地域情報

鳥取県の若者の意識は超熱い!「鳥取イチ熱い会」がスゴすぎる

投稿日:

あなたが持っている「鳥取県民の意識」って、どうですか?
あなた自身はどうですか?
「鳥取の人は積極性が少ない」とか「鳥取の人はおとなしい」「発信力が弱い」というイメージで「外に出ないで、仲間内だけで集まりがち」「外部の人をなかなか受け入れにくい」などというイメージが強くないでしょうか?
でも、決してそんなことはありません。
それは、あなた自身が「そう決めていた」だけのこと、あなた自身が動いていなかっただけ、あなたらしさを発揮できる「場」がなかっただけなのです。
今回の企画に参加して、誰を頼ることなく学生たちが自ら発信して行動している姿を見ると、関わり合う「場」がなかっただけだと改めて感じています。
これまでにも行政や民間団体が作った既存の「場」はあるにはあったのですが、そこには大人の固定観念で作られた「枠」のようなものがあり、自主性や自由性が乏しかったと思っています。

WTTにはこれまでの「場」にはなかったな空気感がある

しかし、昨日参加したWTTの勉強会「鳥取イチ熱い会にしたい」、今回の企画は0から立ち上げて情報発信も自ら行い、学生が主人公でありながら社会人も呼び込む仕掛け作りからスタートしていること、その時々に応じた課題テーマの設定など柔軟性があること、立場や肩書きを抜いて全員がフラットな関係でつながっていることなど、これまでの「場」にはなかった新鮮な空気が流れている、と私は考えています。
要は、やりたい人が集まってやりたいことを実行していこうという企画なのです。
よくある会議で多いのが、「次回までに検討しましょう」「前例がないので難しいです。」「組織間の調整に時間がかかるので今回はどうも」など前向きな意見が出ず、具体的な行動が決定しないことです。
WTTは意欲的な人、熱い人たちの集まりであり、そのうえフラットな関係性だからこそ、お互いに一切の言い訳も妥協もなく何でも言い合えます。語り合う中で、具体的な方向と行動も決定されていくのです。
今後ますます彼らの行動に期待するとともに、私自身も同じベクトルを向いている「仲間」としていっしょに行動していきたいと思っています。
彼らとの出会いが今自分がやっていること全てがつながっていることにとても充実感を感じています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥取県中部・倉吉市災害ボランティアセンターを開設

倉吉の町は地震発生から3夜空け、4日目の朝が始まりました。 いつもの月曜日と変わりなく、学校や職場に向かいます。 鳥取県中部で災害ボランティアの受付を開始しています。 今回の地震での作業は家屋のがれき …

withコロナ withマスクの時代にマスクはしんどい、「自粛警察」は殺人行為

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、私たちの暮らしに一気に浸透したマスク。マスク不足が深刻になったなかで最近は多様なデザインや素材のマスクも続々と登場しています。一方、マスクを着けることが“常識” …

補助金なんかあてにしなくてもお金を生む仕組みを作ればいい

総務省に限らず、行政としては成果が出ていることを表に出したいので数字の操作をしています。 民間の独立したところが調べると、それぞれデータは異なったものが出てきます。 アンケートなども含めて発信する側の …

鳥取県中部を震源とする地震に係る支援物資についての情報

(鳥取県のHPより) 現在のところ、県内では、県や市町村の備蓄物資、民間企業等との応援協定などを活用して、物資の調達を行っております。 このため、県としては、現在のところ、個人の方からの物資提供をお受 …

日本中でいま「地方創生」が大失敗している根本的理由

自治体で取り組まれている地方創生政策ってパイの取り合いになっている。 ふるさと納税の奪い合いで全国で競争しているのもその例で、国からの補助金をいかにしてめぐんでもらうかという発想がスタートになっている …

スポンサーリンク

スポンサーリンク