21世紀の松下村塾

21世紀の松下村塾で第2回TRPGゲームをしました

投稿日:

8月24日に21世紀の松下村塾で第2回TRPGゲームをしました。
今回は、「村人を救う森のモンスター退治」というシミュレーション。
戦士、盗賊、魔法使い、神官の4人で、村人から依頼されたモンスター退治をするというストーリーで、4人のキャラクターカードとモンスターの能力カードを見ながら戦略を考えながら対戦していきました。
TRPGゲームで使う物は見ての通りコマはペットボトルのキャップで、サイコロの出目で勝負が決まります。
はじめにファーストステージでゴブリンを5匹退治、能力値を回復してセカンドステージでは強敵のホブゴブリンが出没。戦士と神官があと少しでやられそうになりましたが、4人が協力してすべてのモンスターを退治して村に平和がもどりました。
TRPGは単なるすごろくゲームとは違って、チームで戦略を練りながら進めていくもので、進む先に何があるのかも分からないので、村人と対話をしながら探っていく必要があります。使うのはサイコロですが、運だけでなく想像力、思考力、チームワーク、コミュニケーション能力、そして計算力までアップすることができます。
サイコロを振るワクワク感とどこに何が潜んでいるか探っていくドキドキ感はこのゲームならではの楽しさといえます。
そして、既成のボード版も必要ないのでお金がかからないのもいいです。
参加者の想像力によってゲーム展開が変わり、進化していきます。
ゴブリンの能力とキャラクターの能力を考えてバトルステージを配置する

戦士、盗賊、魔法使い、神官の4人のキャラクターシートで戦略を練る

森の中を想定してモンスターと対決

チーム各人の戦闘配置、モンスターへの攻撃、回避場面はそのたびにドキドキします。
あっという間に2時間経っていましたが、知力と脳力、そしてチームの協力を高める知的なゲームです。
また今度第3回を開きますので、やってみたい方がありましたら参加をお待ちしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

一番おすすめな学習教材は「天才脳ドリル」です

21世紀の松下村塾は受験目的の学習塾ではありませんが、親御さんと話をしていると「やっぱり学校の勉強がね・・・」という方がほとんどです。 私は子ども本人のやりたいことをやるのが一番だと思っていますが、親 …

子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合う場を作りたい

教師は、課題設定と環境整備と評価に徹し、従来教師の仕事の中心だと思われてきた「教授」の部分は、従来のように教師が主導する一斉指導ではなく、子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合うというスタイ …

21世紀の松下村塾で前半はTRPGテーブルトークゲーム開催

21世紀の松下村塾で前半はTRPG(テーブルトークゲーム)、後半は事業所で使える経理管理ツールの事業展開についての戦略会議を行いました。 TRPGとは、既成のボードを使ったゲームではなく、ルールや場面 …

明日21世紀の松下村塾を無料開放します。

明日11月3日は文化の日ですね。 だからというわけではないのですが、明日の10時~18時まで21世紀の松下村塾を無料開放します。何時に来て何時に帰ってもOKですし、ゲーム、漫画、おやつ、PCなども持ち …

「ローカル」でひきこもり支援を実践する意味

みんなが自分のできることがあります。自分にしかできないことがあります。 過去は変えることはできませんが、その受け止め方や意味づけを変えることで見え方が変わります。自分の未来は自分で創ることができます。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク