遊び

MCCのスタッフ募集説明会に参加しました

投稿日:

MCCってなんだ?
知らない人の方が多いと思いますが、めっちゃ面白い活動です。
“MCC” = Meet+encounter Creators Clubです。
子どもたちに人と出来事との“出会い”を作ります。
「キャンプを通して子どもの出会いの場を作る」ことを目的として30代を中心とした人たちが立ち上げました。
昨日は経験豊富な面白いおっさんたちも加わっての企画会議でした。
今の子どもたちに最も欠けているのが「遊び」です。自由遊びです。遊びを通しての「失敗体験」です。
学びとは遊び、遊びは学びです。
学びとは学校の勉強ではなく、自らのやりたいを実現するための学びです。自ら課題を解決するために考え、行動することです。
それが実現できる唯一の方法が自由遊びです。
今多くの大人たちは「遊んでばかりいないで、勉強しなさい!」と言っていますが、そうではなく、「教科書の勉強なんかしないでもっと遊びなさい!」と言わなければなりません。これは「大人の義務」といってもいいです。
子どもたちには学びの場も必要ですが、それ以上に遊びの場が必要です。
MCCはそんな遊びを創ります。
面白そう、ボクもやってみたい!という方、ぜひミーティングに来てみてください。
MCC(ミーカウント クリエイターズ クラブ)のFacebook

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-遊び

執筆者:

関連記事

飛ぶ!はねる!かみつく!紙のからくり カミカラで遊ぼ

これ面白い! 作ってみよ。 カミカラ 飛ぶ!はねる!かみつく!紙のからくり カミカラで遊ぼ! 特設サイト 注文しちゃいました。 届くのが楽しみ。 こんな無料素材も見つけました。 スゴイ人がいるもんだ。 …

テレビゲームが発達障害の子の発達を助けるものになるかもしれない

テレビゲームが発達障害の子の発達を助けるものになるかもしれないという研究結果が発表されました。 「知的障害、発達障害、ダウン症、脳性麻痺など、運動機能の問題をかかえる子どもたちは、発達できる機会を持つ …

林亮太さんの色鉛筆画がスゴすぎる!

これって、全部写真だと思っていました。 全て色鉛筆だけで描かれているって、信じられますか? スゴすぎます。 作者は東京都を中心に活動されている色鉛筆画家の林亮太さん。 海外でも大絶賛!日本人のリアルな …

レゴから、新たに「車椅子に乗った少年」のフィギアが発売

素晴らしいです。 みんなの願いが叶い、レゴが様々な個性を持った人々のフィギアを作ることを約束。 レゴブロック いいね。 子どもたちに大人気のおもちゃであり、多くの人に愛されてきたレゴブロック。 そんな …

ハンドスピナーは予想外のことで子どもたちの学習に効果を上げている

今年の夏休みはハンドスピナーが大流行するでも書きましたが、これは単なる遊び目的ではなく、発達障害の子の助けにもなるおもちゃといわれています。 なるほど、納得できる気がします。 ボールベアリングを回すだ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク