教育

教研式NRT・CRT標準学力検査テスト対策のために授業時間をつぶすのは本末転倒

投稿日:

全国学力テスト 全国学力・学習状況調査は今すぐやめるべきだといいました。
ほとんどの公立小学校は受験とは無関係なのですが、それでもテストの結果を気にしています。鳥取県でも県独自の診断テスやNRTとかCRTという標準学力検などもやっていて、個人、学級、学校をランク付けしています。
その費用は、一部市町村から補助が出ているところもありますが、すべて保護者負担です。
そのための受験対策テストや授業を行っている学校まであります。
本来は児童が自分の理解度や到達度を知ることと、教員が個別の指導方法を改善するために行うのが目的ですが、偏差値や他の学校と比較した順位が形として残ります。
「うちの小学校は全国と比べると偏差値が低いんだよね」
「うちの子は学校のテストは100点だけど、全国と比べると順位は低いんだ」
とかで見てしまうのです。
教研式CRT・NRT検査によって児童の学力が決まるわけではないのですが、学級や学校の偏差値や順位を上げるために、多くの学校でテスト対策授業やテスト対策プリントなどをやっています。
そのための教材の費用もまた保護者負担です。
テスト対策のために授業時間をつぶすのは本末転倒です。
これってテスト大好きな子は別ですが、児童は全く必要感を感じていないと思います。
教員や保護者は必要だと思っているとも思えないのですが、ずるずると全学校が取り組むようになっています。
「他の学校もやっているのでうちの学校も」
「教育委員会がやれといって補助金が出ているのでやっている」という理由です。
・テストは自分の自分の理解度や到達度を知るために行うもの
・競争や比較をしなくても学ぶ意欲を高めることは可能
小学校の成績は学級の中での位置を表した「相対評価」ではなく、教科や単元ごとの到達度で測定した「絶対評価」で行っています。
導入の目的は「全国的な順位を測定して学校での授業実践に活かす」ということですが、個別の指導計画はそんなものがなくても作れます。日々の授業改善はできます。
全国の学校での順位は「絶対評価」を無視した評価になっているのですが、どう考えてもおかしなことです。
小学校では「義務教育」は無償のはずです。その範疇で基礎基本の学習をすることが目的です。
大阪府教委は、全国学力・学習状況調査対策のためのプリントを学校にやらせています。
平成27年度大阪市「全国学力・学習状況調査」の結果について(大阪市教育委員会)
教研式 NRT 学力検査の結果のお知らせ(佐渡市教育委員会学校教育課)
外ヶ輪小学校 学力テストの結果(新発田市立外ヶ輪小学校)
教研式NRT・CRT標準学力検査

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

子どもの自殺を減らすには根本から義務教育を見直す必要がある

「中学生の自殺率増加を報じた記事(中学生の自殺率 過去最悪の水準 2015年すでに77件/BLOGOS)に対し、ホリエモンがTwitterおよびNewsPicksで以下のようにコメントした。 自殺率増 …

現行のいじめ防止対策推進法の何が問題なのか?

「いじめ防止対策推進法」を読んだことがありますか? そこには、被害者の保護のための対処法が明記されています。 しかし、実際の現場では適切な対処がなされていないことが問題です。 いじめの被害者がいじめを …

倉吉トトロの会の20周年パーティーに行ってきました

昨日は倉吉トトロの会の20周年パーティーに行ってきました。 今ではこの会は、私にとっても大切な居場所になりました。 共通な悩みを持っている者同士だからこそ、本音で話ができます。 私がこの会に初めて行っ …

「第1回子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい」第4回実行委員会のご案内

私たちは大人の責任を果たしているでしょうか。 鳥取県民のつどいでは「子どもの居場所」「普通教育の保障」についても語り合います。参加者が本気、本音で語り合います。 学校に行っている子も行っていない子も、 …

栃木県高根沢町の適応指導教室の運営方針が素晴らしい!

現在不登校の子どもの学校以外の場所として、公的な教育センター、子ども支援センター、民間のフリースクールがあります。 その多くは「学校復帰」を看板にしていますが、大切なことは一人ひとりのニーズに応じた対 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク