健康

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の不具合4カ月以上放置されていた

投稿日:


新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性をスマートフォンに通知してくれるアプリ「COCOA」が機能しなかった4か月は、くしくも政府が「勝負の3週間」と位置づけた時期や、年末年始に感染者が急増して11都府県に緊急事態宣言が出された時期と重なる。
こんな重要な不具合が4ヶ月もそのままだったとはなんともお粗末なこと。まあ形だけのパフォーマンスだからどうでもいいけど。
接種した後に「コロナワクチンの不具合が見つかりました」などと言われたらたまったもんじゃない!
ワクチンなんか打たんけど。
【速報】“COCOA”アンドロイド版で不具合 田村厚労相、緊急会見
COCOA 沈黙の4か月不具合はなぜ見過ごされたか
COCOA開発受注企業が事業費94%を3社に再委託、さらに2社に…不具合の原因企業「分からない」
「COCOA」の重大な不具合 4か月以上放置されたのはなぜ?
「COCOA」対応における厚労省の姿勢は「お粗末」の一言で済まされない。徹底的な検証が必要だ。厚労省の絵図自体に問題はないのか?
これは厚労省だけでなく、すべての省庁、行政組織にいえることだ。
さらに、責任追及することなく、諦めてしまった無関心な国民にも問題があると思う。
権力者にソンタクしているのは、その取り巻きだけではなく、「上の者には物言えぬ」空気を作り上げた私たち国民にも問題があると思う。
今年は選挙の年、私たち一人ひとりが責任ある投票活動をしたいものだ。
菅首相も「お粗末」と陳謝したCOCOA不具合。しかし、問題の本質はアプリではなく厚労省の「お粗末さ」にあり
「官庁ににらまれれば、下請けの会社は何もできなくなってしまいますからね。」
これって、総務省とNHKの関係だけじゃない。
どこの世界、業界も「上からの目」を気遣いながらやっているんじゃないの。 
組織や団体に属している限り、ダイレクトにものがいえないんだよね。
自分は自分に納得できる生き方がしたい。
NHK「有馬キャスター」は3月で降板か アドリブコメント禁止で本人は意気消沈

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

執筆者:

関連記事

病名や、診断っていうのは、そもそも「未来」のためにあるものなんだ

声優・シンガー・ラジオDJ・作詞家であると共に一児の母でもある林原めぐみさんが18歳の自閉症の高校生からもらった手紙にブログで応えています。 この高校生のことも障害についてもとても深く考えていて、すご …

2018年にはインフルエンザ患者が1週間で100万人増えても大きなニュースにはならなかった

2018年12月26日(金)、厚生労働省が全国インフルエンザ推計患者数を発表。2018年1月15日〜21日の患者数は283万人となり、その前の週に比べて100万人以上増加している事が判明しました。1医 …

「コロナ要因」の死亡者は激減しているが、「ワクチン接種後」の死亡者は増え続けている

これ、とても解りやすい資料です。 日本でも同じ傾向があります。 「コロナ要因」の死亡者は激減しているが、「ワクチン接種後」の死亡者は増え続けている。 厚労省は「因果関係は不明」といっているが、「接種し …

コロナは感染者が増えたって重症者や死者が増えなければたいしたことない病気

「コロナは感染者が増えたって重症者や死者が増えなければたいしたことない病気」 この考え方に同意します。 欧米のコロナは完全に終息モード。もちろん日本もね。 感染者数よりも「コロナによる」重症者や死者の …

斎藤環さん、外出自粛に「健やかにひきこもる」ために

斎藤環さんがコロナの感染拡大予防対策で外出自粛になった今、「健やかにひきこもる」ためのアドバイスをしています。 外出自粛で家にこもらざるをえず、気持ちがウツウツ、家族の関係もギスギスしそうななか、ひき …

スポンサーリンク

スポンサーリンク