教育

文科省、教委、学校の教職員の隠ぺい体質

投稿日:

長男が中2の時、友だちの一人が酷いいじめを受けて精神的に追い込まれていました。
親御さんは知人を通じて学校にも相談に行っていましたが、解決の方向へは程遠い対応でした。
保護者説明会も開かれましたが、「加害者のプライバシーに関わる」という理由で事実説明はありませんでした。
そのときに親御さんから個人的に相談を受け、有志の親たちが集まり「親の会」を組織し学校との交渉なども行いました。
しかし、その後も学校側から真実が明らかにされることはありませんでした。
「親の会」では苦しんでいる生徒や親御さんの相談に乗ったり、日ごろの子どもたちの生活の様子を情報交換したりして励まし合っていました。
学校とも何回か対話の場を持ちましたが、最終的には真実は分からないままとなっています。
この件は、いまだに私の中では納得のいかない事案として残っているままです。
それでも、「親の会」をはじめ、周囲の生徒や親の支えもあり、皆が卒業しそれぞれの進路に進むことができました。
今、子どもたちに関する様々な事件、事故が起こっていますが、文科省、教委、学校の教職員の隠ぺい体質は変わってはいません。
仙台のいじめ自殺についても、市教委はこれまで「遺族の意向」を理由に自殺に関して在校生や保護者にも何の説明もせずに来ています。
このような教委、学校の対応のまずさがますます保護者の不信感を招いて、さらに事を大きくしていることがなぜ分からないのでしょうか?
事実を出すことが学校現場にとってそんなに都合の悪いことなのでしょうか?
その背景には文科省、教委からの「学校評価」があります。
都合の悪いことを上に報告することは、学校、校長に不利になることがあるからです。
そんな考え方で学校教育を進めている限り、保護者からの信頼は永遠に取り戻すことはできません。
親も学校も、みなが安心して子どもを学校に通わせる環境作りを進めていかない限り、学校環境が原因となった子どもの自殺、事件もなくなることはありません。
一人ひとりが他人事だと見ないで、今できることを勇気と覚悟をもってやっていく必要があるのです。
文科省の命令自体がおかしなものになっていますので、文科省の体質改善と官僚の考え方も変える必要がありますね。
といっても期待はできないので、現場が団結して徹底して子どもの側に立つことが大事です。
現場から教委にはっきりとものを言える教員を育てていく必要があります。
また、保護者も日ごろから学校運営について関わりをもって、他人事として済まさない、ことが起こる前に絶対に隠ぺいを許さないという姿勢も必要です。
親の団結力が学校を動かし、教育委員会の意識も変えることができると思います。
私はそう考えて活動を続けていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

「不登校対策」には「学校、教員の方が子どもに合わせる」ことが必要

学校再開後は、休校前以上に学校へ行くことが目的化しています。 学校がますます怖い場所になっています。学校空間が子どもの不安を増大させています。 「長期休暇は不登校のきっかけになりやすい」という。 それ …

学校って行っても行かなくても 大丈夫かどうかは本人次第です

子どもの不登校対応は親の思いが優先しているケースが少なくありません。不登校はなんの問題でもないのに、子ども本人にはなんの責任もないのに、親や周りの大人が「問題」にすることで「親を含めた周りの大人が要因 …

西郷孝彦さんの「学校の常識を根底からくつがえす取り組み」

5月11日の夜、西郷孝彦さんの「学校の常識を根底からくつがえす取り組み」が放送されました。 ルールや規則があればあるほど、いじめは発生しやすい。 いじめの原因は管理教育にあります。 学校の校則もテスト …

ホリエモン(堀江貴文)×成毛眞「これからの『教育』の話をしよう」

高校に行くことに「意味」はない。 成毛 ぼくは一人娘がいるけど、小中高を通じて一回も塾に通わせたことがない。大学受験の時は近所の大学生が教えに来ていたけど、それは娘が自分の小遣いで雇っただけのこと。学 …

多様な教育機会確保法案には絶対反対です!

9月14日、文科省は「不登校を問題行動と判断してはならない」との見解を含む「通知」を出したばかり。 だというのに、「子どもを学校に行っている子と学校に行っていない子に分類し、個人の状況や能力に応じて違 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク