21世紀の松下村塾

明日21世紀の松下村塾を無料開放します。

投稿日:

明日11月3日は文化の日ですね。
だからというわけではないのですが、明日の10時~18時まで21世紀の松下村塾を無料開放します。何時に来て何時に帰ってもOKですし、ゲーム、漫画、おやつ、PCなども持ちこみもOKです。
普段は平日なので来にくい人もあると思いますので、休みの日にしました。
人数は5組みまでで事前予約をお願いします。
・お茶を飲みながら話をしてみたい方
・子どもさんのことでで相談したいことがある保護者の方
・自分でやりたいことがあるけどなかなか実行に移せない方
・どんなところなのか一度見に行ってみたい方
・行くところがなくて困っている子どもたち
・自由に遊んでもよし、自習してもよしのなんでもOKです。
・近くに公園もありますので、外遊びもできます。
などなど、特に何をするかは決めていません。
個別相談も無料で行っていますので、詳しいことはお問い合わせください。
※子どもさんの場合は保護者の方の同伴をお願いします。
※明日は駐車スペースがありませんので、お近くの駐車場をご利用ください。
FBのメッセージでもお問い合わせフォームからでもOKです。
やりたいと思ったから、明日21世紀の松下村塾を無料開放します。何時に来て何時に帰ってもOKです。
今日の午後はWordPressの勉強会をします。
やりたいことができないのは、「やりたい!」と心底思っていないから。自分で「やらない!」という選択をしているからです。
やりたいことがあるのなら、やっちゃえばいいだけです。
どうしようか迷っているならやったほうがいい。やったら必ず何か残ります。やらなければ何も変わりません。
目標を達成することが目的ではなく、それをやることが目的です。
だから、やりはじめたことで目標を達成しているのです。その快感を味わうと次もまた何かやりたくなってきます。
やりたくなければ「何もしない」という選択をしたっていいです。
好きなことをやるために必要な努力は楽しいです。
そもそもそれをやっているときは「辛い」とも「努力」とも感じません。楽しさしかありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

学校に行かないことは「逃げ」でも「避難」でもない!

「学校から逃げていい」「学校から一時期に避難していい」という人がありますが、学校に行かないことは「逃げ」でも「避難」でもありません。 どうしてこのような否定的な表現をするのでしょう。 「逃げる」のでは …

子どもが不登校になった。よっしゃー、これはチャンスだ!

「子どもが不登校になった。なんとかしなければ。」 親ならそう思うかもしれません。 「学校とうまくいかない。このままでいいんだろうか」と思うから、「学校に行ってほしい、みんなと同じようにしてくれないか。 …

学校へは行きたいけど行きたくない子、行けない子、うちに来てもいいよ。

今週から2学期が始まった学校が多いと思います。 当塾は不登校の子ども専用ではありませんが、平日の午後に自宅を開放しています。 私がいない場合もありますので、事前に連絡していただけると時間を調整させてい …

21世紀の松下村塾で身に付く力、自分の才能をいっしょに探しませんか?

子どもたち一人一人は、それぞれ目指すことが違います。 子どもたち一人一人は、それぞれ自分の課題を持つことから始まります。 子どもたち一人一人には、それぞれ最適な課題解決方法があります。 子どもたち一人 …

21世紀の松下村塾で第2回TRPGゲームをしました

8月24日に21世紀の松下村塾で第2回TRPGゲームをしました。 今回は、「村人を救う森のモンスター退治」というシミュレーション。 戦士、盗賊、魔法使い、神官の4人で、村人から依頼されたモンスター退治 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク