたいと思っています。
あなたも学校を変えるイベントの企画に参加してみませんか。
お問い合わせはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

「#教師のバトン」プロジェクト炎上中!目的は何なのか?誰のためなのか?

「#教師のバトン」プロジェクトとは、学校での働き方改革による職場環境の改善やICTの効果的な活用、新しい教育実践など、学校現場で進行中の様々な改革事例やエピソードについて、現場の教師や保護者等がTwi …

日本人が抱える「英語トラウマ」の取り除き方

グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されてしまっている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に、日本人が抱える「英 …

「不登校Q&A~保護者・不登校の子どもに関わるみなさんへ~」が分かりやすい

2010年に作られた登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク作成の「不登校Q&A~保護者・不登校の子どもに関わるみなさんへ~」 とても分かりやすく書かれています。 ・ 義務教育は子どもの義務じゃない …

大学入試での発達障害のある受験生に対して受験上の配慮の例

発達障害の人が入学試験を受ける際に、さまざまな困難があることがあります。 今年度の入学試験はほぼ終了しましたが、来年度以降に受験する予定のある人は知っておくといいと思います。 大学入試センターが実施し …

「英語と私」の著者の松本 亨さんは今の学校での英語教育をどう思っているだろう?

二十歳の誕生日に買った松本 亨の「英語と私」。 今読んでもとても新鮮で、というか今、学校で英語教育が推進されている中で考えさせられる内容が多い。 読み返してみると、実に面白い。 新刊書もよく読むのです …

スポンサーリンク

スポンサーリンク