教育

12月22日に不登校のススメ上映会&お話し会を開催しました

投稿日:

12月22日に虹の会主催で「不登校のススメ」上映会&お話し会を開催しました。

「不登校」という概念をなくしたい!
いつもそう考えながら活動しています。
今日来てくれた映画を作った2人の話にはめっちゃ共感。だよね~と思いながら聴いていました。
「不登校」という言葉は大嫌いだけど、不登校のススメもあり、登校のススメもあり。そして、その2つを比べることはナンセンス。
大切なことは、本人がどう考え、何をしたいのか、すべてのスタートは「個の思い」から始まる。
今起きているいろんな不合理や不都合なことは、個の思いから始まらないで「枠」の中に入れようとするから生じている。「枠」を作るからその中と外が生まれる。だから枠なんか作らなければいい。個が個として生きたらいいんです。
今回は「不登校」がテーマでしたが、要は人の持っている固定観念、価値観、生き方の問題なのです。自分はどう考えどう生きるかという問いなのです。
適当に自分の気持ちに素直にまっすぐに生きたらいいんです。
そして、この会を通してまた新たな出会いがありました。それも大きな収穫でした。
また、現在「不登校のススメ」の監督のどか君が「不登校と現代の教育問題」(仮題)のyoutube動画を作成しているそうです。
「私たちの不登校体験」
「現代の学校教育の問題点と不登校」
「不登校のみんなへのメッセージ」
「明日の学校教育へ向けた提言」
の4部構成で、のどか君が編集中とのことです。
完成次第、近日公開される予定です。
のどか君のお父さんのブログもあります。
のどかな学び舎 midori-ya
12月1日の鳥取県民のつどいから始まった、子どもの学びを考える月間のイベントはこれで終了です。
たくさんの方々の協力によって開催することができました。ありがとうございました。
また来年もいろいろな企画をしていきますのでよろしくお願いします。
「自分もいっしょに企画に参加したい!」という方もお待ちしていますので、コメントかメッセージでお知らせください。
お問い合わせはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

現行のいじめ防止対策推進法の何が問題なのか?

「いじめ防止対策推進法」を読んだことがありますか? そこには、被害者の保護のための対処法が明記されています。 しかし、実際の現場では適切な対処がなされていないことが問題です。 いじめの被害者がいじめを …

教育現場でICTを活用しないほうがリスクになる

文部科学省が推進しようとしているICT教育とは、インターネットを使って情報活用能力を育成し、協働型・双方向型の授業革新を進めるものです。 教育現場でICTを活用しないほうがリスクになる時代になっていき …

夢や希望は観念ではなく小さな行動の積み重ねによって自分で作っていくもの

思いを持つことは大事です。 思いがなくては何も始まりませんからね。 しかし、思いを持つだけでは夢は実現しません。 思い以上に大事なことが行動を始めること。それ以上に大事なことは行動を続けることです。 …

「英語と私」の著者の松本 亨さんは今の学校での英語教育をどう思っているだろう?

二十歳の誕生日に買った松本 亨の「英語と私」。 今読んでもとても新鮮で、というか今、学校で英語教育が推進されている中で考えさせられる内容が多い。 読み返してみると、実に面白い。 新刊書もよく読むのです …

不登校を「問題行動」と判断してはいけない

何度でも言います! 不登校が問題なのではなく、「不登校を『問題行動』だとしていること」が問題なのです。 学校システムそのものが不登校を生んでいるという認識が必要にも書いたとおり、2016年(平成28年 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク