社会問題

倉吉市「陸上自衛隊徒歩行進訓練についてのお知らせ」装備等に問題がある

投稿日:2023年6月29日 更新日:

倉吉市から「陸上自衛隊徒歩行進訓練についてのお知らせ」が入った。
しかし、装備等に問題がある。
「災害派遣において、倉吉市及び東伯郡を担当する陸上自衛隊第8普通科連隊第3中隊が、7月11日(火)4時ごろから18時ごろに鳥取県中部地区で徒歩更新訓練を行う。」
倉吉市内でも小銃などを装備した60名の自衛官が徒歩行進を行う。
「小銃に弾薬は入っていないので安心ください。」との注意書きもある。
徒歩行進は公民館や公園など公道や公共施設など市民が日常生活で使っている場所が行進経路で装備等は背のう、装具類、銃剣、小銃※弾薬なし
災害派遣において「銃剣、小銃」は必要ではない!
弾薬はもちろん小銃も必要ではない!
これまでの災害派遣で銃剣、小銃は何かに使ったのだろうか?
もちろん災害派遣のための訓練は必要だが、人に危害を与える危険のあるものは装備する必要はない。
この訓練については市長の許可があったと思うけど、市議会などで装備等について異議は出なかったのだろうか?
最近自衛隊に関する事故事件が多発している。災害訓練とはいえ、その訓練内容に関しては市とした厳重にチェックしてから許可を出してもらいたい。
倉吉市以外の町も装備品に異議を出さなかったのだろうか?
武器の装備を認めるとする法的根拠はあるのか?
もしあるのならそれもきちんと明記すべきだ。
一市民としてこのような武器の装備は認められない!
7月の訓練予定日まではまだ期間がある。市長、市議会として装備品について異議を唱えてもらいたい。

自衛隊の基本となる法律などは国民もきちんと学んでおく必要がある

「なんのため」
それを問わないでこれまで来たことが問題。
そしてこれに対する説明がされていないことが問題。

今、陸海空ともに日本国の中を自由に動くことができる。
住宅地のすぐ上を轟音を響かせて自衛隊機が飛んでいる。
これは国防のためにやっているのだけど、そこにはどのような法律や決まりごとがあるのだろう?
それをいちいち国民に知らせることは難しいかもしれないが、その基本となる法律などは国民もきちんと学んでおく必要があるのではないか。
そして政府、自治体、自衛隊はそれをきちんと国民、市民に伝える責任がある。
昨今いろいろなことが政府によって一方的に決められているが、納得のいく説明責任を果たしているとは思えない。

【倉吉市】陸上自衛隊徒歩行進訓練について(お知らせ)(倉吉市メール配信サービス)
※倉吉市のホームページからはこの訓練についてのお知らせは削除されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-社会問題

執筆者:

関連記事

「社会参加」に向けた支援はかなりハードルが高い、スモールステップの取り組みが必要

今行われている「社会参加」に向けた支援の取り組みはかなりハードルが高いです。まるで高い階段を一気に上がるような感じです。 社会参加という高い階段を上がるのではなく、個々に合った小さな場と関係性を作って …

日本国憲法を無視するような者を議員として選出すべきではない!

言論の自由、表現の自由は憲法で認められています。 誰もが、自分の思想・信条・意見を公に発表できる自由が保障されています。 SNSはコミュニケーション手段のひとつで、表現の場です。 自分の思いを他者に伝 …

代替えテキスト

マイナンバー制度実は巨額利権だった!

マイナンバー制度にしても、なんちゃら法案にしても、まったく国民の意志と真逆の方向に突っ走っています。 制度や法案が「国民のため」というのは全くのウソで、一部のものたちの「利権のため」に作られています。 …

なぜアミメアリは働かないアリを許容するのか? 人間の社会はどうでしょうか?

「最初は圧倒的多数であるはずの『働きアリ』は、やがて巣を崩壊に追い込む危険な『働かないアリ』が誕生した時に、それらを『駆逐することなく、自分たちがより多く働いて彼らを養う』ことで問題をクリアしようとす …

2学期の始業式前後に自殺する子どもたちの “SOS” を見逃さないで

学校の再開をどうする、9月入学まで言い出す人たちまで出てきました。 大人たちは9月1日がどんな日か知っていますか? 9月1日は楽しい学校の始まりになっていると思いますか? 9月1日に、日本の学校で何が …

スポンサーリンク

スポンサーリンク