社会問題

鳥取県は住民の立場にたって原子力災害時の防災計画を考えているとは思えない

投稿日:

鳥取県知事も島根県知事も事の重大さをまったく理解できていません。
原発災害時の対策をあまりにも軽く考えいます。
福島、石川能登の地震で何が起きたのか!
その現実を見て知っても災害時避難の困難やの重大さがまったくわかっていません。
「国の方針に従う」というまったくの他人任せで自分事として考えていません。
他人事として思考停止しているとしか思えません。
県民の命を守るという最大の使命はどこに消えたのでしょうか?

県議会でももっともっと議論して、県民全体で広く議論して行くべきです。
そして県のメディアも大きく取り上げていくべきです。

鳥取県原子力防災の取り組み(鳥取県危機管理部 原子力安全対策課)

山中 幸子(1月25日)
23日に原子力防災を考える県民の会として、鳥取県・米子市・境港市に原発事故時の避難計画に関する要請書を提出してきました。
令和6年能登半島地震を受けて、地震と原発災害の両方に対応するのは困難だと考え、避難計画の再検証を求める内容です。
境港市・米子市は今回時間がないとのことで、回答は後で文書を送付してもらうことになり、鳥取県からのみ、口頭で回答してもらいました。
けれども、その回答は、要請内容すべてを拒否するものであり、本当にがっかりしました。
以下、要点をまとめると、
・地震・津波対策は見直すが、弓浜半島は能登半島とは違うので、原子力災害の複合災害については基本的に現状で対応できる。
・検証は国の検証結果を待つ。
・鳥取県のモニタリングポストは通信の多重化をしているので大丈夫。
・鳥取県は、国の原子力災害対策指針にそって計画しているので、それ以外のことはしない。
・国の指針にしたがって、ヨウ素剤の事前配布の目標は定めない、UPZ圏外にも事前配布しない。
・原子力規制委員会の厳格な審査を通っているので宍道断層とF55断層は連動しないと考えている。
 国からの新たな知見があれば、バックフィットされると考えている。
・再稼働は中国電力が決めることで、県は再稼働に対して認めるとか認めないとか言っていない。(関係ないという感じ)
鳥取県は住民の立場にたって原子力災害時の防災計画を考えているとは思えず、複合災害が起きた場合の想定が大変甘いと私には感じられました。
今後はもっと具体的な事例などについてさらに聞き取りなどを続けていくつもりです。

山中 幸子さんのFacebookより

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-社会問題

執筆者:

関連記事

いじめを許している、いじめから逃げている張本人が教員です

気づいた大人が見てみぬふり、教員が間違った対応をしているのでは、いじめは絶対になくせません! 一時しのぎの対応やその場限りの仲良しごっこで事が解決するはずがありません。 被害者は一生の傷として残り続け …

ひきこもりに対して想像力が働かない人、無関心という困難に挑む

2018年5月19日に「NPO法人Node」の設立記念イベントが開催されました。誰もが孤立せず、安心して生きられる社会を目指すため、ひきこもりなどの当事者活動をしてきた人たちが集まって設立したNPOで …

教員の不適切な対応と学校環境の不備によって引き起こされたのが不登校

不登校の際の身体的な状態として、「起立性調節障害」と「過敏性腸症候群」がありました。 それに、「副腎疲労」も加えられたことで、学校環境のさまざまなストレスによる症状が発生することが明らかになりつつあり …

なぜ清原のことを周りの人が何もできなかったのか?

清原は、2015年3月のNHKインタビューでこう話しています。 「清原和博という大きな名前が重すぎた。 9歳から野球にだけ没頭してきたので、野球を引退したら、他に何をすればよいか解らず、この世から野球 …

大人のひきこもりの問題の本質とは何か?

大人のひきこもりの本質とは何か? 「自分の話したことが相手に通じて、受け止めてくれる人がいる。自分の窮状を訴えて、レスポンスをきちんと得られる場が、当事者には必要です」 「いろいろな場に出かけ、発言し …

スポンサーリンク

スポンサーリンク