教育

学校?行かないでいいよ!不登校だって大丈夫

投稿日:


「休みグセがつく前に、親は早めに登校させたほうがいい」
これは多くの学校関係者が指導の前提として持っていて、「休むことは悪いこと」「我慢させてでも学校に来させた方がいい」という考え方です。
しかし、そもそもそのような発想から考え直した方がいいです。
学校に行くかどうかではなく、子どもが子どもらしく、楽しく学んで過ごしているかという視点で見ていく必要があります。
その場のひとつが学校であるというだけのことです。
その子にとって学校が楽しいところであれば、自分から進んでいきます。行きたくないのは「行きたくない理由」があるからです。

休むこと「が」大事なのです。
揚げ足をとっているわけではけっしてありませんが、休むこと「も」大事なのではなく、休むこと「が」大事なのです。休むこと以上に大事なことは、何もないからです。
若いうちに休むことの重要性を体験的に身につけておかないと、後になって生命にかかわる事態が生じます。悲劇的な代表例は、過労死や過労自殺です。もちろん、もっとも悪いのは会社ですが、その背景には、休むことが当然の権利として根づいていない、日本の貧しい現実があります。

不登校への登校刺激が本当にダメな理由
「子どもが学校に行きたくない」と言ったら、大人(親でないことに意味があります)がすること。
「あっそう。行かなくていいよ。好きなことやったら。」
これが正解。
さらに、「なにか手伝うことある?」っていうといい。
そこから子どもはなにか始めます。
絶対に何かしらやりだします。
中には、「やっぱり学校行くわ」と言う子どももいます。
そもそも「不登校」という概念はありません。
たとえあったとしても悪いことではありません。
子どもの教育の目的の第一義は学校へ行かせることではありません。
大人が「義務教育とは何か」という基礎基本から学び直す必要があります。
子どもが「学校へ行かいない」といったら親ができることについてはこちらにも書いています。
さらに、連絡いただけましたら個別相談もしています。
子どもが不登校になったら 親ができる最善の方法

皆さんは子どもの頃、学校はお好きでしたか。私は正直、とても苦痛でした。
ルールがたくさんあること。時間割をはじめ、なにもかもが決められていること。怖い先生がいること。点数を競わされること……。
私が内緒で学校を休み休みしていることが知れたとき、母はあっけなく「そんなにいやなら、行かないでいいよ」と言いました。内心は動揺していたかもしれません。けれど、その言葉は私をとても楽にしました。中学校3年生のときのことです。
「学校に行かなければ」「でも行けない」
本特集は、そんな気持ちのはざまで苦しんでいる子どもたちが少しでも楽になるように、そして、そんな子どもたちについて多くの人に知ってもらえたらと考えて、編んだものです。

暮らしの手帖社 行かないでいいよ!(88号「不登校だって大丈夫」)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

カッコいい大人が子どものいい見本にならなければいけません

子どもは身近にいる大人から多くのことを学んでいます。 人の話を真剣に聴くこと、お互いを認め合うこと、人は一人で頑張らなくてもいいこと、助け合うこと、お互い様だということ、人が互いに尊重しあうこと、人の …

オランダの学校視察と子どもの未来を拓く日本の学校教育の可能性

日本の公教育は子どもの可能性をつぶし、教員のやる気を失わせているように見えます。 各学校、各学級にはそれぞれの学校教育目標、学級目標があります。 しかし、実際にはそれに向けた真逆の実践がされているよう …

小学校算数、中学校数学の勉強も順調に進んでいます

小学校6年中学校3年分の学習をたった7日で総復習できるのかやっていますが、小学校算数、中学校数学の勉強も順調に進んでいます。7日間あれば予定通り全クリできそうです。 やっていると早く次の問題に進みたく …

子どもが「学校に行かない」といったら?「いいんじゃない、別に。」が正解です

子どもが「学校に行かない」といったら? 「いいんじゃない、別に。」 「あっ、こんなところもあるみたいよ。」 っていったらいい。 あとは子ども本人が決めること。 学校行きたくね~! だから行かない。 そ …

子どもはみんな天才 みんなに100点!

夏休みの宿題こうやってがんばってます。 自分の思いを素直に、しかも一生懸命に伝えようとして書いています。 スゴイ、みんなに100点あげます。 子どもはみんな天才ですね。 思わず吹き出して怒れなかった… …

スポンサーリンク

スポンサーリンク