教育

不登校でいろいろな選択肢を用意するのが学校や親、支援者のできること

投稿日:

「不登校」と一口にいっても、一人ひとりが背景も要因も異なります。
親は将来の子どもの心配と同時に、明日のことも心配で頭が一杯です。
将来のことも気になりつつ、現実には「この子、明日はどうしよう、その次の日は・・・?」と目の前のことも心配でなりません。
そんなときに、いろいろな人の話を聞いて、多くの人とつながることで、未来に向かっての選択肢は多くなります。
人は一本の決められた道を進むのではありません。
人生の過程において、その都度その都度選択肢は複数あって、その都度決めていきていきます。
どの道を選ぶかを決めるのは、他でもない子ども本人なのです。
決定権を持っているのは、本人一人だけです。
それを学校の都合や親の願いによって決定されるようなことがあってはなりません。
とはいっても、本人が一番悩んでいるのが「これからどうしよう?どうしたらいいんだろう?」ということです。
そんなときに、いろいろな選択肢を用意できるのが学校や親、支援者のできることではないでしょうか。
10人の子どもがいれば10通りの選択肢、100人の子どもがいれば100通りの選択肢があります。
そして、その向こうにはさらに選択肢が枝分かれしています。
人はみなその都度、選択と決定を繰り返して生きていきます。
そういう意味では、このような保護者向け講演会や個別相談会がとても大切な場のひとつです。
鳥取県内にも、不登校や障害などのいろいろな課題を抱えて生きている子と親の会があります。
会に行くのは本当に勇気のいることだと思いますが、一歩踏み出すことで子どもの未来への光が見えてきます。
子どもが生き生きと成長するための選択肢はたくさんあります。
親が一人で頑張ってもできることには限界があります。
毎日悩んでばかりで何もしないでいたのでは、今の悩みがますます深くなっていくことはあっても、明日も明後日も何の変化もありません。
「そっとして、何もしないで見守っていく」という考え方もありますが、それはそれで一つの選択ではありますが、いつまでもそうであっては何も変わりません。
親の会に参加して少しでも気持ちが楽になれば、子どもの見方も変わり、少しずついい方向への変化も現れます。
子ども本人の「こうしたい、こうありたい」という思いをくみ取って、みんなで知恵を出し合い、「今できること」をやっていくことで解決への道につながっていくと思っています。
【ご報告】11/29「不登校生・保護者向け 講演・懇親・個別相談会@渋谷」
http://www.abe-futoukou.jp/2015/11/30/post-2960/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

ADHDの特性のある子どもとの関わり方のヒント

集団活動をしているときに周りの人にちょっかいを出したり、うろうろ動き回ったりする子を見ると、あなたはどう思いますか? 「厄介な子、迷惑な子、落ち着きのない子」と、マイナス行動としてとらえてしまう人も少 …

いじめ・不登校は大人の問題 大人の本気度が問われている

6年前に中学3年生だった次男、真矢くんが「友だちのことを護れなかった」という遺書を遺し自殺で亡くされた篠原さんの講演でした。 いじめ、不登校は、子どもたちを追い詰めている私たち大人社会の問題です。 い …

熊本市のすべての小中学校に2万3460台のiPadを配備する

熊本市では、市の方針でiPadを大量導入する。2020年の4月から、なんと市内の全公立小中学校134校で、2万3460台のiPadの運用をスタートするという。 驚くべきはこれらの学校が予算が豊富な私立 …

学校再開絶対反対!「学校再開へ3密避ける」のは絶対無理!

来週から新学期が始まろうとしているけど、絶対無理だわ。 この状況下で学校再開なんてあり得ないでしょう! 子どもや教職員の健康の保障なんて誰もしてくれないでしょう。 「学校再開へ3密避ける」っていうけど …

精神障害や発達障害の人数が増えた本当の理由

国家や統制する側からすれば、枠にはめ込んで一律に指導、命令したほうが面倒はありません。 そのためには、「上の者」に対して「下の者」が何も言わずに従う体制を作るのが手っ取り速いのです。 「違い」に気づい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク