暮らし

「マスクをはずして生活しよう」所沢市教育委員会教育長 中島秀行

投稿日:2022年7月7日 更新日:

子どもを守る場である学校で子どもたちが命の危険にさらされている。
この実態は子どもが何人死んでも変わらない。
本当に学校とは恐ろしいところだ!

文科省が言わないとマスクを外せないってことが怖い。
今の学校体制では「マスクを外してもいい」では外せない。
他の子がマスクをしているのに自分だけ外すことはできないのが学校環境なんだよ。
教員も全員マスクを外せば児童も外す。

所沢市教育委員会教育長 中島秀行さんの素晴らしいメッセージです。

マスクをはずして生活しよう
 子供たちや若い世代を中心に、「自分の顔を見せるのが恥ずかしい」とか、「マスクをしたままが楽だ」という人が増えています。マスクをつけることは、新型コロナウイルス感染症を防ぐ目的で推奨されておりますが、2年以上のマスク生活の中、自分自身を隠すマスク(仮面)の役割に変わってしまったとしたら問題です。子供たちが素顔で生活することが出来なくなるとしたら、将来に大きな影響を与えるのではないかと心配しています。
 この2年間、知り合った同級生の顔も、日々授業をしてくれている先生の顔も知らないままでいることは、ふつうに考えると正常な状態ではありません。感染症の危険に備えながらも、出来るだけ素顔で生活できることを望んでいます。

先生方へ
引き続き感染症対策はとりつつも、熱中症が心配される時季は特に、マスクをはずさせる指導をお願いします。
先生方が率先して範を示し、マスクをはずせる場面では積極的にはずしましょう。
授業をする際も、工夫して素顔を見せて指導できるように努めてください。
マスクをつけること、はずすことの意味を子供たちに理解させてください。
マスクの着脱により、いじめが起こらないように、十分配慮してください。
マスクをつけたままで生活することのリスクを理解して対応してください。
保護者の皆様へ
引き続き、体調管理を徹底し、感染が疑われる場合は登校を控えさせてください。
発達や成長の観点から「子供のマスク」について考えることも重要だと思います。
心配な場合は、マスクをつけさせて学校生活を送ってもらって構いません。
マスクの着脱についてお子さまの思いを受け止めながら、一緒に話し合ってみてください。
地域の皆様へ
様々な事情によりマスクをつけたり、はずしたりしている子供がいることをご理解の上、見守りをお願いします。

所沢市教育委員会教育長 中島秀行

所沢市ホームページ「教育長メッセージ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-暮らし

執筆者:

関連記事

2020年は「実行の年」裏テーマは「適当」、これくらいがちょうどいい

毎年、年の初めには一年のテーマを決めています。 2016年は超変革の年 2017年は行動の年 2018年は創造の年 2019年は実現の年でした。 昨年は文字通りいろいろなことが実現できた一年となりまし …

税金は金持ちから取ればいい!

税金は金持ちから取れば、消費税の増税なんか必要ない! この不況下でも、億万長者が激増していることをご存じか。 ウハウハ儲けている一部の者に富が集中している。 役員報酬はこの10年で倍以上となり、億万長 …

人が生きていくうえで大切な言葉、生きる勇気が出てくる言葉カード

人が生きていくうえで大切な言葉 生きる勇気が出てくる言葉。 それは、 「ありがとう。」 その次に大切な言葉。 それは、 「うん、うん、そうそう。」 「そうだよねえ。」 感謝の気持ちと、受容、共感の気持 …

代替えテキスト

「都民ファースト」は都民に支持されたのではない!

「都民ファースト」は本当に圧倒的に支持されたのではない! みどりのおばちゃんは確かに風を読むのが上手く、選挙には強い。 しかし、政治家としての力量はどうなのか? 都民のことを第一に考えるのが都知事、都 …

親の正論はいらない 家を子どもの安全基地にする

昨日は親の会でとっても素敵なことがありました。 子どもさんが夢に向かって歩んでいる、自分の目標に向かってがんばっている。そしてお母さんがそれを楽しそうに語り、楽しそうに応援している姿。 その姿を見て「 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク