教育

学校に行くことは目的ではなく手段のひとつだから、他の手段があればそれでいい

投稿日:

学校へ行く行かないは本人の自由なのですが、現実として「学校というもの」の存在は大きいです。
また、「働くということ」も厳しい現実があることも確かです。
だからこそ、子どもが将来に希望がもてるような大人の姿を見せていくことが大切です。
勉強はなんのためにするのか?
働くとはどういうことなのか?
生きる力を育てるとは具体的にどんな姿をいうのか?
自立のためにどんなことを身につける必要があるのか?
どんな学校へ行き、どこに所属して働くのかではなく、自分はどのようにして生きていくのかを軸にして考えることが重要です。
そうすれば、今すべきことも見えてくるのではないでしょうか?
子どもに不安を与えるのではなく希望を与える大人でありたいです。
そのためには、来年はこれまで以上に幅広いつながりを作っていくと同時に、子どもたちのニーズに応えるための具体的な取り組みを進めていきたいと思っています。
我慢してやっていても奇跡は起きません。
やりたいからやる、やりたくなかったらやらない。これが基本ですよ。
学校も勉強も楽しくなければ誰もやりたくないですよね。
ほとんどの人がが我慢してるんじゃないでしょうか。
働くことが楽しくなければ誰もやりたくないですよね。
みんなが好きなことをしてみたらどうなるかやってみたらいいと思います。
知りたい、できるようになりたい!って思わない人はひとりもいません。
学校の勉強はその目的や方法がおかしいだけで、自ら学びたいことはたくさんあります。
誰もがそうやって学んでいけばいいんですよね。
「NO!」といわせない指導は教育ではありません。
今、子どもたちが必死になって「NO!」といっているのですが、それを力ずくで押さえつけようとしていることは間違っています。
私は彼らを応援していくことが自分の本当にやりたいことだと分かったからライフワークにしました。
やりたいことがあるのなら、やっちゃえばいいだけです。
やってみて、また考えたらいいですよ。私はそうしています。
学校に行くことは目的ではなく手段のひとつですから、他の手段があればそれでいいんですよ。
学びも仕事も支援もすべてニーズに応えることができるどうかで価値が決まります。
日本の学校は子どものニーズに応え切れていないことが問題なのです。
ニーズに応えることができれば、どこで学ぶかは問題ではありません。
中2の娘が語った「働きたくない」きもち。不登校児が見つめる将来とは
親のできることは、社会の情報や選択肢を探し、子どもの希望に合った道をいっしょに見つけていくことです。
その中には、物や場だけでなく、信頼できる人との出会いも含まれます。
生きていく道はたくさんあることが分かれば安心してゆっくり考えることができます。
子どもが自分の好きなように生きること、そう決めた時に親は全力で応援する。
決めたらそのために何をすべきかが見つかり、自分で決めたことならそれに向かって頑張ることができるようになります。
2年の不登校を経て「何かやりたい」と息子が言った。進学までの道のり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

不登校の子どもと親の会「倉吉トトロの会」の11月定例会のご案内

不登校の子どもと親の会「倉吉トトロの会」の11月定例会のご案内です。 例年以上に暑かった9月も終わり、昨今は寒く感じられるようになりましたが、みなさまお変わりありませんか。 季節は変わっても、保護者の …

倉吉こども未来フォーラムでいじめはなくせるのか疑問あり

倉吉こども未来フォーラムですが、今回のようなイベントは、これはこれで意味のあることだとは思います。 参加者がそれぞれの地域でその取り組みを行っていくことも意味があります。 生徒や保護者からは、自分たち …

自由創造ラボたんぽぽ発行の小冊子「ありのままで」が届きました

米澤 美法さん主宰のNPO法人自由創造ラボたんぽぽさんが発行した小冊子「ありのままで」が届きました。 私も保護者の方や教育関係者に渡そうと思って、20部ほど注文しました。 これは冊子発行と、配布のため …

不登校の児童生徒が自宅学習で指導要録上の「出席扱い」になるための条件とメリット

文科省は平成17年7月6日に「不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について」とう通知を各都道府県教育委員会教育長宛に出しています。 そしてこのほ …

知識と活用を問う問題への転換案示す 全国学力調査会議

文科省の「全国的な学力調査に関する専門家会議」は2月16日、第4回会合を開き、新学習指導要領の実施を見据えた今後の全国学力調査の検討課題を議論した。これまでのA問題とB問題の区分をなくし、知識と活用を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク