教育

学校に行くことは目的ではなく手段のひとつだから、他の手段があればそれでいい

投稿日:

学校へ行く行かないは本人の自由なのですが、現実として「学校というもの」の存在は大きいです。
また、「働くということ」も厳しい現実があることも確かです。
だからこそ、子どもが将来に希望がもてるような大人の姿を見せていくことが大切です。
勉強はなんのためにするのか?
働くとはどういうことなのか?
生きる力を育てるとは具体的にどんな姿をいうのか?
自立のためにどんなことを身につける必要があるのか?
どんな学校へ行き、どこに所属して働くのかではなく、自分はどのようにして生きていくのかを軸にして考えることが重要です。
そうすれば、今すべきことも見えてくるのではないでしょうか?
子どもに不安を与えるのではなく希望を与える大人でありたいです。
そのためには、来年はこれまで以上に幅広いつながりを作っていくと同時に、子どもたちのニーズに応えるための具体的な取り組みを進めていきたいと思っています。
我慢してやっていても奇跡は起きません。
やりたいからやる、やりたくなかったらやらない。これが基本ですよ。
学校も勉強も楽しくなければ誰もやりたくないですよね。
ほとんどの人がが我慢してるんじゃないでしょうか。
働くことが楽しくなければ誰もやりたくないですよね。
みんなが好きなことをしてみたらどうなるかやってみたらいいと思います。
知りたい、できるようになりたい!って思わない人はひとりもいません。
学校の勉強はその目的や方法がおかしいだけで、自ら学びたいことはたくさんあります。
誰もがそうやって学んでいけばいいんですよね。
「NO!」といわせない指導は教育ではありません。
今、子どもたちが必死になって「NO!」といっているのですが、それを力ずくで押さえつけようとしていることは間違っています。
私は彼らを応援していくことが自分の本当にやりたいことだと分かったからライフワークにしました。
やりたいことがあるのなら、やっちゃえばいいだけです。
やってみて、また考えたらいいですよ。私はそうしています。
学校に行くことは目的ではなく手段のひとつですから、他の手段があればそれでいいんですよ。
学びも仕事も支援もすべてニーズに応えることができるどうかで価値が決まります。
日本の学校は子どものニーズに応え切れていないことが問題なのです。
ニーズに応えることができれば、どこで学ぶかは問題ではありません。
中2の娘が語った「働きたくない」きもち。不登校児が見つめる将来とは
親のできることは、社会の情報や選択肢を探し、子どもの希望に合った道をいっしょに見つけていくことです。
その中には、物や場だけでなく、信頼できる人との出会いも含まれます。
生きていく道はたくさんあることが分かれば安心してゆっくり考えることができます。
子どもが自分の好きなように生きること、そう決めた時に親は全力で応援する。
決めたらそのために何をすべきかが見つかり、自分で決めたことならそれに向かって頑張ることができるようになります。
2年の不登校を経て「何かやりたい」と息子が言った。進学までの道のり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

入学式や入社式が「一斉」であるのは良いことなのか?

ほんとめんどくさいなあ! こういう儀式や形が日本人を不自由にしている気がします。 窮屈な原因がわかった。 こういうことってすべて支配する側の都合で決めたことです。 何歳だって、どこにいたっていいじゃな …

中邑賢龍さんの研究や活動の原動力は「世の中に対する怒り」がエネルギー

このROCKETプロジェクト、「すごいな、うちの子も行かせたいな」って思っている親御さんも多いと思います。 彼はやっていることもスゴイですが、その考え方というか理念というか、それが根底にあって10年先 …

生きる力が弱いことを「自己責任論」や「自助努力論」で片付けてはいけません

貧富の差による「学力格差」については改めて取り上げる問題ではありません。 「学力」の定義をどうするかという問題もありますが、ここでいうのは学歴による格差のことを言っているのだと思います。 大事なことは …

宿題がダメなのではなく、宿題の内容と出し方に問題がある

多くの宿題は、他の教員と同じようなレベルに合わせるための自己責任の回避と自己満足のために出しています。 「宿題を出しておけば安心」という意識があるために、出すことが目的で完結している場合がほとんどで、 …

教員本来の仕事を優先していけば、多忙化を改善することは可能

学校という職場は朝7時前に出勤して帰るのは深夜になることもあります。 家に帰ってからも「宿題」が山積みで寝るのは午前0時を過ぎてからだってあります。 「先生は夏休みがあるからいいね。」と言われますが、 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク