教育

「教員の常識は、社会の非常識」そうなるのも当たり前の世界が学校というところ

投稿日:

「教員の常識は、社会の非常識」まだまだあります。
怖いのは、それを本人たちが気づいていないこと、気づいていてもそれを変えようとしないこと。
変えようとしたら自分の立場が危ないので、流れにまかせて自分の主張を曲げるのが当たり前になること。
変えることに無駄なエネルギーを使うよりも、流れに任せて無難に定年まで従うことがラクなんです。
「子どものための教育」という本来の仕事ではなく、ひたすら上からの命令をこなすだけの作業をしているだけなんですが、それに「NO!」と言えないのはもちろん、自分の意見さえ言えない、出る杭は上からの集団圧力で叩きのめされる。
もう、従うしか生きられない世界にはめ込まれています。
「空気を読む」ことだけが求められる空間で長年過ごすわけで、これって、「洗脳」と変わりありません。
保育園に入園してから、小学校、中学校、高校、大学と学校の世界、学校内の「身内」だけで通じる常識しかしらない人間が教員という役割を担っているのですから、本当に狭い世界で偏った価値観しかもてないのも当然といえば当然なんです。
多様な価値観を認めない、上からの命令が絶対と考えて生きるしかないのです。
さらに、それが善意だと信じて疑わなくなるのでかなり厄介です。
そこに多様性を求めること自体が無理な注文だともいえます。
「教員の常識は、社会の常識」に変えるためには、採用の段階で人材を選び必要があるのですが、採用する側も「教員の常識」を基準にして決めているために、「社会の非常識」しか持っていない者しか教員になれないというシステムにも問題があります。
ペーパーテストや偏差値だけで評価していることにも大きな問題があります。
そこで、いろいろな経験を経てきた者を採用するシステムに変えること、外部の人間を採用する側にも入れること、多種多様な人たちが学校の構成員になる必要があります。
そんな世界に子どもの教育を任せることに疑問を持たない親が多いのも怖いことだと思いませんか?
まあ、多くの子どもも親も「こんなもんだ、しょうがない」と割り切って教員と付き合っているのでしょうけど。
民間企業から教員に転職して驚いた教員の世界の常識~10選~
続・民間企業から教員に転職して驚いた教員の世界の常識~もう10選~

教師の世界は非常に閉鎖的で、そのほとんどがじつは専門的知識などもっていない。
教師も教師で、学校の方針には逆らえないため、批判の手段になるようなことは決して教えない。

【7つの教育方針】
1.一貫性のなさ
2.クラス分け
3.無関心
4.感情的な依存
5.知的な依存
6.条件付きの自尊心
7.監視
「バカをつくる学校 」より

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-教育

執筆者:

関連記事

不登校対策としてまずは教員の対応の仕方を含めた環境改善が必要

いろいろな会に参加したり、保護者の方と話をしていると、教育現場と保護者の考え方のズレを感じています。 そのズレを縮めるには両者が同じ場所で納得いくまで話し合いを続けるしかありません。 話し合いの目的は …

基本的な理解として発達障害、学習障害が本当に分かっている教員はどれくらいるのか?

鳥取県では「特別支援学校教諭免許状」を持つ教員が小学校で2割、中学校では約1割というが、免許状のあるなしに関わらず、そもそも、基本的な理解として「発達障害とは?」「学習障害とは?」が本当に分かっている …

子どもが親のいうことを聞かないので、先生からよく言ってきかせてください

明らかに家庭でやるべきことを学校に要求される場合があります。 「それは家庭でしっかり教育してください」とはっきり伝えるべきです。もちろん学校としても協力はしますが親が主体となって指導すべきことまで学校 …

学校やその他の場所に行くのも行かないのも親ではなく子ども本人が決めること

「子どもをどこかへ行かせたい」 「なんとかして外出させたい」 「学校でなくてもいいから、フリースクールや適応指導教室に通ってほしい」 というのは、不登校の子どもを持つ多くの親の願いだと思います。 しか …

不登校の初期対応は安心して休める環境作りから

文科省や教育委員会の調査報告は、本当の理由が隠されています。 不登校の理由があいまいで「本人の理由」で一括処理をされていることが問題です。 その理由が学校の対応によるものがもっとたくさんあります。そこ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク