地域情報

鳥取県の若者の意識は超熱い!「鳥取イチ熱い会」がスゴすぎる

投稿日:

あなたが持っている「鳥取県民の意識」って、どうですか?
あなた自身はどうですか?
「鳥取の人は積極性が少ない」とか「鳥取の人はおとなしい」「発信力が弱い」というイメージで「外に出ないで、仲間内だけで集まりがち」「外部の人をなかなか受け入れにくい」などというイメージが強くないでしょうか?
でも、決してそんなことはありません。
それは、あなた自身が「そう決めていた」だけのこと、あなた自身が動いていなかっただけ、あなたらしさを発揮できる「場」がなかっただけなのです。
今回の企画に参加して、誰を頼ることなく学生たちが自ら発信して行動している姿を見ると、関わり合う「場」がなかっただけだと改めて感じています。
これまでにも行政や民間団体が作った既存の「場」はあるにはあったのですが、そこには大人の固定観念で作られた「枠」のようなものがあり、自主性や自由性が乏しかったと思っています。

WTTにはこれまでの「場」にはなかったな空気感がある

しかし、昨日参加したWTTの勉強会「鳥取イチ熱い会にしたい」、今回の企画は0から立ち上げて情報発信も自ら行い、学生が主人公でありながら社会人も呼び込む仕掛け作りからスタートしていること、その時々に応じた課題テーマの設定など柔軟性があること、立場や肩書きを抜いて全員がフラットな関係でつながっていることなど、これまでの「場」にはなかった新鮮な空気が流れている、と私は考えています。
要は、やりたい人が集まってやりたいことを実行していこうという企画なのです。
よくある会議で多いのが、「次回までに検討しましょう」「前例がないので難しいです。」「組織間の調整に時間がかかるので今回はどうも」など前向きな意見が出ず、具体的な行動が決定しないことです。
WTTは意欲的な人、熱い人たちの集まりであり、そのうえフラットな関係性だからこそ、お互いに一切の言い訳も妥協もなく何でも言い合えます。語り合う中で、具体的な方向と行動も決定されていくのです。
今後ますます彼らの行動に期待するとともに、私自身も同じベクトルを向いている「仲間」としていっしょに行動していきたいと思っています。
彼らとの出会いが今自分がやっていること全てがつながっていることにとても充実感を感じています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-地域情報

執筆者:

関連記事

「安保関連法案」新聞各紙の賛否を考える

17日、参院特別委で「安保関連法案」が”予定通り”可決しました。 日本各地で起きたデモ行動は多少の決議延長には影響しましたが、廃案にすることはできませんでした。 (デモなんかしても変わるはずはないので …

鳥取県にはスタバやセブンも要らないけど「地方創生戦略」も不要

「全国で最速」をそんなに自慢したいのでしょうか? 中身がない作るだけが目的の「宿題」なんか全く意味はありません。 スタバやセブンのように「全国最遅」にしたほうが宣伝効果はあると思いますよ。 鳥取県には …

鳥取県中部地震で北栄町に災害ボランティアに行って来た

現在鳥取県の各自治体では災害ボランティアを募集しています。 ボランティアに参加可能な人は、鳥取県内に在住の人であること。 住んでいる社会福祉協議会のボランティア保険(天災タイプ)に加入できる人(すでに …

横断歩道で幸せになった 子どもの笑顔って最高のプレゼントだなあ。

車で走っていると、その先で保育士さんに連れられた20人くらいの園児たちが横断歩道の前で待っていました。その道路には信号機はありません。 何台かの車が走っていたましたが、そこで止まる車は1台もありません …

今年2019年は「実現の年」、オレがやる!

2019年あけましておめでとうございます。 今年も勇気をもらえる吉田松陰先生の言葉から始まりました。 「天下を平定するには、まず自分の行いを正しくし、次に家庭を整え、国を治めるという順序がある」 「自 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク