メディア

最近読んだ本と「ビジネス・経済」ジャンルでもっとも売れた本

投稿日:

最近読んだ本です。
ネット依存症のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
ネット依存症から子どもを救う本
脱ネット・スマホ中毒: 依存ケース別 SNS時代を生き抜く護身術!
節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す
「IT断食」のすすめ (日経プレミアシリーズ)
つながらない生活 ― 「ネット世間」との距離のとり方
デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本
異業種競争戦略
「めんどくさい」がなくなる本
スティーブ・ジョブズ II
スティーブ・ジョブズ I
税金は金持ちから取れ 税金は金持ちから取れ
日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)
40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論
政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書
「原発事故報告書」の真実とウソ (文春新書)
アマゾンの「ビジネス・経済」ジャンルでもっとも売れた本はこれだそうです。
最新!これが人気の「ビジネス・経済書」200冊
HARD THINGS!人生も経営も困難だらけ
http://toyokeizai.net/articles/-/67331

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メディア

執筆者:

関連記事

前川喜平前文部科学事務次官の発言とマスメディア

まず確認しておきたいことは、メディアから流されるすべての情報は「各々の都合」によるフィルターを通して流されていること。 政府にとって不都合なニュースを流すと大手メディアも不利益を被ることも知っておくべ …

倉吉図書館では「戊辰戦争150年コーナ」で会津関連の本の特集

長州と会津、同時進行で読んでいます。 松陰先生と容保公とは関係ないけど、なんだか、今自分が生きていることに対してご先祖様の墓にお礼に行きたくなりました。かつて国のことを命をかけて本気で守ろうとした人た …

フェイスブックのデータ不正流用疑惑とユーザーの自己管理責任

フェイスブックのデータ不正流用疑惑は、英国のデータ分析会社ケンブリッジ・アナリティカが、フェイスブックのデータにアクセスする自己診断アプリを使った27万人とその友人5000万人の個人情報を本人の許可な …

中学生がスマホを買ってもらう方法

この記事は「親が見ている」こと前提です。 「子どもがスマホを買ってほしいと言い出した。さてどうしたらいいのか?」 「スマホを買ってと言いだしたが、買っていいものか?」 そんな人も多いと思います。 親の …

鳥取メディア研究部でイケダハヤトさんから学ぶ「個人ブログでもここまで大きくなる!」

2017年6月24日から5ヶ月間、「鳥取メディア研究部 〜ぼくらが伝える、鳥取」と題して情報発信の講座を開催されています。 『鳥取メディア研究部』とは、地域の魅力発信をやりたい・やっている人達を対象に …

スポンサーリンク

スポンサーリンク