教育

これこそほんものの「夏休み自由研究」といえます!

投稿日:

すんばらしい!
まさにオリジナルです。
夏休みの宿題で、何をすれば良いか悩むのが「自由研究」です。
中には親が代わりにやって学校へ持っていっていることも多くなってきました。
「自由研究」なのですから、「自由」に「研究」したらいいんです。
その内容も書き方も自由なんです。
そういう意味では、これこそほんものの「自由研究」といえますね。

「大変よく出来ました!」素晴らしい!

「やっべ~、夏休みの宿題、まったく手をつけていない!」
「どうしよう、なんとかして宿題させなきゃ!」
「始業式に手ぶらでいったらヤバいかも?」
「あ~、学校なんか行きたくね~」
べつに宿題なんかどうでもいいのですが、切羽詰まったこの時期に毎年出てくる夏休みの宿題問題。
そこで、簡単にできる「ほんものの夏休み自由研究」と「夏休みの宿題克服法」を教えます。
「どうしてもやらなくちゃ」って思っているなら、時間をかけないでさっさと作ってしまいたい。
そえなら、こんなのはどうですか。
あるものを観察した、秀逸すぎる弟の自由研究、これなら1日でできます。


親の観察、兄弟の観察、街を歩いている人の観察、飼っているペットの観察など、いろいろできます。
1日観察しなくても、30分ほど観察して、ちゃちゃっと書いちゃえばいいです。
「最低限の労力でできる観察日記」
このようなポスターなら10分で描けます。しかもすべてがオリジナル、同じものはこれ1枚しかありません。


弟が作った癖が強い「説得力抜群の交通安全ポスター」

最後まで残りがちな夏休みの宿題の1位は自由研究。

これは、教員の宿題の与え方や親の自由研究に対する捉え方がが間違っているため、子どもたちが「自由研究は嫌なもの、たいぎい勉強」と意識付けているためです。「やりたい学習」ではなく「やらせられる勉強」になっているため、やりたくないのが当たり前です。
それを「子どもはちゃんと宿題をするのが”いい子”である」と大人が決めつけて「宿題をしないと2学期の勉強に遅れる」という恐怖心を植え付けられていることが間違った考え方であることに気づいてほしいものです。
子どものやりたいことと大人がやらせたいことが全くずれているためにそうなっているのですが、教員も親もそれを強制していることに問題があります。
さらに、2学期が始まってから、やっていなかった宿題を学校で「居残り」でさせている教員までいます。
まるで罰ゲームです。そんなことまでして、一体どんな効果があるのでしょうか?
一体誰のための勉強、何のために宿題を出しているのでしょうか?

子どもも大人も自分のやりたいことだけやっていればいい!

夏休み期間に、一人ひとりの子どもが何をやるのか決めるのは自由です。
自由研究は「自由」な「研究」なんだから、やるとしても、自由に好きなことをやったらいいんです。
「研究なんだからすごいことをまとめなければいけない」なんてこともない。「やらない」自由を選ぶこともできます。
それでもなあ・・・というあなた、夏休み期間にやったことを何かひとつちょこっとだけ書いておけばOKです。
結論は、やりたいことだけやっていればいい、やりたくなければやらなくたっていいということです。
そして、「全部終わらせることができないまま新学期を迎える」子どもが5.2%いる。
素晴らしい子どもたちですね。
この子たちが始業式に担任の先生に「やってこなかったこと」をどんな話し方で伝えているのかとても興味があります。それをまとめたら1冊の本が作れます。^^
「罰ゲーム」を強要された時に、どう対応するのか楽しみです。
こんな子どもがもっと増えると、日本はもっとよくなります。
やりたい学習を選べる自由があれば、子どもたちは主体的に学ぶようになります。
やりたいことがないなんて子どもはいませんからね。
夏休みの宿題、過半数の子どもが最後に大慌て
自由研究なのに全然自由じゃない。
Twitterで母「自由研究なんだから何でもいいじゃん..」
まったくです。
はあ~?です。
何が目的の自由研究なんだか?
このように「児童生徒のため」といいながら、学校や教委の都合が優先されているのが「学校」というところです。
でも、保護者や地域の人たちが声を上げることで学校を「子どもファースト」に変らえれます。
もちろん、宿題をやらない自由もありですよ。
長野市の小学校の自由研究が「自由」じゃない?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

6歳の女の子が考えた「(公の)学校ってこうすればいいのに」案

6歳の女の子が考えた「(公の)学校ってこうすればいいのに」という案が素晴らしいです。 算数の部屋に入るには算数を学びたいことが必要条件。 算数の教室はなんこかあって、各教室には先生がいてる。算数を学び …

「不登校」の子どもにとっては「学校みたいな場じゃない」ことが大切

不登校の児童生徒は「心の不安感」だけでなく「制度上の不利益」を被っているにも書きましたが、「出席扱い」になるかどうかも重要だとは思います。 でも、子どもにとってはそれが最優先なのかなあ? 「子どもにと …

不登校の親の会「虹の会」のテーマは「みんなが笑顔になるために」

昨日は、東伯文化センターで行われた不登校・発達障害の親の「虹の会」に参加しました。 この会は中部地区の中学生の保護者の集まりですが、初めて参加される方も増えています。 私自身も、この会に行くことがとて …

熊本市教育長 遠藤洋路さんによる「文科省通知の読み方」と「通知を読む時のルール」

熊本市教育長の遠藤洋路さんが「文科省通知の読み方」を教育長ブログに上げています。 熊本市は、2014年1月からこのような「教育長ブログ」を発信しています。もちろん教育委員会のホームページとは別にです。 …

教育機会確保法には欠陥あり、すべての子どもが安心して学べる環境を作る必要がある

NHKの解説委員も何も分かっていません。 「教育機会確保法 不登校対策は」(くらし☆解説) この法律をちょっと読むと、子どものことを考えているように思えます。 しかし、この法律には欠陥があります。 「 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク