教育

教員が子どもをいじめの加害者であることに気づいていますか?

投稿日:

先日の「いじめフォーラム」でも発言したのですが、「いじめを許している存在」いじめの加害者は学校現場の教員です。
子どもがいじめの加害者になっているだけでなく、強い立場にいる複数の教員が弱い立場の教員をいじめています。
これは他県のことではありません。
さらに、教員が子どもをいじめていたり、いじめに気づいても見てみぬふりをしている教員もいます。
これでは、子どもたちが「いじめは許さない」「いじめをなくしたい」といくら大きく叫んだとしても、いじめは永遠になくなりません。
教員が子どもや立場の弱い教員をいじめている。
さらに、県教委もそれを知っていながら本気で向かっていこうとしていません。
「教育的指導」という組織的なパワハラも起こっています。
教員や教育委員会が加害者になっていじめに加担しています。
立場の弱い者が権力のある上層部に意見がいえるはずがありません。
さらに、いじめの対象が子どもの場合、訴えることなんかとうてい不可能です。
内部の人間に訴えても変わることはありませんから、外部の信頼できる人に相談するしかないのですが、その窓口はありません。
いったいなんのために「いじめ防止対策推進法」が作られたのでしょうか?
「法律を作って終わり」で形骸化されています。
それでは責任を果たしているとはいえません。
法の実行力が問われています。
藤井さん、私もかつて教職に就いていましたので、現場で苦しんでいる若い教員たちがいることも知っています。
情熱をもって教員になったものの、組織の中で個が埋没し教員を辞めたいと考えている人も少なくありません。
教育の本質とはかけ離れた上からの指導が、子どもや教員を苦しめている現状があります。
ご縁に感謝いたします。
私も学校現場に20年以上おりましたので、いろいろな方とのつながりを深めていっているところです。
子どもも保護者も教員も「学校に行くのが楽しい」といえる学校を作っていきましょう。
今後のご活躍にも期待しています。
いっしょに勉強させていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。
教師と呼びたくない教師たち
http://ameblo.jp/pcc-fujii/entry-12121214836.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

政府の一斉休校要請に対する「反乱」が、学校現場の変化につながるかもしれない

「文科省や教育委員会から指示が出ていない」 「うちだけが休校するわけにはいかない」 これが一斉休校を実行した大きな理由です。 各自治体、各地教委はコロナが拡大することを心配しているのではなく、自分が責 …

あなたは「性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?

今日は、倉吉未来中心で行われた「生きるためのこころ(性)の教育」という思春期保健対策講演会に参加しました。 講師は、東京医療保健大学医療保健学部 看護学科准教授の渡會睦子(わたらいむつこ)さん。 渡會 …

知的障害者の学びの場「大学」が広がっています

知的障害者の「大学」全国30カ所に広がっています。 このような学びの場が多くなっていくことは本人の自立はもちろん、社会にとっても貴重な働き手になることは間違いありません。 「障害があるから」といって就 …

学校の外で学ぶのもよしとなれば「不登校」という概念そのものがなくなる

アメリカには「不登校」という現象とか概念がないそうです。 それは、オルタナティブスクールとホームスクールという、二つの制度があるためです。 ホームスクールとは・アメリカ建国以来の「納税者が学校をつくっ …

中学高校6年間の英語は何時間勉強しても話せるようにはなりません

6年間英語を勉強したのに話せない? それは当たり前です。 その方法も学習時間もペラペラしゃべるには程遠いです。 「中高の英語の勉強」は英話がペラペラしゃべることを目的としていません。 そもそも目的も勉 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク